メインメニューを開く

丸広百貨店川越店(まるひろひゃっかてんかわごえてん)は、埼玉県川越市新富町、クレアモール沿いにある丸広百貨店の店舗の1つ。同百貨店の事実上の本店である。

丸広百貨店 川越店
Maruhiro Department Store Kawagoe 001.JPG
店舗概要
所在地 350-8511
埼玉県川越市新富町2-6-1
座標 北緯35度54分45.7秒 東経139度29分0.8秒 / 北緯35.912694度 東経139.483556度 / 35.912694; 139.483556座標: 北緯35度54分45.7秒 東経139度29分0.8秒 / 北緯35.912694度 東経139.483556度 / 35.912694; 139.483556
開業日 1957年10月
施設所有者 株式会社丸広百貨店
施設管理者 株式会社丸広百貨店
延床面積 43,236 m²
商業施設面積 26,156 m²
営業時間 10:00-19:00、アネックスA館
【平日】10:30-20:00
【休日】10:00-20:00
駐車台数 1,500台
最寄駅 東武東上線川越線 川越駅
西武新宿線 本川越駅
最寄IC 関越自動車道 川越IC
外部リンク 川越店 店舗基本情報
maruhiro

目次

概要編集

1957年(昭和32年)10月15日の川越まつりが行われている日に開店し、丸広百貨店の中では飯能店に次ぐ老舗店舗で、川越市唯一の百貨店である。川越駅からはやや離れているが、川越駅と本川越駅や、観光地となっている蔵造り保存地区を結ぶ繁華な商店街クレアモール上に位置し、店舗面積は26,156m2と大きいため、川越市街地の核店舗的存在となっている[1]。 川越店開設当初は当時川越の中心部であった蔵造通りの仲町、山吉デパート(保岡勝也設計)跡の建物に進出し地域一番店として繁盛していたが、欧米の小売業を視察したさいに日本にもやがてマイカー時代が到来すると確信した創業者の大久保竹治が、1964年(昭和39年)当時、川越の繁華街から大きくはずれていた土地に、1000台分の駐車場を備える新店舗の建設を提案したとき社内で大反対を受けたが、これを押し切り現在地に川越本店を移転させた。川越は江戸の時代から多くの商人が店を開き、人も周辺の町から多く集まる土地柄、小売業の主役が百貨店から総合スーパーに移った時代には西友ニチイ長崎屋などが川越に出店したが丸広は数度にわたる増床と百貨店としての品ぞろえから生活用品まで幅広い品揃えをおこなったことや、東松山店出店のきっかけとなる移動販売等、地場ならではの地域に根差した商売と大規模駐車場で対抗、「結果的には、人口の膨張とモータリゼーションを見込んでいた社長の英断が功を奏し、大繁盛。」するに至った[2]。またこれにより、丸広周辺に商業の集積が始まり川越の中心部が蔵造り地区から新富町へと移り[3]、丸広を核に形成されたクレアモールは2011年現在、埼玉県NO.1の通行量を誇る商店街に成長した[4]。しかし90年代半ばになると周辺自治体に大規模な総合スーパーなどが増えてきたため、それらとの差別化のために1998年(平成10年)Open the department store宣言をおこない「何でもあることが強み」だった品揃えからファッションとギフトを中心とした都市型百貨店に転換、2012年の現在でも県西一番店として君臨している。

仲町から新富町移転編集

飯能から川越に進出するさいには当時川越の中心部だった仲町で1000平方メートルを確保しての出店にこだわり、大久保竹治は1年近く土地の買収の為に自転車で走り回り地権者との交渉をつづけていたが、飯能の丸木が店舗を探しているという噂を聞きつけた総合卸「山吉」が旧山吉デパート跡を使わないかという話をもちかけた。山吉デパート跡は丸木が求めていた仲町で1000平方メートル級の店舗だったため山吉デパート跡への出店を決め川越に進出した。この一等地「仲町」では飯能店の売上を大幅に上回り丸木躍進の原動力となるばかりか川越の地域一番店として大繁盛していたが、このとき竹治はすでに次の一手を考え川越上空にヘリコプターを飛ばし航空写真を用意、川越店移転案を練っていた。マイカー時代の到来を予測していた竹治は次の川越店は大規模駐車場を確保することと、移転後も増床ができるだけの土地が確保できる場所であることを条件に出店用地を検討、そのなかで現在の本店がある新富町周辺は住宅街で「三等地」と評価していたが、竹治は「新富町は川越の中心になれる。その火付け役になろう」[5]と訴え社内の大反対を押しきり3年の月日をかけて用地を確保、4階建て売場面積5718m2の新店舗を建て川越本店は新富町へと移転した。

フロア編集

本館編集

  • 10階:さくら草ホール
  • 9階:バンケットルーム
  • 8階:バンケットルーム
  • 7階:ペットコーナー/屋上 プレイコーナー
  • 6階:子供服、玩具、レストラン 
  • 5階:リビング、催事場
  • 4階:紳士服
  • 3階:婦人服、呉服、時計・宝飾品
  • 2階:婦人服
  • 1階: 婦人雑貨・化粧品
  • 地下:食品

本館屋上遊園編集

1968年(昭和43年)年10月、屋上遊園地「わんぱくランド」が開園。運営は開園当初より有限会社中村製作所、後のナムコ→バンダイナムコエンターテインメントバンダイナムコアミューズメントが行っている[6]。開園時より屋外定置式小型観覧車を設置・運行しており、2019年(令和元年)現在営業している「わんぱくホイール」は1992年(平成4年)から稼働。日本で二番目に小さな観覧車である。このほかテントウムシ型モノレール、飛行機などの本格的遊園施設がある。観覧車は1周りする間にカゴ自体も横に360度回転することで体を動かすことなく景色を楽しむことができ晴天日には富士山新宿さいたま新都心筑波山赤城山秩父連山を一望できる。テレビ東京系『空から日本を見てみよう』東武東上線編で放映されテントウムシ型モノレールの先頭に描かれた顔は「浦安の人気者にそっくり」と言われた。また、Gacktが出演したキリンビバレッジの缶コーヒー「FIRE」のCMでも屋上遊園が使われGacktが観覧車をバックにコイン式の馬に乗りながら熱唱するも最後は馬から振り落とされるコミカルなCMが撮影された。

2014年(平成26年)3月から10月まで東京都大田区東急プラザ蒲田屋上遊園地「かまたえん」の屋上観覧車が稼働を停止していた事で、この屋上観覧車は一時的ながら日本で唯一営業稼働するアトラクションとなっていた(名古屋三越栄店<旧オリエンタル中村百貨店本店>にも屋上観覧車が現存しているが、現在は日曜祝日に客を乗せないデモ運転を行っているのみ)。

「わんぱくランド」は店舗建物耐震化工事のため2019年(令和元年)9月1日をもって営業終了[7]。「わんぱくランド」閉園により国内において屋上遊園地に小型観覧車が営業している店舗は「かまたえん」のみになる[8]

また本館屋上には川越八幡宮末社・民部稲荷神社を奉祀しており、その由緒が毎日放送制作「まんが日本昔ばなし」で紹介されている[9][10]

別館編集

本館は別館に隣接している。

アネックスA館編集

アネックスAは、本館からやや離れた、川越駅寄りにある。元々丸広が所有する土地であり、1961年に長崎屋に売却して長崎屋川越店として開店。1997年に丸広に土地と建物を売却(返還)。長崎屋はその後、丸広からリースバックして営業した後2001年に閉店したため、まるひろタウン化構想戦略を打ち出し川越店アネックスとして開業した。ロフトユニクロも入居していたこともあるが、ロフトは2004年にルミネ川越、ユニクロは2012年にアトレマルヒロへ移転した。 店舗面積は6,190m2

アネックスB館編集

  • 1階: MaxMara weekend、くらづくり本舗新富町店、レ・フルールマルヒロ(フラワーショップ)

アネックスC館編集

アネックスB・Cは、本館のクレアモールを挟んだ向かい側にある。

アネックスD館編集

  • 2階:GAPメンズ・キッズ
  • 1階:GAPウィメンズ・ベビー

リモデル編集

1998年平成10年)9月に本館1階を総大理石の床にしたのをはじめ、本館6階までの各フロアと別館において総額50億円規模の大改装が行われた。それまでは生活密着型の品揃えで何でもあることが強みであったが本店としての確立、都市型百貨店への転換を目指しファッションとギフトを重視した売り場づくりが行われた。グランドオープン時には、それまでの「まるひろ川越店」から「丸広川越本店」を名乗るようになりグランドオープンの折り込みチラシやクレアモールに大量に飾られたグランドオープン告知フラッグには「丸広川越本店」と書かれていたが、しばらくして再び「まるひろ川越店」に戻された。「丸広川越本店」に変更する前から多くの人に川越店が本店と認識されていたため堅いイメージの「丸広川越本店」ではなく、やさしく馴染みやすく親しまれてきた「まるひろ川越店」に戻したのではないかと言われている。また、このリモデルを実施する前の年商は約380億円、リモデル後の年商目標はバブル期にも達成されなかった450億円だったがリモデルから数年後に公表された年商は約400億円。

まるひろタウン化構想編集

川越本店と、同じ川越市内にあるアトレマルヒロを結ぶクレアモールにアネックス形態での店舗を積極展開し、ショッピングセンター機能を持つ街づくりを推進する構想で丸広だけの個ではなく川越エリア全体でとらえ、地域のと共に経済や文化を発展させていくことを目指しているものであり、地域に根差し地域の皆で栄えていこうという創業者、大久保竹治の理念に沿った戦略である。

アクセス編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2002年11月放送のテレビ東京アド街ック天国川越ベスト30でも埼玉県内に展開する老舗百貨店丸広の本店は川越であり川越を代表する店として紹介される
  2. ^ 「各県別路地裏の経済学V」竹内宏 中央公論社
  3. ^ 昭和40年代以降、アトレ開業まで市内最高地価は丸広百貨店本店前
  4. ^ [商店街通行量調査川越が1位2位独占 ]
  5. ^ 丸広百貨店50年史「川越店」
  6. ^ 丸広百貨店わんぱくランド(バンダイナムコアミューズメント公式サイト)
  7. ^ 川越の屋上遊園地が閉園 百貨店が耐震工事…全国でも2カ所しかないシンボルの観覧車、51年の歴史に幕2019年4月24日 埼玉新聞
  8. ^ 縁結びの都市伝説も幕 最後のデパート屋上遊園地閉鎖へ2019年4月24日 朝日新聞(西堀岳路)
  9. ^ 民部稲荷神社由緒 足腰健康の神様川越八幡宮公式サイト
  10. ^ 民部稲荷神社カワゴエール 川越の観光と地域情報WEB

関連項目編集

外部リンク編集