メインメニューを開く

丹下左膳 (1965年のテレビドラマ)

丹下左膳 > 丹下左膳 (1965年のテレビドラマ)

丹下左膳』(たんげさぜん)は、1965年10月6日から1966年3月30日までTBS系列にて毎週水曜21時からの30分枠で放送された中村竹弥主演の連続テレビ時代劇[1]。全26回。

丹下左膳
ジャンル 時代劇
原作 林不忘
脚本 川内康範
出演者 中村竹弥
中原早苗
大森俊介
小山明子
砂塚秀夫
光本幸子
菅貫太郎
瑳川哲朗
戸上城太郎
ナレーター 市原信義(TBSアナウンサー)
オープニング 『丹下左膳の歌』 中村富士夫
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1965年10月6日 - 1966年3月30日
放送時間 水曜21:00 - 21:30
放送分 30分
回数 26

特記事項:
モノクロ作品
テンプレートを表示

概要編集

丹波哲郎版(1958年 - 1959年)、辰巳柳太郎版(1960年)、大村崑版(1963年 - 1964年)に続く『丹下左膳』4度目のテレビドラマ化[2]。制作の宣弘社プロダクションとしては『隠密剣士』『新隠密剣士』に続く3作目の時代劇であり、同社が21時台の番組を手掛けるのは本作品が初であった[2]

半七捕物帳』(1956年)、『右門捕物帖』(1957年)、『旗本退屈男』(1959年)、『新撰組始末記』(1961 - 1962年)など、テレビ草創期からTBSの人気テレビ時代劇に次々と主演してきた中村竹弥が丹下左膳を演じた[2]。過去3作品の丹下左膳役は線が細かったのに対し、中村は恰幅がよく、大きい立ち居振る舞いと豪快な殺陣が特徴である[2]。制作進行の浅井清は、本作品は中村が丹下左膳を演じたいと希望し、TBSから宣弘社へ依頼されたと証言している[3]

監督の船床定男や脚本の川内康範をはじめ主要スタッフは『月光仮面』と同じ布陣である[2]。また『隠密剣士』に出演していた子役の大森俊介が本作品でもレギュラーとして出演している[2]

出演者編集

スタッフ編集

主題歌編集

販売元はキングレコード

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 第12話から第16話までは大岡越前との2役[2]
  2. ^ 作詞者の「川内和子」は川内康範のペンネーム。

出典編集

  1. ^ 「丹下左膳」ドラマ詳細データ(テレビドラマデータベース)
  2. ^ a b c d e f g 石橋春海 2014, pp. 56-57, 「1965 丹下左膳」
  3. ^ 石橋春海 2014, p. 57, 「制作現場「丹下左膳」 あのとき私は 浅井清(元宣弘社制作進行)」.

参考資料編集

  • テレビドラマデータベース
  • 石橋春海『伝説の昭和特撮ヒーロー 宣弘社全仕事』コスミック出版〈COSMIC MOOK〉、2014年7月9日。ISBN 978-4-7747-5934-0


TBS 水曜21時台前半枠
前番組 番組名 次番組
丹下左膳
(中村竹弥主演版)