メインメニューを開く

丼鉢(どんぶりばち)は、米飯汁物麺料理などを盛り付ける厚手で深さのある食器。単に (どんぶり)とも呼ばれる。

概要編集

陶磁器が基本であるが、現在は他の素材でも作られる。プラスチック(メラミン樹脂)製のものが多く出回っているほか、保温性を考慮した金属製のものも製造されている。本来はと呼ぶべき漆器やそれを模したものも、形状や使用目的によっては「丼」と呼ばれることがある。

形状や用途によって丸丼、平丼、玉丼、高台丼、切立丼、麺丼、飯丼、多用丼などいくつかの種類に分類される。

和風の丼物、特に出前の際には蓋付きのものが用いられる。

ラーメンに使われる丼は「ラーメン鉢」と呼ばれる。雷紋双喜紋鳳凰など中華風の意匠で彩られることが多い。

語源編集

江戸時代江戸では一杯盛り切りの食事を提供する店を「慳貪屋(けんどんや)」と呼んでおり、そこで使用されるを「慳貪振り鉢(けんどんぶりばち)」と呼んだことに由来する[1]と言われる。

「どんぶり」という読みは井戸の中に落ちた物が水面で発するに由来し、漢字の『丼』も井戸に物を投げ込む様子を現す[2]

また食器の意味ではないが、「どんぶり勘定」という言葉の由来とされる商人の前掛けについたポケットを意味する「どんぶり」は、駄荷袋(だにぶくろ)の訛り[3]とされる。

脚注編集

関連項目編集