メインメニューを開く

乃夫殿(のふどの、生没年不詳)は、戦国時代の女性。織田信秀の十一女[1]織田信長の妹。津田元秀に嫁いだとされているが、『寛政重修諸家譜』では「乃不九郎某に嫁す」とあり、これが津田九郎左衛門である元秀(元嘉)のことかは不明である。なお、この女性は野夫殿とも称されるが、野夫は現在の愛知県一宮市開明に当たり、元秀が野夫城(現在の一宮市立開明小学校のあたり)の城主だったことが推測される[1]。乃夫殿の生没年や墓所は不明である[1]

脚注編集

出典
  1. ^ a b c 『織田信長事典』P251

参考文献編集

書籍