久世 星佳(くぜ せいか、1965年7月8日 - )は、日本女優。元宝塚歌劇団月組トップスター。東京都大田区出身。愛称は「ノンちゃん」。血液型B型。シス・カンパニー所属。

くぜ せいか
久世 星佳
本名 星野 紀子
生年月日 (1965-07-08) 1965年7月8日(55歳)
出生地 東京都大田区
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 舞台、テレビドラマ、映画、ラジオ
活動期間 1983年 -
活動内容 1983年宝塚歌劇団入団、月組配属
1995年12月:月組トップスター就任
1997年4月:宝塚歌劇団退団
1997年女優としての活動開始
2000年読売演劇大賞優秀女優賞受賞
公式サイト 久世星佳Official Web Site
主な作品

宝塚歌劇
BLUFF-復讐のシナリオ-
WANTED
CAN-CAN
銀ちゃんの恋
バロンの末裔


舞台
OUT

ドラマ
子育ての天才
映画
踊る大捜査線 THE MOVIE
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

芸名の由来は、久世光彦と、名前は自分の誕生日が暦で盛夏にあたることによる。

略歴編集

1981年69期生として宝塚音楽学校入学。同期生に元雪組トップスターの高嶺ふぶき、元星組トップスターの麻路さき、元雪組トップ娘役の神奈美帆、元月組男役スターの若央りさ、元月組組長の出雲綾、元星組男役スターのちあきしん、元花組娘役スターの美月ノア、元花組男役スターの海峡ひろきなど。

1983年、宝塚歌劇団入団。月組公演『春の踊り〜南蛮花更紗〜ムーンライト・ロマンス』で初舞台を踏み、後に麻路、若央と一緒に月組に配属される。

1989年天使の微笑・悪魔の涙』にて、最初で最後の新人公演主演[注 1]1990年宝塚バウホール初主演作『BLUFF-復讐のシナリオ-』で、天海祐希に次ぐポジションとなる。

涼風真世のトップ時代は主に敵役・ライバルとして芝居部分の役割を担う。1992年の大劇場公演『PUCK』の狡猾な令息ダニー、1993年にはブロードウェイミュージカルグランドホテル』でガイゲルン男爵を演じた。

天海のトップ就任後は2番手で活動。1994年に『風と共に去りぬ』ではアシュレ(月組)、バトラー(雪組特出)の2役を経験。1995年の天海のサヨナラ公演となった『ME AND MY GIRL』では1987年再演時の新人公演で演じたジョン卿を演じた。

同年、天海の退団を受け月組トップスターに就任。相手役は風花舞

宝塚大劇場でのトップ披露公演に先立ち、中日劇場の『ME AND MY GIRL』が実質トップ初仕事となった。なお、久世はビル(主役・この中日公演)・ジョン卿(1987年再演の新人公演・1995年3度目の本公演)・ジェラルド(1987年初演の新人公演)と『ME AND MY GIRL』で在団中主要な男役を三つ演じたことになる。

1996年宝塚大劇場公演、『CAN-CAN』(トップお披露目)、『チェーザレ・ボルジア』に出演。同年のバウホール公演『銀ちゃんの恋』の倉岡銀四郎(銀ちゃん)を演じた。翌1997年、『バロンの末裔グランド・ベル・フォリー』を最後に退団。

退団後は、主に舞台で活動。テレビ・映画出演も多数。

宝塚歌劇団時代の主な舞台編集

月組時代編集

月組トップ時代編集


宝塚歌劇団退団後の主な活動編集

舞台編集

テレビドラマ編集

Webドラマ編集

  • 踊る大宣伝会議、或いは私は如何にして踊るのを止めてゲームのルールを変えるに至ったか。 Season2[注 2](2015年、ネスレシアター) - 満島朱美 役[1]

映画編集

ラジオ編集

  • ABC創立65周年記念連続ラジオドラマ「ナデシコですから」(2016年6月27日 - 、ABCラジオ) - 久美子 役[2]

ゲーム編集

ディスコグラフィー編集

参加作品編集

参考文献編集

  • 久世星佳『のんフィクション』(東宝映像事業部、1995年)ISBN 9784924609556

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ なお、新人公演主演を1回しか経験せずにトップスターになった生徒は久世のほか真琴つばさ瀬奈じゅん大空祐飛紅ゆずるがいる。
  2. ^ タイトル中「ゲームの」に二重取り消し線が入るのが正式表記。

出典編集

外部リンク編集