丸山 真哉(まるやま しんや、1969年8月29日[1][2] - )は、日本のテレビドラマプロデューサー北海道出身[1][2]東京大学卒。AB型。

来歴・人物編集

1992年東映に入社。1995年メタルヒーローシリーズの『重甲ビーファイター』プロデューサー補を担当[1][2]。その後、メタルヒーローシリーズ第16作『ビーロボカブタック』において日笠淳のもとでサブプロデューサーを務めながら、番組公式サイトの文責やサブタイトルの考案も担当した。

燃えろ!!ロボコン』でもプロデュース業に従事した後は特撮を離れ、『おみやさん』『遺留捜査』などの刑事ドラマを手掛ける[1][2]2019年にはスーパー戦隊シリーズ第43作『騎士竜戦隊リュウソウジャー』で同シリーズを初担当[3]

『美少女戦士セーラームーン』を担当していた頃にスーパー戦隊シリーズの企画書を提出したこともあったが実現には至らなかった[2]。『リュウソウジャー』では自身のスケジュールに余裕があったことから立候補したが、上司の白倉伸一郎からは物好きに思われたという[2]

主な作品編集

テレビドラマ編集

単独・チーフプロデューサー作品
サブプロデューサー作品
プロデューサー補作品
プロデューサー協力作品

映画編集

脚本編集

  • 特捜9 season3 第5話(2020年) - 脚本

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d リュウソウワールド 2019, pp. 100-103, 「RYUSOUKGER MAIN STAFF INTERVIEW 丸山真哉×山岡潤平
  2. ^ a b c d e f 公式完全読本 2020, pp. 42-45, 「RYUSOULGER PRODUCER×MAIN WRITER CROSS TALK 丸山真哉×山岡潤平
  3. ^ a b スタッフ”. 騎士竜戦隊リュウソウジャー. テレビ朝日 (2018年12月26日). 2018年12月26日閲覧。

参考文献編集

  • 『リュウソウワールドへ行こう!騎士竜戦隊リュウソウジャーエンジョイブック』リブレ、東京、2019年11月20日。ISBN 978-4-7997-4626-4
  • 『OFFICIAL PERFECT BOOK RYUSOULGER UNSHAKABLE RYUSOUL “Que Booom!!” 騎士竜戦隊リュウソウジャー 公式完全読本』ホビージャパン〈ホビージャパンMOOK〉、東京、2020年6月30日。ISBN 978-4-7986-2242-2