メインメニューを開く
久保得二

久保 天随(くぼ てんずい、1875年明治8年)7月23日 - 1934年昭和9年)6月1日)は日本の中国文学者。本名は久保得二、別号は兜城。台北帝国大学教授などを務め、漢詩の詩作も行なった。息子は物理学者久保亮五

目次

略歴編集

1875年7月、高遠藩士だった父・譲次の息子として東京市下谷区(現・東京都台東区)徒歩町で生まれる。旧藩主・内藤頼直の命によって天随は母方の久保氏を継ぐこととなった。18歳頃から漢詩を作り、1899年東京帝国大学漢文科を卒業した。卒業後は『帝国文学』などに評論随筆などを投稿した。また、漢籍の評釈や漢詩の訳注・解説も行なっている。

上記の生活が長く続いたが、1915年に大礼記録編纂委員会の嘱託となった。この会は内閣文庫の階上に設けられたため、文庫の蔵書を閲覧する機会に恵まれた。これをもとに1917年から漢詩専門誌で西廂記に関する連載を持ち、1920年には宮内省図書寮の編集官となった。1924年の夏に満州を旅行して詩集を執筆し、翌年には「西廂記の研究」で学位を申請、1927年11月7日文学博士となった。また、同年4月から随鴎吟社の主事を務めている。

1928年台北帝国大学が設立されると、翌29年4月11日にその教授に就任した。文政学部東洋文学科で中国文学講座を担当し、中国文学史などを教えた。また、澎湖諸島琉球を旅して紀行文を書いている。1934年6月1日、病臥中に近くで落雷があり、衝撃で脳溢血を起こし逝去した(享年59)。

編著書編集

  • 『七寸鞋』内外出版協会 1900
  • 『世界歴史譚 瑣克刺底(ソクラテス)』中村不折画 博文館 1900
  • 柳宗元』新声社 東西文豪評伝 1900
  • 韓退之』鍾美堂本店 1901
  • 『塵中放言 文学評論』鍾美堂 1901
  • 『滑稽百笑話』晴光館 1902
  • 『四書新釈』博文館 1901-1902
  • 『本朝絶句評釈』文学館 1902
  • 『漢詩評釈』人文社 1903
  • 『支那文学史』人文社 1903
  • 『文章軌範精義』博文館 1902-1903
  • 『漢語辞彙』育成会 1904
  • 『東洋通史』博文館 1903-1904
  • 『東洋倫理史要』育成会 1904
  • 『日本儒学史』博文館 帝国百科全書 1904
  • 『古今武士道史譚』育成会 1905
  • 『少年士道の訓 武家時代』編 同文館 1905
  • 『実用辞彙 読書作文』編 育成会 1905
  • 『朝鮮史』博文館 帝国百科全書 1905
  • 『評釈日本絶句選』本郷書院 1905
  • 『夕紅葉 美文韻文』日高有倫堂 1905
  • 『三国志演義』隆文館 支那文学評釈叢書 1906
  • 『山水写生 紀行文集』日高有倫堂 1906
  • 『書信文作法』実業之日本社 作文叢書 1906
  • 『新体記事文』光盛館 1906
  • 『実用作文法』実業之日本社 作文叢書 1906
  • 『二十世紀新式書翰文』光盛館 1906
  • 『日本歴史宝鑑』博文館 1906
  • 『近世儒学史』博文館 帝国百科全書 1907
  • 『儀式文作法』実業之日本社 作文叢書 1907
  • 『叙事文作法』実業之日本社 作文叢書 1907
  • 『天才主義』参文舎 青年修養叢書 1907
  • 『美文作法』実業之日本社 作文叢書 1907
  • 『文壇獅子吼』日高有倫堂 1907
  • 『論文作法』実業之日本社 作文叢書 1907
  • 日本外史新釈』博文館 1907‐08
  • 『日本外史字解』博文館 1908
  • 『李杜評釈』隆文館 支那文学評釈叢書 1908
  • 『高等漢文講義』金刺芳流堂 1909
  • 古文真宝新釈』博文館 1909
  • 唐詩選新釈』博文館 1908-09
  • 『美辞類語集』博文館 通俗作文全書 1909
  • 韓非子新釈』博文館 1910
  • 菜根譚詳解講義』金刺芳流堂 1910
  • 『新体書翰文』文泉堂 1910
  • 荘子新釈』博文館 1910
  • 列子新釈』博文館 1910
  • 老子新釈』博文館 1910
  • 『記事文鑑 作文資料』博文館 1911
  • 『新式実用短信』積善館ほか 1911
  • 荀子新釈』博文館 1910-1911
  • 孫子新釈』博文館 1911
  • 『白氏評釈』隆文館 支那文学評釈叢書 1911
  • 『議論文鑑 作文資料』博文館 1912
  • 『三体新書翰』積善館 1912
  • 『書翰文鑑 作文資料』博文館 1912
  • 『新式大辞林 読書作文』編 博文館 1912
  • 『抒情文鑑 作文資料』博文館 1912
  • 『青年新書簡』積善館 1913
  • 『大正式書翰文 文体一新』光盛館書店 1913
  • 『中等書翰文』鍾美堂書店 1913
  • 『筆と四季』広文堂書店 1913
  • 『提督ネルソン』鍾美堂 偉人叢書 1914
  • 『鉄血宰相ビスマルク』鍾美堂 偉人叢書 1914
  • 『評註名詩新選』博文館 1914
  • 『漢文自修提要 受験兼用』積善館本店 1915
  • 『自然と人生と 作文新材』栄文館書店 1914
  • 『新式大正書翰講話』金刺芳流堂 1915
  • 『誤り易き漢字の読み方と正しき用字法』精文館書店 1917
  • 『槿域游草』朝鮮総督府 1924
  • 『遼瀋游草』満鉄鉄道部旅客課 1925
  • 『久保漢和大辞典』編 中央書院 1929
  • 『詳解新漢和大辞典』編 有宏社 1929
  • 『出門一笑』万里閣書房 1930
  • 『国語新語最新大辞典』淡海堂出版部 1934

共編著編集

  • 『藻かり舟』中内義一共著 鐘美堂 1900
  • 『明治百家文選』編 隆文館 1906
  • 『現代名家文選 評註細評』編 金刺芳流堂 1908
  • 『新体漢文軌範』編 博文館 通俗作文全書 1908
  • 『最新学生書翰文』一戸桜外共著 弘学館 1909
  • 『明治作文大鑑』長連恒共編 隆文館 1909
  • 『現代才媛文範 詳註細評』編・著 金刺芳流堂 1910
  • 『詞華類典』芋川泰次共著 建文館ほか 1911
  • 『新体作文模範辞林』太田秀雄共著 祐文館書店 1912
  • 『滑稽笑話旅鞄』町田柳塘共著 旅行倶楽部 1915

翻訳など編集

  • ペスタロッチ『酔人の妻』育成会 1901
  • ゴールドスミス『寒村行』天野淡翠 (淡水) 共訳 鍾美堂 外国語研究叢書 1903
  • オットー・ウヰルマン『教授新論(ウィルマン氏)』補訳 同文館 教育研究叢書 1903
  • ゲーテ『うえるてる』金港堂 1904
  • レッシング『譬喩談 家庭教訓』訳述 晴光館 1906
  • 『軍談家庭文庫』第1-3冊 青木存義共校訂 広文館 1911
  • 『水滸全傳 新譯』譯補 至誠堂書店 新譯漢文叢書 1911
  • 三国志 新訳演義』訳補 至誠堂書店 新編漢文叢書 1912
  • 岡田僑 (鴨里) 『日本外史補 新訳』新潮社 1912
  • 『漢文叢書』全12冊 校 博文館 1913‐14
  • ハインリッヒ・ペスタロッチー『酔人の妻と隠者の夕暮』育成会
  • 蒋蔵園原本『琵琶行の戯曲』弘文堂書店 1927
  • 『韓退之全詩集』全2巻 訳註 日本図書センター 1978
  • 高青邱全詩集』全4巻 訳註 日本図書センター 1978
  • 李白全詩集』全3巻 訳註 日本図書センター 1978
  • 蘇東坡全詩集』全6巻 訳註 日本図書センター 1978 

参考文献編集

  • 黄得時 『久保天随博士小伝』 中国中世文学研究、Vol.2、P.48-53、1962年
  • 日本図書センターで『韓退之全詩集』、『李白全詩集』、『高青邱全詩集』が復刻
  • なお生前に出された編著書は、明治33年から始まり百数十冊になる。