メインメニューを開く

丸瀬布温泉(まるせっぷおんせん)は、北海道紋別郡遠軽町丸瀬布上武利にある温泉

Hot springs 001.svg 丸瀬布温泉
Maure sanso roten.JPG
マウレ山荘 露天風呂
温泉情報
所在地 北海道紋別郡遠軽町丸瀬布上武利
座標 北緯43度55分2.5秒
東経143度19分47.5秒
座標: 北緯43度55分2.5秒 東経143度19分47.5秒
交通 JR北海道石北本線丸瀬布駅より車で約10分
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温(摂氏 45.2 °C
湧出量 毎分260リットル(動力揚湯)
pH 8.6
液性の分類 アルカリ性
浸透圧の分類 低張性
宿泊施設数 1
外部リンク マウレ山荘
テンプレートを表示

泉質編集

温泉街編集

歴史編集

温泉の存在は古くからアイヌに知られており、繊維製造や傷病治癒に利用されていた。

1917年(大正6年)に温泉旅館が開かれたが、当時の源泉温度は28度で、薪で沸かさなければならない事もありあまり発展せず、戦争に入り開店休業の状態となった。

戦後の1961年(昭和36年)、丸瀬布町が町営温泉旅館「丸瀬布温泉 翠明荘」を建てた。1982年(昭和57年)にはボーリングに成功し、地下1300mから45度・毎分300Lの湯が湧出した。

1998年(平成10年)、いこいの森の隣接地に温泉を引湯し、日帰り入浴施設「丸瀬布温泉 やまびこ」開業。施設の老朽化に伴い2000年(平成12年)「翠明荘」は閉館し、翌2001年(平成13年)「丸瀬布温泉 マウレ山荘」が開業した。

アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 泉質は平成19年付のマウレ山荘温泉分析書による

外部リンク編集