久保田たおさ

本来の表記は「久保田畯」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

久保田 畯(くぼた たおさ、1897年明治30年)8月4日[1] - 1991年平成3年)5月27日[2])は、日本の内務警察官僚弁護士。官選福井県知事陸軍司政長官

経歴編集

熊本県出身。久保田愿の二男として生まれる[1]第五高等学校を卒業。1920年10月、高等試験行政科試験に合格。1921年東京帝国大学法学部法律学科(英法)を卒業。内務省に入省し地方局属となる[1][3]

以後、北海道庁理事官愛知県警視、内務事務官兼関東庁事務官、千葉県書記官・警察部長、宮城県書記官・警察部長、岐阜県書記官・学務部長、群馬県書記官・警察部長、愛媛県経済部長、山梨県総務部長、神奈川県書記官・総務部長[4]などを歴任[1]

1940年12月、福井県知事に就任。1942年1月、知事を退任[1]。退官後の同年3月7日、第25軍軍政部ペラ州長官に就任(1943年4月まで在任)[5]、同月17日に陸軍司政長官に発令された[6]。その後、軍需省四国軍需管理部長を務めた[1]。戦後に公職追放となった[3]

その後、弁護士を開業し[1]日本工営監査役を務めた[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 『新編日本の歴代知事』481頁。
  2. ^ a b 『現代物故者事典 1991~1993』222頁。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』227頁。
  4. ^ 『官報』第3913号、昭和15年1月25日。
  5. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』137頁。
  6. ^ 『官報』第4555号、昭和17年3月18日。

参考文献編集

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『現代物故者事典 1991~1993』日外アソシエーツ、1994年。