丹治 昭義(たんじ てるよし、1932年 - )は、日本の仏教学者関西大学名誉教授。

略歴編集

静岡市生まれ。京都大学文学部哲学科仏教学専攻卒業、同大学院文学研究科修士課程修了、関西大学教授、文学研究科長を務め、1988年「中観思想研究」で文学博士(京都大学)。2003年定年退任、名誉教授。

大乗仏教中観思想の研究で名高い。大学では弓道部顧問をしていた。

著書編集

  • 『沈黙と教説 中観思想研究 (1)』 関西大学東西学術研究所、関西大学出版部 1988
  • 『実在と認識 中観思想研究 (2)』 関西大学出版部 1992
  • 『宗教詩人宮沢賢治 大乗仏教にもとづく世界観』 中公新書 1996

訳・校註編集

論文編集