メインメニューを開く

丸岡 明(まるおか あきら、1907年6月29日 - 1968年8月24日)は、小説家

丸岡明
誕生 1907年6月29日
東京市
死没 (1968-08-24) 1968年8月24日(61歳没)
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
デビュー作 マダム・マルタンの涙
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

東京市麹町に、落合直文門下の歌人で、能楽書林を設立した丸岡桂の長男として生まれる。祖父は沖縄・高知の県知事を務めた丸岡莞爾[1]暁星中学校から慶應義塾予科をへて、慶應義塾大学仏文科卒。在学中、水上滝太郎の知遇を得て、1930年に『三田文学』に「マダム・マルタンの涙」を発表してデビューした。堀辰雄に師事し、1935年「生きものの記録」を『三田文学』に発表。

1966年「静かな影絵」「街の灯」で芸術選奨文部大臣賞を受賞。『堀辰雄全集』編纂委員を務めた。の解説、編集も多く、原民喜をモデルとした『贋きりすと』などを書いた。弟は能楽書林社長となった丸岡大二

妻は旧姓・山川美耶子で、ドイツ文学者・山川幸雄と歌人・山川柳子の娘。夭折の女学生の遺稿集「薔薇は生きてる」で話題になった山川弥千枝は妻の妹[2]

目次

著書編集

  • 『生きものの記録』 沙羅書店 1936年
  • 『柘榴の芽』 日本文学社 1939年
  • 『悲劇喜劇 新選純文学叢書』 新潮社 1939年
  • 『或る生涯 短篇傑作集』 人文書院 1940年 
  • 『風に騒ぐ葦の如く』 甲鳥書林 1940年
  • 『心の旅』 万里閣 1940年
  • 『妖精供養』 世界社 1947年
  • 『やくざな犬の物語』 養徳社 1948年
  • 『コンスタンチア物語』 能楽書林 1949年
  • 堀辰雄 人と作品』 四季社 1953年
  • 『現代の能』 能楽書林 1954年
  • 『幼年時代』 角川文庫 1954年
  • 『贋きりすと』 角川小説新書 1956年
  • 『日本の能』 ダヴィッド社 1957年
  • 『堀辰雄研究』(編)新潮社 1958年 (作家研究叢書)
  • 『能談義』 東西五月社 1959年
  • 『青春の歌』 講談社 1961年
  • 『能楽鑑賞事典』 河出書房新社 1961年
  • 『静かな影絵』 講談社 1965年
  • 『能・狂言物語』(編著)ポプラ社 1967年 (古典文学全集)
  • 『ひともと公孫樹』 筑摩書房 1967年
  • 『港の風景』 三月書房 1968年
  • 『赤いベレー帽』 随筆集 講談社 1969年
  • 『丸岡明小説全集』 新潮社 1969年
  • 『日本文学全集』 73 北原武夫・丸岡明集 集英社 1975年

観世流謡本編集

  • 1929年
    • 雨月、錦木、摂待、国栖、弓八幡、野宮、胡蝶、自然居士、仲光、絃上、安宅、籠太鼓、放下僧、東北、蝉丸、女郎花、水無月祓、鳥追舟、白髭、邯鄲、松虫、盛久、歌占、菊慈童、高野物狂、猩々、小塩、善知鳥、三輪、唐船、殺生石、土車、鉢木、道成寺、羽衣、竜虎、神歌、葵上、敦盛、蘆刈、
  • 1930年
    • 難波・兼平・千手・卒都婆小町・紅葉狩(観世流謡本決定版一番綴)
    • 神歌・高砂・田村・江口・班女・鵜飼
  • 1939年
    • 山姥、代主、熊野、鵺、志賀、遊行柳、江島、九世戸、逆矛、桜川、船橋、蟻通、大原御幸、阿漕、経政、道明寺、巴、西王母、橋弁慶、小督、熊坂、項羽、野守、東岸居士、海士、鞍馬天狗、咸陽宮、定家、朝長、誓願寺、羅生門、柏崎、姨捨、皇帝、竜田、天鼓、老松、頼政、井筒、箙、隅田川、寝覚、夜討曽我、忠度、梅枝、竹生島、通盛、雲林院、三井寺、源氏供養、松山鏡
  • 1940年
    • 合浦、身延、枕慈童、車僧、禅師曽我、猩々、三輪、蝉丸、松虫、胡蝶、放生川、六浦、一角仙人、須磨源氏、金札、大江山、岩船、知章、俊成忠度、生田敦盛、室君、安宅、住吉詣、谷行、半蔀、草子洗小町
  • 1941年
    • 弱法師、七騎落
  • 1944年
    • 桜川
  • 1949年
    • 鶴龜・橋辨慶・土蜘蛛、竹生島・經政・吉野天人・菊慈童・紅葉狩、賀茂・田村・羽衣・小袖曽我・船辨慶
  • 1951年
    • 巻絹・放下僧・野宮・弱法師・玄象
  • 『現代謡曲全集』 全50巻別巻20 筑摩書房 1961-66年

翻訳編集

脚注編集