久光スプリングス

日本の女子バレーボールチーム

久光スプリングス(ひさみつスプリングス)は、兵庫県神戸市佐賀県鳥栖市を本拠地とする久光製薬の女子バレーボールチームである。2022-23シーズンはV.LEAGUE DIVISION1(V1リーグ)に所属。

久光スプリングス
原語表記 久光スプリングス
ホームタウン 佐賀県鳥栖市兵庫県神戸市
クラブカラー 青、黒
創設年 1948年
所属リーグ V.LEAGUE DIVISION1
チーム所在地 佐賀県鳥栖市
体育館所在地 兵庫県神戸市
代表者 萱嶋章
監督 酒井新悟
ホームページ 公式ウェブサイト
 表示 
SAGA久光スプリングス株式会社
SAGA HISAMITSU SPRINGS Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
841-0017
佐賀県鳥栖市田代大官町408番地
(久光製薬株式会社 九州本社内)[1]
設立 2020年3月2日[1]
業種 サービス業
法人番号 7300001011983
事業内容 バレーボールその他各種スポーツ競技チームの運営 他[1]
代表者 代表取締役 萱嶋章[1]
資本金 1000万円(2020年3月2日)[1]
主要株主 久光製薬 100%[2]
テンプレートを表示

概要

久光製薬完全子会社である「SAGA久光スプリングス株式会社」がチーム運営[1][2]

久光製薬の本社のある佐賀県鳥栖市と、前身クラブの一つである「オレンジアタッカーズ」の本拠地であった兵庫県神戸市を共に本拠地とするダブルホームタウン制を敷いている。鳥栖は「チーム所在地」、神戸は「練習場所在地」としており、国民体育大会には佐賀県バレーボール協会登録チームとして「佐賀県代表」で出場している(後述)。具体的な活動形態としては、神戸市西区伊川谷町の住宅地の中にある専用練習場(元・オレンジアタッカーズ練習場)を主たる練習場とすると共に、佐賀県内の各体育館を練習場として使用している[3]。しかし、2023年春に新たな練習拠点が鳥栖市に設立される予定で、ホームタウンの佐賀県一本化が進められている[4]

レギュラーシーズンのホームゲームはSAGAサンライズパーク体育館(佐賀県佐賀市)での開催を基本に、神戸総合運動公園体育館(グリーンアリーナ神戸・兵庫県神戸市須磨区)などで開催している。

チームマスコットは、春を告げる鳥として知られ、鳥栖市の市鳥でもある「メジロ」をモチーフとした『ハルちゃん』である[3]

歴史

久光製薬のバレー部が佐賀県鳥栖市に結成されたのは1948年で、プレミアリーグ(Vリーグ)の前身となる、旧日本バレーボールリーグにも出場した実績を誇っている。1970年以前の全日本都市対抗バレーボール優勝大会にはサロンパスとして出場した。

1976年、地元開催の第31回国民体育大会バレーボール競技(9人制)において優勝を飾り[5]、同年の皇后杯でも準優勝を果たしている[6]

2000年に神戸市に本拠地を置いていた、ダイエーバレーボールチーム(1982年創部~1998年休部)を母体とした、クラブチームの「オレンジアタッカーズ」の経営を担当し、2000年度から「久光製薬スプリングアタッカーズ」として参加。鳥栖市のチームも、「久光製薬鳥栖スプリングス」として運営していたが、2001年度にチームを統合し、神戸と鳥栖の「ダブルホームタウン」による現在のチームが確立した。

チーム統合初年度に、第8回Vリーグで初優勝。着実にリーグの強豪としての地位を確立するようになった。2002年度から、チーム名を「久光製薬スプリングス」に戻した。

2002年、AVCアジアクラブ選手権優勝。2005年、眞鍋政義が監督に就任し、第12回Vリーグ準優勝。2006年4月、2006日韓V.LEAGUE TOP MATCH大会優勝。2006年5月、第55回黒鷲旗全日本バレーボール選手権大会初優勝。翌2006-2007年プレミアリーグにおいて、5シーズンぶりの優勝に輝き、2007年4月、2007日韓V.LEAGUE TOP MATCH大会で2連覇を果たす。2007年5月、第56回黒鷲旗2連覇で、シーズン3冠を達成した。2009年、眞鍋監督が全日本女子監督就任に伴い退任した。

2004年アテネオリンピック大村加奈子成田郁久美が出場した。2008年北京オリンピックに大村加奈子、狩野美雪佐野優子が出場した。

2010年の第65回国民体育大会については、日本体育協会から「練習拠点を神戸市に置いていることから佐賀県代表としての参加資格が無い」との通知を受け、佐賀県代表としての出場が不可となった[7]。2011年には再び「佐賀県代表」として出場している[8]

2011年、21歳コンビの新鍋理沙岩坂名奈が全日本に選出され、2人ともワールドカップで活躍し、チーム最年少コンビ「リサ・ナナ」として注目された(新鍋は2012年ロンドンオリンピックにも出場し銅メダル獲得に貢献)[9]。以降、この2人も久光製薬の躍進において大きな鍵になる。

2012年、中田久美が監督に就任し、2012/13シーズンの国内メジャー3冠(皇后杯Vプレミアリーグ黒鷲旗大会)を初めて達成した[10]日韓Vリーグトップマッチ2012年国体を含めると5冠となる)。新鍋、岩坂に加え石井優希長岡望悠らも3冠に貢献し、今後のチームの躍進を支えることとなる[11]

2013/14シーズンも皇后杯[12]Vプレミアリーグ[13] をともに二連覇した。2014年4月のAVCアジアクラブ選手権で12年ぶり2度目の優勝を果たし[14]、アジアチャンピオンとして世界クラブ選手権に駒を進めた[15]

2014/15シーズンでVプレミアリーグ・レギュラーラウンド、ファイナル6をトップ通過しファイナルに進出したが、NECレッドロケッツに苦杯を喫してプレミア三連覇はならなかった[16]。2015年5月に開催された世界クラブ選手権に二年連続出場し、初戦でヨーロッパチャンピオンのエジザージュバシュ・フィトラに勝利した。FIVBの公式サイトではAmazing Upset(驚異の番狂わせ)と紹介された[17][18]

2015/16シーズンのVプレミアリーグではレギュラーラウンドを2位で通過し[19]、ファイナル6では苦戦が続いたがぎりぎりでファイル3に進出。ファイナルで日立リヴァーレに3-1で快勝し2年ぶりに王座を奪還した[20]

2016/17シーズン中の2016年10月、中田久美が真鍋政義の後任となる全日本女子監督に就任したことから総監督に担務が変えられ、後任監督には酒井新悟(元堺ブレイザーズ)が就任[21]

2017/18のプレミアリーグレギュラーラウンドでは21戦全勝を果たした。これは1999/2000シーズンのNEC以来18年ぶりの快挙。また昨シーズンからのレギュラーラウンド連勝を25に伸ばした[22]。ファイナル6最終戦でJTマーヴェラスに敗れシーズン全勝は逃したが、ファイナル3を勝ち進み、ファイナルでそのJTに2連勝し2年ぶりに王座を奪還した[23][24]

2018/19シーズン、V・プレミアリーグに替わって誕生した新生V.LEAGUE DIVISION1(V1リーグ)でもレギュラーラウンドをトップの成績で勝ち上がり、ファイナル8も全勝でファイナル進出。ファイナルでは、東レアローズと1勝1敗になり、ゴールデンセットを25-18で制して連覇を達成した[25]

2019/20シーズン、V1リーグで序盤から低迷しレギュラーラウンドではプレミアカンファレンス6チーム中4位と低迷。ファイナル8のBグループでも連敗し2戦目にしてセミファイナルへの道が断たれた。Vリーグで4強入りを逃したのは、2004/05シーズン(6位)以来15年ぶりである。最終順位は7位となり、オレンジアタッカーズ統合以降では最低の順位となった[26]

2020年3月2日にチームの運営会社として「SAGA久光スプリングス株式会社」を設立した[1][2]。将来的には練習場や本拠地の一本化が検討されている[27]

2020-21シーズン、チーム名を「久光スプリングス」に変更した[28]。2020年12月23日、練習場や本拠地の一本化を目指し、新練習施設の場所として鳥栖市にある駅前不動産スタジアム南側の第4駐車場の貸与を要望する要望書を鳥栖市などに提出[29][30]。また、SAGA2024(第78回国民スポーツ大会)に向けてSAGAサンライズパーク内に建設が進められているSAGAアリーナ(佐賀市)が完成した暁には同アリーナを本拠地としてホームゲームを開催する方針である[31]

しかし、同シーズンのリーグ戦では8位で終了となり、オレンジアタッカーズ統合以降の最低順位がさらに更新となった[32]

2021-22シーズン、皇后杯で3年ぶり(2大会ぶり)の優勝を果たす[33][34]リーグ戦では、終盤で4位につけ、V・レギュラーラウンドの最後の2試合が3位のNECとのアウェーでの連戦となり、ファイナル3進出にはその2試合でポイント6を上げないとならない厳しい条件であったが、3-0、3-1で連勝しファイナル3進出を果たす[35][36]。ファイナル3では、東レに5セットマッチを3-1で勝ちゴールデンセットに持ち込む。ゴールデンセットでは中盤で5点差を許す厳しい展開となったが、そこから7連続ポイントで逆転して勝利し、3シーズンぶりのファイナル進出を果たした[37][38]。2試合制のファイナルでJTと優勝を争うこととなり、第1戦を3-1で勝ち優勝にリーチを掛けた[39]。しかし、第2戦が試合前日に両チームから新型コロナウイルス感染症の陽性判定者が複数人出たことで中止となったことにより、ファイナル成績でリードしている久光の3大会ぶりの優勝となった[40][41]。V・レギュラーラウンド終盤4位から勝ち続けての逆転優勝となった。

2022年4月21日、翌年春の新たな練習拠点完成に備え、佐賀県でのバレーボール普及などを目的とした「久光スプリングス鳥栖サテライトオフィス」を鳥栖市に開設した[4]。2021年まで久光でプレーした岩坂名奈もサテライトオフィスのスタッフに就任し広報などを担当する[42]

成績

主な成績

※本成績には久光製薬スプリングアタッカーズの成績も含む。

AVCアジアクラブ選手権
  • 優勝2回(2002年、2014年)
日韓Vリーグトップマッチ
  • 優勝3回(2006年、2007年、2013年)
日本リーグ/VリーグプレミアリーグV.LEAGUE DIVISION1
Vカップ
  • 優勝 1回(2002年)
黒鷲旗全日本選抜
天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会
全日本総合(6人制)
  • 優勝 なし
全日本総合(9人制)
  • 優勝 1回(1976年)
全日本実業団(9人制)
  • 優勝 1回(1976年)
国民体育大会成年女子(6人制)
国民体育大会成年女子(9人制)

年度別成績

日本リーグ / 実業団リーグ

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
試合 勝率
実業団リーグ 第3回 (1971/72) 4位 6チーム 10 5 5 0.500
第4回 (1972/73) 4位 6チーム 10 5 5 0.500
第6回 (1974/75) 6位 6チーム 10 1 9 0.100
第8回 (1976/77) 優勝 6チーム 10 8 2 0.800
第9回 (1977/78) 優勝 6チーム 10 9 1 0.900
第10回 (1978/79) 4位 6チーム 10 5 5 0.500
第11回 (1979/80) 3位 6チーム 10 7 3 0.700
第12回 (1980/81) 優勝 6チーム 10 9 1 0.900
日本リーグ 第15回 (1981/82) 6位 8チーム 21 6 15 0.286
第16回 (1982/83) 8位 8チーム 21 0 21 0.000
実業団リーグ 第15回 (1983/84) 優勝 8チーム 14 14 0 1.000
日本リーグ 第18回 (1984/85) 8位 8チーム 21 3 18 0.143
実業団リーグ 第17回 (1985/86) 7位 8チーム 14 5 9 0.357
第18回 (1986/87) 優勝 8チーム 14 13 1 0.929
日本リーグ 第21回 (1987/88) 8位 8チーム 14 2 12 0.143
実業団リーグ 第20回 (1988/89) 5位 8チーム 14 7 7 0.500
第21回 (1989/90) 準優勝 8チーム 14 11 3 0.786
第22回 (1990/91) 優勝 8チーム 14 14 0 1.000
日本リーグ 第25回 (1991/92) 6位 8チーム 14 4 10 0.286
第26回 (1992/93) 8位 8チーム 14 1 13 0.071
実業団リーグ 第25回 (1993/94) 準優勝 8チーム 14 11 3 0.786

Vリーグ / 実業団リーグ・V1リーグ

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
試合 勝率
Vリーグ 第1回 (1994/95) 8位 8チーム 21 0 21 0.000
実業団リーグ 第27回 (1995/96) 5位 8チーム 14 6 8 0.427
第28回 (1996/97) 4位 8チーム 14 8 6 0.571
第29回 (1997/98) 8位 8チーム 14 1 13 0.071
V1リーグ 第1回 (1998/99) 4位 8チーム 14 8 6 0.571
第2回 (1999/2000) 4位 8チーム 14 8 6 0.571
第3回 (2000/01) 4位 8チーム 14 10 4 0.714
Vリーグ 第7回 (2000/01) 準優勝 10チーム 18 12 6 0.667
第8回 (2001/02) 優勝 9チーム 16 11 5 0.688
第9回 (2002/03) 4位 8チーム 21 14 7 0.667
第10回 (2003/04) 3位 10チーム 18 12 6 0.667
第11回 (2004/05) 6位 10チーム 27 14 13 0.519
第12回 (2005/06) 準優勝 10チーム 27 21 6 0.778

※2000/01シーズンの成績が重複しているが、鳥栖スプリングスとスプリングアタッカーズの成績が併記されている。

V・プレミアリーグ / V・チャレンジリーグ

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
レギュラーラウンド ポストシーズン
順位 試合 試合
プレミア 2006/07 優勝 10チーム 1位 27 20 7 4 3 1
2007/08 3位 10チーム 3位 27 18 9 4 1 3
2008/09 準優勝 10チーム 2位 27 19 8 4 2 2
2009/10 4位 8チーム 3位 28 20 8 4 1 3
2010/11 3位 8チーム 3位 26 16 10 中止
2011/12 準優勝 8チーム 2位 21 15 6 4 2 2
2012/13 優勝 8チーム 2位 28 21 7 4 4 0
2013/14 優勝 8チーム 1位 28 23 5 4 3 1
2014/15 準優勝 8チーム 1位 21 17 4 6 5 1
2015/16 優勝 8チーム 2位 21 15 6 7 4 3
2016/17 準優勝 8チーム 2位 21 14 11 9 5 4
2017/18 優勝 8チーム 1位 21 21 0 9 8 1

V.LEAGUE

所属 年度 最終
順位
参加
チーム数
レギュラーラウンド ポストシーズン 備考
カンファレンス 順位 チーム数 試合 試合
DIVISION1 2018-19 優勝 11チーム ウエスタン 1位 5チーム 20 18 2 9 8 1
2019-20 7位 12チーム プレミア 4位 6チーム 21 10 11 3 1 2
2020-21 8位 12チーム (1リーグ制) 7位 12チーム 21 10 11 2 0 2
2021-22 優勝 12チーム (1リーグ制) 3位 12チーム 33 23 10 2 2 0

選手・スタッフ(2022-23)

選手

背番号 名前 シャツネーム 生年月日(年齢) 身長 国籍 Pos 在籍年 前所属 備考
1 長岡望悠 NAGAOKA (1991-07-25) 1991年7月25日(31歳) 179   日本 OP 2010年- 東九州龍谷高校
2 井上美咲 M.INOUE (1994-09-08) 1994年9月8日(28歳) 171   日本 S 2020年- 埼玉上尾 副キャプテン
3 中川美柚 NAKAGAWA (2000-01-08) 2000年1月8日(22歳) 183   日本 OH 2018年- 東九州龍谷高校
4 濵松明日香 HAMAMATSU (1998-12-22) 1998年12月22日(23歳) 181   日本 MB 2017年- 誠英高校
6 石井優希 ISHII (1991-05-08) 1991年5月8日(31歳) 180   日本 OH 2010年- 就実高校
7 リセ・ファンヘッケ (1992-07-01) 1992年7月1日(30歳) 191   ベルギー OP 2022年-   PVモンツァ 移籍加入[43]
8 平山詩嫣 HIRAYAMA (2000-11-07) 2000年11月7日(21歳) 180   日本 MB 2019年- 東九州龍谷高校
9 万代真奈美 MANDAI (1998-05-17) 1998年5月17日(24歳) 168   日本 S 2021年- 筑波大学
10 大竹里歩 OHTAKE (1993-12-23) 1993年12月23日(28歳) 183   日本 MB 2021年- デンソー キャプテン
11 栄絵里香 SAKAE (1991-04-03) 1991年4月3日(31歳) 168   日本 S 2015年- デンソー
12 今村優香 IMAMURA (1993-09-02) 1993年9月2日(29歳) 175   日本 OH 2016年- 青山学院大学
13 白澤明香里 SHIRASAWA (1998-03-07) 1998年3月7日(24歳) 164   日本 OP 2020年- 鹿屋体育大学 副キャプテン
15 池谷優佳 IKEYA (1997-12-27) 1997年12月27日(24歳) 156   日本 L 2020年- 日本体育大学
18 戸江真奈 TOE (1994-05-18) 1994年5月18日(28歳) 163   日本 L 2013年- 東九州龍谷高校
20 荒木彩花 ARAKI (2001-09-02) 2001年9月2日(21歳) 184   日本 MB 2020年- 東九州龍谷高校
21 中島咲愛 NAKAJIMA (1999-06-18) 1999年6月18日(23歳) 174   日本 OH 2022年- 鹿屋体育大学 新人[44]
22 深澤めぐみ FUKAZAWA (2003-04-17) 2003年4月17日(19歳) 176   日本 OH 2022年- 就実高校 新人[45]
23 吉武美佳 YOSHITAKE (2003-04-20) 2003年4月20日(19歳) 182   日本 OH 2022年- 金蘭会高校 新人[46]
24 西村弥菜美 NISHIMURA (2000-03-23) 2000年3月23日(22歳) 168   日本 OH 2022年- 岡山
出典:チーム新体制リリース[47] 選手体制リリース[48] チーム公式サイト[49] Vリーグ公式サイト[50]
更新:2022年8月22日

スタッフ

役職 名前 備考
GM 萱嶋章
GM補佐 小早川武徳
監督 酒井新悟
コーチ 豊暉原峻
コーチ 木場田和希
コーチ 座安琴希
コーチ 西原康平 NECより移籍[51]
コーチ 礒田尚紘
コーチ 久保山尚 新任[52]
パフォーマンスアナリスト 上原伸之介
トレーナー 若宮啓司
トレーナー 大道幸佳
マネージャー 竹内真
トレーナー 木下恒司
ストレングストレーナー 木村尚 新任[53]
総務課長 大上光男
通訳 本田恵子
出典:チーム新体制リリース[47] チーム公式サイト[49] Vリーグ公式サイト[50]
更新:2022年9月1日

在籍していた主な選手

ユニフォーム・シューズ

  • ユニフォームサプライヤー
  • シューズサプライヤー
    • ミズノ

チームマスコット

チームキャラクターとして、春を告げる鳥「メジロ」がモチーフである『ハルちゃん』が、現在のチーム名に変更となった2020年7月に登場[54]。チームを世界に羽ばたかせるために登場したスーパープレイヤーである[3]

2019-20シーズンまでの「久光製薬スプリングス」時代は久光製薬の主力商品「サロンパス」をモチーフとしたマスコットで、名前は現在のマスコットと同名の『ハルちゃん』だった。イラストは公募により選ばれた[55]

関連項目

脚注

  1. ^ a b c d e f g “女子バレーボール 久光製薬スプリングスの運営会社「SAGA久光スプリングス株式会社」 設立のご報告” (プレスリリース), 久光製薬スプリングス, https://saga-springs.co.jp/2020/03/02/top-message/ 2020年3月6日閲覧。 
  2. ^ a b c “女子バレーボール 久光製薬スプリングスの運営会社 「SAGA久光スプリングス株式会社」 設立のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 久光製薬, (2020年3月4日), https://www.hisamitsu.co.jp/company/pdf/news_release_200304-2.pdf 2020年3月6日閲覧。 
  3. ^ a b c チーム紹介”. 久光スプリングス. 2020年7月3日閲覧。
  4. ^ a b 久光スプリングス鳥栖サテライトオフィス 4月21日オープン!”. 久光スプリングス (2022年4月21日). 2022年4月23日閲覧。
  5. ^ 『国民体育大会の歩み』1980年3月1日増補改定版 発行:都道府県体育協会連絡協議会 監修:日本体育協会 153ページ
  6. ^ 月刊バレーボール 1978年12月号 142-143ページ
  7. ^ “第65回国民体育大会への不参加のお知らせ” (プレスリリース), 久光製薬スプリングス, (2010年8月17日), オリジナルの2015年5月2日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150502115522/http://www.springs.jp/topics/0474.pdf 2013年6月17日閲覧。 
  8. ^ “平成23年度国民体育大会第31回九州ブロック大会について” (プレスリリース), 久光製薬スプリングス, (2011年7月27日), オリジナルの2014年9月2日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140902181105/http://www.springs.jp/topics/2011/07/20110727_593.html 2013年6月17日閲覧。 
  9. ^ 中西美雁「新鍋理沙が大粒の涙。初ワールドカップで「私のせいで負けたのかも」」『Sportiva』、集英社、2020年10月28日、2022年4月25日閲覧。
  10. ^ 黒鷲旗バレー:久光製薬6年ぶり優勝 女子初の3冠”. 毎日jp. 2013年5月7日閲覧。
  11. ^ 田中夕子「久光製薬を頂点に導いた2人の新星=長岡、石井を育てた世界基準のバレー」『スポーツナビ』2013年4月15日、2022年4月25日閲覧。
  12. ^ 試合会場レポート”. 日本バレーボール協会. 2013年12月15日閲覧。
  13. ^ 2013/14V・プレミアリーグ女子 ファイナル 試合結果のお知らせ”. Vリーグ機構. 2014年4月12日閲覧。
  14. ^ 【速報】 2014アジアクラブバレーボール女子選手権大会で久光製薬スプリングスが優勝!”. Vリーグ機構. 2014年4月25日閲覧。
  15. ^ 「FIVB世界クラブ女子選手権大会」出場のお知らせ”. 久光製薬スプリングス. 2018年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月29日閲覧。
  16. ^ 2014/15V・プレミアリーグ女子大会 V・ファイナルステージ ファイナル試合結果”. Vリーグ機構. 2015年4月5日閲覧。
  17. ^ MIHAJLOVIC LEADS HISAMITSU SPRINGS TO AMAZING UPSET OVER ECZACIBASI VITRA”. FIVB. 2015年5月8日閲覧。
  18. ^ 久光製薬スプリングスが起こした「FIVB世界クラブ女子選手権大会」での歴史的快挙!”. Vリーグ機構. 2015年5月8日閲覧。
  19. ^ 順位表”. Vリーグ機構. 2016年7月16日閲覧。
  20. ^ 順位表”. Vリーグ機構. 2016年7月16日閲覧。
  21. ^ 久光製薬スプリングス総監督、新監督就任のお知らせ”. 久光製薬スプリングス. 2020年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月26日閲覧。
  22. ^ 2017/18V・プレミアリーグ女子大会 V・レギュラーラウンド最終結果・個人賞受賞選手のお知らせ”. Vリーグ機構. 2018年1月29日閲覧。
  23. ^ 【レポート】久光製薬が2年ぶり6回目の優勝!!~V・ファイナルステージ 女子 ファイナル東京大会(3/17)”. Vリーグ機構 (2018年3月17日). 2020年1月28日閲覧。
  24. ^ 2017/18 V・プレミアリーグ女子大会 最終結果”. Vリーグ機構 (2018年3月17日). 2020年1月28日閲覧。
  25. ^ 2018-19 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN V・ファイナルステージ グランドファイナル 試合結果のお知らせ”. Vリーグ機構 (2019年4月13日). 2020年1月28日閲覧。
  26. ^ 2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN V・ファイナルステージ ファイナル 試合結果のお知らせ”. Vリーグ機構 (2020年1月26日). 2020年1月28日閲覧。
  27. ^ 久光、鳥栖へ練習拠点検討 バレー女子代表選手ら身近に”. 佐賀新聞 (2020年3月5日). 2020年3月6日閲覧。
  28. ^ “2020/21シーズン新体制のお知らせ” (プレスリリース), 久光スプリングス, (2020年7月3日), https://saga-springs.co.jp/2020/07/03/2020-21-info/ 2020年7月3日閲覧。 
  29. ^ “久光スプリングスの練習拠点についてお知らせ” (プレスリリース), 久光スプリングス, (2020年12月23日), https://saga-springs.co.jp/2020/12/232020/12/23/久光スプリングスの練習拠点について/ 2020年12月23日閲覧。 
  30. ^ 杉野斗志彦 (2020年12月23日). “Vリーグ・久光スプリングス、駅前不動産スタジアム南側に新練習場建設を計画 体育館やクラブハウス”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/676264/ 2020年12月4日閲覧。 
  31. ^ “バレー久光スプリングス 練習拠点を鳥栖に変更へ【佐賀県】”. サガテレビ. (2020年12月23日). https://www.fnn.jp/articles/-/123559 2020年12月24日閲覧。 
  32. ^ “2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN V・ファイナルステージ ファイナル 試合結果のお知らせ” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2021年2月21日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21904 2021年2月21日閲覧。 
  33. ^ ★優勝★令和3年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会”. 久光スプリングス (2021年12月21日). 2022年4月15日閲覧。
  34. ^ 男子はウルフドッグス名古屋が5大会ぶり2度目の天皇杯優勝、女子は久光スプリングスが2大会ぶり8度目の皇后杯優勝!令和3年度天皇杯・皇后杯”. 日本バレーボール協会 (2021年12月19日). 2022年4月15日閲覧。
  35. ^ 【V1女子】久光がV・ファイナルステージ出場権残り1枠を獲得”. Vリーグ機構 (2022年4月3日). 2022年4月15日閲覧。
  36. ^ 順位表・公式記録 2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN V・レギュラーラウンド”. V.LEAGUE. 2022年4月15日閲覧。
  37. ^ 久光スプリングスがゴールデンセットの末にファイナル進出決定!!”. Vリーグ機構 (2022年4月9日). 2022年4月15日閲覧。
  38. ^ “レギュラーラウンド3位通過の久光が東レに勝利しファイナルへ”. 月バレ.com (日本文化出版). (2022年4月10日). https://www.getsuvolley.com/220409_v1_final3_women 2022年4月15日閲覧。 
  39. ^ ファイナル第1戦は久光スプリングスが勝利!!2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN V.FINAL STAGE静岡大会結果”. Vリーグ機構 (2022年4月10日). 2022年4月15日閲覧。
  40. ^ 2021-22 V.LEAGUE DIVISION 1 WOMEN V.FINAL STAGEファイナル第2戦の中止について”. 久光スプリングス (2022年4月15日). 2022年4月15日閲覧。
  41. ^ 2021-22 V.LEAGUE DIVISION 1 WOMEN V.FINAL STAGE ファイナル第2戦の中止について”. Vリーグ機構 (2022年4月15日). 2022年4月15日閲覧。
  42. ^ “<久光スプリングス>鳥栖の駅前商店街に発信拠点 バレー普及へ元代表・岩坂さんら常駐”. 佐賀新聞. (2022年4月22日). https://www.saga-s.co.jp/articles/-/843770 2022年4月25日閲覧。 
  43. ^ 新選手加入のお知らせ”. 久光スプリングス (2022年8月22日). 2022年8月22日閲覧。
  44. ^ 中島咲愛選手 新入団のお知らせ”. 久光スプリングス (2021年11月30日). 2021年12月2日閲覧。
  45. ^ 深澤めぐみ選手 新入団のお知らせ”. 久光スプリングス (2021年11月30日). 2021年12月2日閲覧。
  46. ^ 吉武美佳選手 新入団のお知らせ”. 久光スプリングス (2021年11月30日). 2021年12月2日閲覧。
  47. ^ a b 2022-23シーズン 新体制のお知らせ”. 久光スプリングス (2022年6月6日). 2022年6月6日閲覧。
  48. ^ 2022-23シーズン 選手体制のお知らせ”. 久光スプリングス (2022年7月4日). 2022年7月5日閲覧。
  49. ^ a b メンバー紹介”. 久光スプリングス. 2022年7月28日閲覧。
  50. ^ a b 久光スプリングス”. V.LEAGUE. 2022年2月10日閲覧。
  51. ^ 2021-22シーズン勇退選手・スタッフのお知らせ”. NECレッドロケッツ (2022年4月26日). 2022年6月6日閲覧。
  52. ^ 新加入コーチのお知らせ”. 久光スプリングス (2022年9月1日). 2022年9月1日閲覧。
  53. ^ 追加登録選手・スタッフ(女子)リスト”. V.LEAGUE (2022年6月29日). 2022年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月29日閲覧。
  54. ^ “新マスコットキャラクター発表!” (プレスリリース), 久光スプリングス, (2020年7月3日), https://saga-springs.co.jp/2020/07/03/charactor/ 2020年7月3日閲覧。 
  55. ^ チーム紹介”. 久光製薬スプリングス. 2019年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月3日閲覧。

外部リンク