丸八ホールディングス

画像提供依頼:本社の画像提供をお願いします。2014年1月

株式会社丸八ホールディングス(まるはちホールディングス、英称:Maruhachi Holdings Co., Ltd.)は神奈川県横浜市に本店を置く寝具・リビング用品事業を行う持株会社である。名古屋証券取引所第二部単独上場銘柄である。

株式会社丸八ホールディングス[1]
Maruhachi Holdings Co., Ltd.[1]
種類 株式会社
市場情報
名証2部 3504
2016年4月8日上場
[2]
略称 丸八HD
本社所在地 日本の旗 日本
222-0033
横浜市港北区新横浜3丁目8-12[1]
設立 2012年(平成24年)4月2日[2]
業種 繊維製品
法人番号 7020001095089
事業内容 グループ会社の管理・統括[3]
代表者 代表取締役社長 瀧口陽夫[1]
資本金 1億円[4]
発行済株式総数 16,579,060株
(2019年3月現在)[4]
売上高 連結148億5,859万円
(2019年3月現在)[5]
純資産 連結454億4,692万円
(2019年3月現在)[5]
総資産 連結592億1,080万円
(2019年3月現在)[5]
従業員数 連結1,028人(2019年3月現在)[5]
決算期 3月31日
主要株主 株式会社洋大 68.4%(2019年3月現在)[6]
外部リンク https://www.maruhachi.co.jp/
テンプレートを表示
株式会社 丸八真綿
Maruhachi Mawata Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 布団のマルハチ
本社所在地 日本の旗 日本
222-0033
横浜市港北区新横浜3-8-12 8F
設立 1962年(昭和37年)10月
業種 小売業
法人番号 2080401005209
事業内容 クレジット事業・資産管理
代表者 今村 均(代表取締役社長
資本金 1億円
主要株主 丸八ホールディングス
主要子会社 グループ会社参照
関係する人物 岡本 八二、岡本 一八(創業者)
外部リンク https://www.maruhachi.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社丸八真綿(まるはちまわた、英称:Maruhachi Mawata Co., Ltd.)は神奈川県横浜市に本店を置き関連子会社を統括する大手寝具メーカー、丸八真綿グループの中心会社。組織再編により株式会社丸八ホールディングスの子会社となる。通称として、布団のマルハチなどと呼ばれる。ロゴタイプでは「丸八眞綿」「maruhati」と表記している。

概要編集

丸八真綿は1962年、発祥の地で現在の静岡県浜松市に株式会社丸八織物寝具部として会社を設立。1969年に株式会社丸八真綿(現社名)に商号変更。1977年より高見山大五郎を起用したテレビCMを開始して話題となる。主に羽毛ふとん羊毛ふとん、ベッドなど、寝装寝具の訪問販売で事業を拡大。現在は法人向け営業や寝具のレンタル・クリーニングなど、寝具を中心に広く事業展開を行っているグループ会社。2008年に会社新設分割で営業部門や製造部門などの事業会社を設立し持株会社制へ移行。2016年には名古屋証券取引所市場第二部に単独上場した。創業者は岡本八二と岡本一八。

なお、愛知県名古屋市にある丸八証券とは無関係である。

組織編集

丸八真綿グループは、持株会社の株式会社丸八ホールディングスを中心に、法人営業系子会社を統括しクレジット事業と資産管理を主な事業とする株式会社丸八真綿、製造系子会社を統括し不要ふとんを処理するためのリサイクルセンターを備えた株式会社丸八プロダクト、訪問販売系子会社を統括し顧客対応窓口のお客様相談室を持つ株式会社丸八真綿販売の主体3社と、訪問販売による営業活動を行なう各販売会社、商品の製造やふとんのクリーニングを行う株式会社丸八製造、その他法人向け販売事業を行う株式会社マルハチプロなどの各事業会社で構成される。各販売会社は各地の有力資本などではなく、過去に訪問販売で実績を残した社員が代表に就くケースが多い。

丸八真綿グループでは全国の数箇所に直営の販売店を設けているほか、近年はふとんのクリーニングやレンタルなど寝具関連サービスを中心にインターネットでの販売も行なっている。

グループ会社編集

  • 株式会社丸八真綿
  • 株式会社丸八プロダクト
  • 株式会社丸八真綿販売
  • 株式会社まるはちハピネス
  • 株式会社丸八ダイレクト

(その他20社)

主な販売事業編集

丸八真綿グループの販売事業は、寝装寝具のクリーニングをきっかけとした訪問販売を主軸とする他、ホテル旅館等の法人向け販売や、百貨店・通販等への卸販売も行っている。またインターネットによる寝具のレンタルやクリーニングなど寝具関連サービスの提供も行っている。

評価と批判編集

偽装請負問題編集

2019年6月25日、丸八グループのダイレクトセールス会社であるハッチーニ丸八の大宮支店の元正社員ら16人が、同社と親会社を相手取り、過去10年分の経費など計約1億7800万円の返還と正社員身分への復帰を求めて、さいたま地方裁判所に提訴した[7][8][9]。原告は、1990年から2012年の間にハッチーニ丸八の正社員から業務委託契約に切り替えられ、営業車のリース代やガソリン代、事務手数料などを負担することになった[7][8]。その一方で「(1)商品の販売価格は指示され自由に決められない。(2)正社員と同様に朝礼に参加しなければいけない。(3)午後5時までに営業時間を終わらせないよう指示が出ていた。(4)営業現場への直行・直帰が認められない。(5)出張販売などへの参加が義務」と詳細な業務命令が与えられていた[9]。原告らのコメントによると「会社に転勤か退社か強要され、代理店契約を結ばされた[7]」「手取りがゼロだったり、月の売り上げが経費を下回るマイナス状態になることもあった[9]」「例えば、フルタイムで週5〜6日働くある原告の場合、2018年11月から2019年4月までの6カ月間の賃金が、計28万2273円にとどまった。月給換算で4万7045円となった[9]」という。

高齢者への高額販売疑惑とクーリングオフ制度編集

販売業者が、高齢者を集会場や会議室等に集め、最初は無料の商品や安い商品を渡し、その後雰囲気の高まったところで、布団を高額な値段で売るトラブルが発生している[10]。これは催眠商法と呼ばれる[10]。また高齢者をターゲットにした訪問販売で高額な布団を売るケースがある。例えば2017年6月20日、高齢者に対して寝具一式2組で370万円以上の訪問販売の請求書を求められたというTwitterに投稿があった[11]。ただし、投稿者はメーカー名を公表していないが[11]、契約書の書式から丸八のものではと疑われた[12]

丸八では「丸八からの委託訪問を装い、法外な請求や詐欺を行う悪質なニセ丸八営業が横行している」と注意を呼びかけている[13]。一方で、通常は訪問販売による契約はクーリングオフの適用対象となるが、丸八では法定期間より2日長い10日間の独自のクーリング・オフ期間を設けている[14]

過去のテレビコマーシャル編集

1970年代大相撲高見山(後の12代目東関親方)を起用したテレビコマーシャルで「二倍二倍!」のキャッチコピーとともに話題となった。以降、企業ブランディングおよび顧客との話題作りとして、三船敏郎桂三枝郷ひろみ内田有紀浅野ゆう子中山エミリえなりかずき樹里など、主婦や中高年の好感度を得やすい芸能人をテレビコマーシャルに起用してきた。

  • 武家屋敷風の部屋に入る高見山が布団に入る様子を映したもの - 最後は高見山が電気を消し忘れるというオチで終わる。
  • ヒツジ着ぐるみを着たもの - バックでは「メリーさんの羊」の替え歌となる「ジェシーの羊」が流れていた(羊毛パッド)。ちなみに「ジェシー」とは高見山の本名でニックネームでもある。
  • 布団で寝ている子供たちと共演したもの - この中で「あったか布団で夢いっぱい」という高見山の言葉が入る。また、このコマーシャルには、Every Little Thing持田香織が出演しており、持田が出演する番組で取り上げられた。

店舗編集

  • 08スリープラボ 南町田店(東京都町田市)
  • 陽だまり工房 大久保工場店(浜松市西区)
  • 陽だまり工房 船越本店(浜松市中区)

出典編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

外部リンク編集