丸井 浩(まるい ひろし、1952年 - )はインド哲学研究者、東京大学名誉教授。

来歴・人物編集

東京都中央区日本橋浜町で生まれる。1976年東京大学文学部印度哲学印度文学科卒業、同大学院修士課程、博士課程修了後、文部省給費留学生としてインドプーナ大学(英語版)サンスクリット高等研究センターに留学およびインド哲学仏教学、比較思想学の世界的巨匠、中村元博士創設の「財団法人東方研究会」専任研究員を経て、1992年東京大学文学部印度哲学科助教授、1999年東京大学大学院人文社会系研究科教授。2018年定年退任、名誉教授となる。

学歴編集

博士論文編集

『ジャヤンタ研究---中世カシミールの文人が語るニヤーヤ哲学』(東京大学)2011年

職歴編集

  • 1983年4月財団法人東方研究会専任研究員(〜1990年3月
  • 1990年4月武蔵野女子大学短期大学部専任講師(〜1992年3月
  • 1992年4月東京大学文学部助教授
  • 1995年4月東京大学大学院人文社会系研究科助教授(大学院部局化に伴う)
  • 1999年1月東京大学大学院人文社会系研究科教授。2018年定年退任、名誉教授。

主要学内行政編集

受賞編集

主な学会活動編集

主な論考編集

  • 「インド哲学史の一常識を見直す-Jayantaが言及する「六タルカ(Sat̟tarkī)」の意味」『平成14〜16年度科学研究費補助金基盤研究(A)(2)中世インドの学際的研究(課題番号14201003)』研究成果報告書」、2005年3月pp.82-99.
  • “Some notes on the controversies between the “ācāryāh̟” and the “vyākhyātārah̟” in the Nyāyamañjarī,”『印度学仏教学研究』54-3, 2006年3月pp.(33)-(41).
  • 「論証式におけるupanayaの意味について-初期ニヤーヤ学史再構成に向けての一資料-」『印度学仏教学研究』53-2, 2005年3月pp.(82)-(90).
  • 「宗教伝統の権威論証とインド哲学:護教論理と寛容思想」「『一神教の学際的研究』研究成果報告書」同志社大学,2007年

参考資料編集

  • 『仏教と文化』月刊仏教と文化社,2008年9月

外部リンク編集