丸山博雄

日本のテレビプロデューサー

丸山 博雄(まるやま ひろお、1977年昭和52年〉 - )は、日本テレビプロデューサー株式会社毎日放送 コンテンツ戦略局東京コンテンツ戦略部エグゼクティブエキスパート。大阪府出身[1]学位学士(法学)慶應義塾大学1999年)。

まるやま ひろお
丸山 博雄
生年月日 1977年
出身地 日本の旗 日本 大阪府
職業 テレビプロデューサー
ジャンル テレビアニメテレビドラマ
活動期間 1999年 -
主な作品



テンプレートを表示

経歴

編集

大阪星光学院高校を経て慶應義塾大学法学部卒業した後、1999年4月に毎日放送入社[2]。お笑いに興味があったので、大阪本社でバラエティ番組を作りたいと思い制作局を志望していたが、東京支社の営業に配属される[2]

営業を3年担当した後、2002年に東京支社テレビ編成部へ異動となり[3]、それ以後は同局が関わるテレビアニメテレビドラマ(主に深夜ドラマ)のプロデューサーを担当している。

人物

編集

丸山の持論として、「枠を守り続けることが大事」や「オリジナル作品へのこだわり」が挙げられる[1][4][5]。また、「MBSのアニメプロデューサー業はあらゆる分野の業務をこなす必要がある」と語る[2]

フジテレビの『ノイタミナ』プロデューサーで知られる山本幸治(元フジテレビ所属、現ツインエンジン代表取締役)曰く「(丸山は)現場に結構顔を出していて、アフレコ現場にも来ているらしい」とのこと[6]

ミュージックレイン主催のスーパー声優オーディションで審査員を務めたことがある[7]

近年ではアニメ放送を強化している東京都独立局TOKYO MXへアドバイスを送っている[8]

作品一覧

編集

テレビアニメ

編集
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2022年
2023年

Webアニメ

編集
2019年
2021年
2004年
2006年
2009年
2012年
2013年
2015年
2021年

アニメ映画

編集
2005年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
  • PERSONA3 THE MOVIE #3 Falling Down - 協力
  • 劇場版 進撃の巨人 後編〜自由の翼〜 - 企画・プロデュース
  • ハイキュー!! 終わりと始まり - チーフプロデューサー
  • ハイキュー!! 勝者と敗者 - チーフプロデューサー
2016年
  • PERSONA3 THE MOVIE #4 Winter of Rebirth - 協力
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年

テレビドラマ

編集
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2022年

実写映画

編集
2012年
2014年
  • 闇金ウシジマくん Part2 - プロデューサー
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
  • 映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット - エグゼクティブプロデューサー
2022年

出演

編集

脚注

編集
  1. ^ a b 丸山博雄(インタビュアー:渡辺由美子)「「まどマギ」「タイバニ」テレビ局から見たヒットの背景【前編】」『ASCII.jp』、1頁、2012年3月19日https://ascii.jp/elem/000/000/677/677980/2012年4月2日閲覧 
  2. ^ a b c 丸山博雄(インタビュー)「編成局 東京支社テレビ編成部 兼 コンテンツ事業部 丸山 博雄」『MBS人事ポータルサイト』。 オリジナルの2015年7月1日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20150701014138/http://www.mbs.jp/recruit/staff/maruyama/2022年7月23日閲覧 
  3. ^ “業界プロフェッショナルインタビュー”. TVnavi ANIMATION 2011AUTUMN (産経新聞出版): [要ページ番号]. ISBN 9784819150323. 
  4. ^ 丸山博雄(インタビュアー:渡辺由美子)「「まどマギ」「タイバニ」テレビ局から見たヒットの背景【後編】」『ASCII.jp』、4頁、2012年3月19日https://ascii.jp/elem/000/000/681/681875/index-4.html2022年7月23日閲覧 
  5. ^ 池谷浩臣; 丸山博雄(インタビュー)「「革命機ヴァルヴレイヴ」 プロデューサーが語る作品誕生・企画の秘密 池谷浩臣(サンライズ)×丸山博雄(MBS)」『アニメ!アニメ!』、イード、1頁、2013年4月11日https://animeanime.jp/article/2013/04/11/13652.html2013年5月12日閲覧 
  6. ^ 堀内彰宏 (2011年7月20日). “DVDだけではないビジネスを模索したい――フジ・ノイタミナプロデューサーが語るアニメの今”. Business Media 誠 (ITmedia): p. 1. https://www.itmedia.co.jp/makoto/articles/1107/20/news005.html 2014年7月7日閲覧。 
  7. ^ Vol.6 丸山博雄氏”. The 対談. TDCアカデミー. 2010年2月25日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ “「アニメを見るならMX」 TOKYO MXの挑戦”. ORICON STYLE. (2014年5月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2037774/full/ 2014年6月11日閲覧。 
  9. ^ 放送内容”. MAG・ネット. 日本放送協会. 2011年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月23日閲覧。

外部リンク

編集