メインメニューを開く

久保吾一

久保 吾一(くぼ ごいち、1923年5月17日 - )は、静岡県出身のプロ野球選手。ポジションは外野手(主に中堅手)、一塁手

久保 吾一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県
生年月日 (1923-05-17) 1923年5月17日(95歳)
身長
体重
173 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1950年
初出場 1950年3月10日[1]
最終出場 1952年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 川崎トキコ (1961 - 1963)

目次

来歴・人物編集

島田商業(現・静岡県立島田商業高等学校)在学中には、甲子園に4回出場(春2回〈1940年1941年〉、夏2回〈1939年1940年〉)。この内1940年夏は「5番・左翼手」としてチームの準優勝に貢献。高校時代のコーチに根津辰治慶大野球部で活躍。のち戦死した。)、チームメイトに一言多十(のちセネタースなど)、鈴木清一(のちセネタースなど)、北川桂太郎(のちセネタースなど)がいる。1943年に高校を卒業し、一言と鈴木のいる専修大学に進学したが、折りからの戦争で東都大学野球リーグ戦は中止になり、殆ど野球が出来なかった。程なく学徒出陣でビルマ(現・ミャンマー)に出征した。終戦後復員し、明電舎野球部に入部。長打力のある打者として主に3番を打ち、中堅手として活躍した。

社会人野球での活躍が期待され、1950年国鉄スワローズの結成に参加した。そして国鉄のこけら落としゲームとなった、3月10日大洋ホエールズ戦(下関球場)に「4番・中堅手」として出場[1]スワローズの球団史上(アトムズ含む)初の4番打者となった。しかし、プロ野球の水に会わなかったのか、全く期待外れに終わり、めぼしい成績を残す事は出来なかった(特に、ホームランはプロでは遂に1本も打てずじまいだった)。1952年限りで退団。

国鉄退団後は、再び社会人野球に復帰し、川崎トキコ川崎市)に入部。1954年第25回都市対抗野球大会では「3番・一塁手」として、チームの3位入賞に貢献。3位決定戦の富士鐵釜石釜石市)戦では、3打数3安打4盗塁と活躍し、10-5の勝利に導いた。翌1955年には第5回日本産業対抗野球大会に出場し、チームの優勝に大きく貢献。同大会の最優秀選手に選出された。1961年1963年まで川崎トキコの監督も務めた。川崎トキコ時代のチームメイトに、鈴木隆(大洋、東京)がいる。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1950 国鉄 31 48 45 1 3 2 0 0 5 4 0 0 0 -- 3 -- 0 7 1 .067 .125 .111 .236
1951 67 167 156 12 30 5 1 0 37 13 9 1 2 -- 9 -- 0 11 6 .192 .236 .237 .473
1952 43 44 40 4 4 0 0 0 4 1 4 1 1 -- 3 -- 0 6 1 .100 .163 .100 .263
通算 : 3年 141 259 241 17 37 7 1 0 46 18 13 2 3 -- 15 -- 0 24 8 .154 .203 .191 .394

背番号編集

  • 26 (1950年 - 1952年)

脚注編集

外部リンク編集

関連項目編集