丸太乗り(まるたのり)は、水に浮かべた丸太に乗り、水面に落下するまでの時間や丸太を操る技などを競う競技、技法。バランスを取るために竿が用いられることがある。かつては木材流送貯木場で木材を操る技として発達してきたが、木材の輸送体系が変化して実用性はほぼ消滅。木材産業が盛んな地域の伝統行事、祭事などで見られるようになっている。

日本各地の丸太乗り編集

アメリカの丸太乗り編集

アメリカ合衆国ではスポーツ競技の一つとなっており、丸太の規格など様々なルールが整備されている。1965年8月1日ウィスコンシン州ヘイワードで行われた第40回ログローリング世界選手権大会では、名古屋港筏株式会社から2名の社員が出場し、曲乗り部門で優勝したことが記録されている[1][2]

脚注編集

  1. ^ 「曲乗りで日本の二人が優勝」『日本経済新聞』昭和40年8月2日.7面
  2. ^ 名古屋港筏(いかだ)師一本乗り”. 名古屋市港区ホームページ (2018年2月5日). 2020年8月12日閲覧。

関連項目編集