久保田 慶一(くぼた けいいち、1955年6月 - )は、日本の音楽学者国立音楽大学教授。博士音楽学)。西洋音楽史、特に古典期の音楽研究の第一人者。

来歴編集

東京芸術大学音楽学部楽理科卒業後、同大学院音楽研究科音楽学専攻修了(音楽学)。カール・フィリップ・エマヌエル・バッハの研究で東京芸術大学より博士号取得(音楽学)。東京学芸大学教育学部音楽・演劇講座教授を経て、2010年度より国立音楽大学教授。

専門である西洋音楽史の研究に加え、最近では、音楽大学の学生・音楽家のキャリア形成に関する研究でも知られている。