メインメニューを開く

久保文明

日本の政治学者、東京大学大学院法学政治学研究科教授

久保 文明(くぼ ふみあき、1956年7月30日 - )は、日本政治学者東京大学大学院法学政治学研究科教授。専門は、アメリカ政治。

父は、教育史学者で学校法人武蔵野学院理事長の久保義三

目次

略歴・人物編集

東京都生まれ。武蔵高等学校を経て、東京大学法学部卒業。1989年「ニューディールとアメリカ民主政 農業政策をめぐる政治過程」で法学博士の学位を東京大学より取得。

東京大学法学部助手(1979-82年)、筑波大学社会科学系講師(1982-87年)、同助教授(1987-88年)、慶應義塾大学法学部助教授(1988-93年)・同教授(1993-2003年)を経て、2003年より現職。この間コーネル大学歴史学部、ジョンズ・ホプキンス大学政治学部、ジョージタウン大学政治学部、メリーランド大学カレッジパーク校政治学部などで在外研究を行なう。公益財団法人日本国際フォーラム政策委員[1]

アナウンサーの秋沢淳子は慶大時代の教え子でゼミ二期生の一人。斎藤眞五十嵐武士に師事、門下生には山岸敬和西川賢 (政治学者)村上政俊などがいる。

著書編集

単著編集

  • 『ニューディールとアメリカ民主政――農業政策をめぐる政治過程』(東京大学出版会, 1988年)
  • 『現代アメリカ政治と公共利益――環境保護をめぐる政治過程』(東京大学出版会, 1997年)

共著編集

編著編集

  • 『G・W・ブッシュ政権とアメリカの保守勢力――共和党の分析』(日本国際問題研究所, 2003年)
  • 『米国民主党――2008年政権奪回への課題』(日本国際問題研究所, 2005年)
  • 『アメリカの政治』(弘文堂, 2005年/増補版, 2011年)
  • 『超大国アメリカの素顔』(ウェッジ, 2007年)
  • 『アメリカ外交の諸潮流――リベラルから保守まで』(日本国際問題研究所, 2007年)
  • 『オバマ大統領を支える高官たち――移行プロセスと政権の骨格』(日本評論社, 2009年)
  • 『オバマ政権のアジア戦略』(ウェッジ, 2009年)
  • 『アメリカ政治を支えるもの――政治的インフラストラクチャーの研究』(日本国際問題研究所, 2010年)

共編著編集

  • 草野厚大沢秀介)『現代アメリカ政治の変容』(勁草書房, 1999年)
  • (阿部齊・山岡龍一)『政治学入門』(放送大学教育振興会, 2000年)
  • 大石眞佐々木毅山口二郎)『首相公選を考える――その可能性と問題点』(中央公論新社[中公新書], 2002年)
  • (阿部齊)『現代アメリカの政治』(放送大学教育振興会, 2002年)
  • 赤木完爾)『現代東アジアと日本(6)アメリカと東アジア』(慶應義塾大学出版会, 2004年)
  • 横田洋三大芝亮総合研究開発機構)『グローバル・ガバナンス――「新たな脅威」と国連・アメリカ』(日本経済評論社, 2006年)
  • 有賀夏紀)『シリーズ・アメリカ研究の越境(4)個人と国家のあいだ〈家族・団体・運動〉』(ミネルヴァ書房, 2007年)
  • 斎藤眞)『アメリカ政治外交史教材――英文資料選新刊[第2版]』(東京大学出版会, 2008年)
  • (五十嵐武士)『アメリカ現代政治の構図――イデオロギー対立とそのゆくえ』(東京大学出版会, 2009年)
  • (「現代アメリカ研究」プロジェクト)『オバマ政治を採点する』(日本評論社, 2010年)

訳書編集

脚注編集

  1. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。

外部リンク編集