主帳(しゅちょう)は、日本の律令制における官職の一つである。

概要編集

においては郡司の一で、四等官大領少領主政・主帳)の4番目、主典にあたる。大郡には3人、上郡には2人、中郡・下郡・小郡には1人がおかれた[1]

軍団においては、大毅少毅などの軍毅に次ぐ。記録計算を掌った[2]

ともに終身官であった。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ (日本語) 『令義解: 10巻』錢屋惣四郎、1650年、82頁https://books.google.co.jp/books?id=1fqTLm45MbsC&pg=PP97#v=onepage&q&f=false2022年2月6日閲覧 
  2. ^ 小中村清矩(日本語) 『令義解講義』吉川弘文館、1903年、140頁https://books.google.co.jp/books?id=aoFGAAAAMAAJ&pg=PP1642022年2月6日閲覧