串原村

日本の岐阜県恵那郡にあった村

串原村(くしはらむら)は、岐阜県の南東部にあった村である。2004年10月25日に周辺自治体との合併で自治体名としては消滅。合併後は恵那市の大字として串原が旧村域に設定されている。

くしはらむら
串原村
中山神社
廃止日 2004年10月25日
廃止理由 新設合併
恵那市、岩村町山岡町明智町串原村上矢作町恵那市
現在の自治体 恵那市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
恵那郡
市町村コード 21570-8
面積 38.22km2
総人口 954
推計人口、2004年10月1日)
隣接自治体 明智町上矢作町旭町稲武町
村の木 ヒノキ
村の花 ササユリ
串原村役場
所在地 509-7892
岐阜県恵那郡串原村川ケ渡2266-1
座標 北緯35度14分30秒 東経137度23分16秒 / 北緯35.24167度 東経137.38767度 / 35.24167; 137.38767座標: 北緯35度14分30秒 東経137度23分16秒 / 北緯35.24167度 東経137.38767度 / 35.24167; 137.38767
串原村の位置
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

大字・字編集

  • 大字:無し
  • :福原、森上、大竹、岩倉、相走、大野、久木、漆畑、釜井、閑羅瀬、川ケ渡、柿畑、木根、大平、松本、峯、松林、中澤、船渡

地理編集

岐阜県の南東端にあり、愛知県に接する。村の面積の8割以上を山林が占める。 村の南部、愛知県との県境を矢作川が流れており、矢作第一ダムによって形成された人造湖である奥矢作湖がある。ダムの背後は急峻な山地(高戸山:794m)であり、川沿いに平坦な土地はほとんど無い。 高戸山の北側、村の中部〜北部は丘陵性の土地であり、起伏に富む。

村の中部にある木根、大平といった集落が、比較的戸数が多く学校もあり村の中心といえるが、 村役場は南西のはずれ、矢作川沿いの川ヶ渡という集落にあった。

愛知県、特に豊田市との結びつきが強く、村内に豊田市のレクリエーションセンターがあった。

隣接していた自治体編集

歴史編集

沿革編集

神社編集

寺院編集

  • 黄梅院

産業編集

教育編集

2004年以前に廃校となった小中学校編集

交通編集

鉄道路線編集

道路編集

県道

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

名所編集

旧跡編集

祭事・伝統芸能編集

  • 串原歌舞伎
  • 中山太鼓

関連項目編集

外部リンク編集