メインメニューを開く

久世 広運(くぜ ひろたか)は、江戸時代後期の下総関宿藩主。関宿藩久世家6代。

 
久世広運
時代 江戸時代後期
生誕 寛政11年7月5日1799年8月5日
死没 文政13年8月20日1830年10月6日
改名 吉九郎(幼名)、広運
戒名 泰領院殿海山英意日照
墓所 東京都豊島区巣鴨の本妙寺
官位 従五位下、長門
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
下総関宿藩
氏族 久世氏
父母 父:久世綏之、養父:久世広誉
兄弟 広運大友義路
正室:伊達村芳の娘
養子:広周

生涯編集

寛政11年(1799年)、先代藩主・久世広誉の長男・久世綏之の子として生まれる。文化10年(1813年)9月2日、祖父広誉の嫡孫となる(父・綏之が病弱を理由に廃嫡されたため、孫である広運が広誉の後継者となったことによる)。文化11年(1814年)4月1日、将軍徳川家斉に拝謁する。同年12月16日、従五位下長門守に叙位・任官する。文化14年(1817年)11月7日、広誉が病気を理由に隠居したため家督を継いだ。文化15年(1818年)8月15日、初めてお国入りする許可を得る。

藩政では文政7年(1824年)11月に藩校教倫館を創設して学問を奨励している。文政13年(1830年)8月20日に死去、享年32。跡を末期養子広周が継いだ。