メインメニューを開く

丹羽 敏之(にわ としゆき、1939年 - )は、元国際連合職員。元国際連合事務局、国際連合開発計画事務局事務次長補、国際連合児童基金事務局次長。広島県福山市生まれ。

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。タフツ大学フレッチャースクール修了(国際関係学修士)。

略歴編集

  • 1971年 国際連合開発計画入職
  • 1980年イエメン共和國国際連合常駐調整官, 国際連合開発計画常駐代表 (United Nations Resident Coordinator and UNDP Resident Representative)
  • 1883年ネパール王国国際連合常駐調整官, 国際連合開発計画常駐代表 (United Nations Resident Coordinator and UNDP Resident Representative)
  • 1988年ネパール王国ビレンドラ国王よりゴルカ一等勲章を綬章 (Gorkha Dakshin Bahu, First Class)
  • 1988年 タイ王国国際連合常駐調整官, 国際連合開発計画地域代表、及びタイ カンボジア国境救済活動執行局長 (United Nations Resident Coordinator, UNDP Resident Representative, and Director, United Nations Borader Relief Operation for Cambodian Displaced Persons along the Thai Cambodian border)
  • 1990年 国際連合開発事務局財務管理局長, 国連事務次長補 (Assistant Administrator and Director, Bureau for Finance and Administrtion, UNDP, at the rank of UN Assistant Secretary-General)
  • 1997年 国際連合事務局中央支援サービス担当事務次長補 (Assistant Secretary-General for Central Support Services, Department of Management, United Nations)
  • 2003年国連キャピタルマスタープラン(国連ニューヨーク本部施設総改築計画)執行局長、国連事務次長補 (Assistant Secretary-General and Executive Director, Capital Master Plan Project, United Nations)
  • 2004年 国際連合児童基金事務局次長(~2007年)、国連事務次長補 (Deputy Executive Director, UNICEF, at the rank of UN Assistant Secretary-General)
  • 2008年 日本政府ネパール選挙監視団長
  • 2008年関西学院大学総合政策学部特別客員教授(~2015年)
  • 2011年 国連開発計画東京事務所臨時代表(~2012年3月)[1]
  • 2015年 春の叙勲で瑞宝中綬章綬章。

外部リンク編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 丹羽敏之 国連開発計画 (UNDP) 東京事務所臨時代表就任のお知らせ 国連開発計画東京事務所オフィシャルホームページ