メインメニューを開く

丸墓山古墳(まるはかやまこふん)は、埼玉県行田市にある古墳。埼玉古墳群の一基で、円墳。

丸墓山古墳
Maruhakayama Kofun (Gyoda), zenkei.JPG
墳丘全景
所属 埼玉古墳群
所在地 埼玉県行田市埼玉
位置 北緯36度7分45.51秒
東経139度28分42.62秒
形状 円墳
規模 直径105m、高さ18.9m
(円墳では全国2位)
出土品 円筒埴輪、人物埴輪
築造時期 6世紀前半
史跡 昭和13年(1938年)国指定
テンプレートを表示
丸墓山古墳の墳頂の桜

日本最大規模の円墳で、埼玉古墳群の大型古墳で登ることができるのは、稲荷山古墳と丸墓山古墳のみ。

目次

概要編集

直径105メートル、高さ18.9メートル[1]

遺骸を納めた石室など埋葬施設の主体部は未調査だが、墳丘表面を覆っていた葺石や、円筒埴輪、人物埴輪などの埴輪類やが出土しており、これらの出土遺物の型式から築造年代は6世紀の前半と考えられている。

1985年(昭和60年)から1987年(昭和62年)にかけて墳頂部と墳丘東側を中心に整備が行われた。また、周濠の一部が復元されている。

歴史編集

1590年天正18年)、小田原征伐に際して、忍城攻略の命を受けた石田三成が丸墓山古墳の頂上に陣を張った。三成は忍城を水攻めするため、丸墓山を含む半円形の石田堤を28 kmほど築いた。丸墓山から南にまっすぐ伸びている道路は、この堤の名残である。

新編武蔵風土記稿』に麿墓山(まろはかやま)として記載があるほか、様々な書物に多くの伝説を残している。

風景編集

丸墓山古墳とその周辺は桜の名所として親しまれている。60年ほど前に地元の有志が植えた墳頂の桜の巨木は、2018年10月の台風24号の強風でで五本ある内の一本が倒れ[2]、史跡保存の観点から後継樹の植樹は行なわれない方針である[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 埼玉古墳群 - 行田市(行田市教育委員会)
  2. ^ 坂井俊彦 (2018年10月19日). “埼玉)墳頂の桜、台風で倒木 行田・丸墓山古墳”. 朝日新聞DIGITAL (朝日新聞社). https://www.asahi.com/articles/ASLBK3TBZLBKUTNB003.html 2019年5月6日閲覧。 
  3. ^ 丸墓山の桜が1本倒れました。”. 行田市民大学同窓会 (2018年11月6日). 2019年5月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集