メインメニューを開く

丹羽 基二(にわ もとじ、1919年9月5日 - 2006年8月7日)は、日本の民俗学者苗字家紋研究家。イタリアオリエンタル大学名誉教授、文学博士。日本家系図学会会長。

目次

経歴編集

1919年栃木県佐野市に生まれ、1944年國學院大學国文科を卒業する。卒論のテーマは源氏物語柳田國男樋口清之折口信夫太田亮らに師事した。高校教師の傍ら苗字調査を続けた、1980年の退職を機に本格的な活動に入り、全国の100万基の墓を巡った。1992年から北海道名寄市の有志が構想した日本苗字博物館の建設構想に関与するが40億円以上の資金が必要だったため、実現することなく中止になった。

2006年8月7日、肺炎のため逝去。蔵書の大半は佐野市の高校に寄贈された。

研究範囲編集

栃木県佐野市に住んでいた幼少時に、隣組の住人の苗字、四十八願(よいなら)に関心を抱き、師事した柳田國男にその苗字について質問をしたところ、柳田に勧められ苗字の研究を開始する。在野の研究家として苗字のみにとどまらず、家紋仏足石紋様などの研究も行う。 また、僻地への旅行を趣味としていて、パプアニューギニア南極などの著作もある。

主な著作(副題省略)編集

150冊目の「難読姓氏・地名大事典 続」で、著作をやめることを表明。

関連項目編集

外部リンク編集