株式会社乃村工藝社(のむらこうげいしゃ)は、日本の大手ディスプレイデザイン会社。主に博物館等の展示空間や、博覧会等のイベント空間、商業空間等の企画・デザインや施工を手がける。丹青社と並ぶ、日本の店舗施工・ディスプレイ業界の二大業者のひとつである[2]

株式会社乃村工藝社
NOMURA Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9716
1991年11月15日上場
本社所在地 日本の旗 日本
135-8622
東京都港区台場2丁目3番4号
乃村工藝社本社ビル
設立 1942年昭和17年)12月9日
業種 サービス業
法人番号 4010401023652 ウィキデータを編集
事業内容 百貨店、美術館・博物館等のディスプレイ制作等
代表者 代表取締役会長 渡辺勝
代表取締役社長 榎本修次
資本金 64億97百万円
発行済株式総数 119,896,588株
売上高 単体1,122億41百万円
連結1,436億89百万円
営業利益 単体90億59百万円
連結110億86百万円
純利益 単体68億21百万円
連結77億95百万円
純資産 単体412億81百万円
連結477億92百万円
総資産 単体848億83百万円
連結906億94百万円
従業員数 単体961人、連結1,956人
決算期 2月末日
主要株主 有限会社乃村 9.41%
有限会社蟻田 9.24%
外部リンク www.nomurakougei.co.jp
特記事項:財務データは2020年2月末現在[1]
テンプレートを表示

概要編集

百貨店等の商業施設美術館博物館等の展示施設、万国博覧会等のイベント展示の企画・デザイン・設計・制作施工を行っている。

また、上記施設のイベントのノウハウを活かしコンサルティング、運営管理業務なども行っている。近年の公共施設運営の指定管理者制度の拡大に伴い、公営博物館の運営受託事業にも進出している。2005年4月から指定管理者として運営を受託している長崎歴史文化博物館は展示企画・運営から調査研究や教育普及事業などの、博物館の根本的な業務である学芸部門に至る全ての業務を受託した先例となっている。

2017年2月期の連結売上構成はディスプレイ事業97.9%(うち専門店市場35.2%、広報・販売促進市場15.2%、複合商業施設市場10.1%、余暇施設市場8.7%、博物館・美術館市場7.7%、百貨店・量販店市場4.5%、博覧会・イベント市場1.8%、その他14.7%)、飲食・物販事業2.1%となっている。

1950年から1951年まで画家の鴨居玲が、1957年から1961年まで小説家の筒井康隆が勤務していた。

沿革編集

関係会社編集

連結子会社編集

  • ノムラプロダクツ(東京都江東区)
  • ノムラデュオ(東京都江東区)
  • ノムラテクノ(東京都江東区)
  • ノムラデベロップメント(東京都江東区)
  • 六耀社(東京都江東区)
  • シーズ・スリー(東京都港区)
  • スクエア(東京都新宿区)
  • 乃村工藝建築装飾(北京)有限公司(中華人民共和国北京市
  • NOMURA DESIGN & ENGINEERING SINGAPORE PTE. LTD.(Singapore)

出資会社編集

脚注編集

  1. ^ 第83期有価証券報告書 (PDF)”. 乃村工藝社 (2020年5月27日). 2021年1月10日閲覧。
  2. ^ 2007年11月21日発表の日経流通新聞『第25回サービス業総合調査』の店舗施工・ディスプレー部門で、乃村工藝社が売上高約820億で1位、丹青社が約724億で2位となった。3位は東証二部上場の株式会社スペースで約371億円。『日経MJ』2007年11月21日付

外部リンク編集