メインメニューを開く

久安寺(きゅうあんじ)は、大阪府池田市にある高野山真言宗の寺院。本尊の千手観音は秘仏である。境内はあじさいや紅葉の季節になると観光客が多数訪れる。

久安寺
本堂
所在地 大阪府池田市伏尾町697
位置 北緯34度51分36.3秒 東経135度26分41.6秒 / 北緯34.860083度 東経135.444889度 / 34.860083; 135.444889座標: 北緯34度51分36.3秒 東経135度26分41.6秒 / 北緯34.860083度 東経135.444889度 / 34.860083; 135.444889
山号 大澤山
宗派 高野山真言宗
本尊 千手観音菩薩
創建年 (伝)神亀2年(725年
開基 (伝)行基
中興年 (伝)天長年間(824年-833年
中興 (伝)空海
(伝)賢実
札所等 摂津国八十八箇所第67番
摂津国三十三箇所第19番
関西花の寺二十五霊場第12番
西国薬師四十九霊場第18番
文化財 楼門・阿弥陀如来坐像(重要文化財)
公式HP 久安寺
法人番号 5120905003205
久安寺 (池田市)の位置(大阪府内)
久安寺 (池田市)
テンプレートを表示

歴史編集

寺伝によれば、神亀2年(725年)に聖武天皇の勅願を受け、行基が開創し、天長年間(824年 - 833年)の頃に空海(弘法大師)が真言密教道場として中興したと伝わる。

久安元年(1145年)には近衛天皇の勅願により祈願所として中興され、賢実上人が境内の本堂などの伽藍を増築し、その頃から「久安寺」と称するようになった。また、中興された久安寺は地元・池田にあった安養院が前身となっている。最盛期には四十九もの子院があったが、現在は本坊となっている小坂院だけが残っている。

安土桃山時代の頃、豊臣秀吉が参拝の際、月見茶会を開いたといわれ、江戸時代中期に歌人の平間長雅が移り住み、観音信仰の聖地として広く庶民に知れ渡った。

伽藍編集

  • 本堂 - 本尊の千手観音は後一条天皇の勅願で作られたと伝える。秘仏につき公開はされていない。
  • 御影堂(遍照殿) - 弘法大師留錫の際の草庵跡地に弘法大師像を祀る。宝形作りで明治末年に現霊園から移築された物。
  • 三十三所堂 - 西国三十三所観音霊場の観音像を祀る。
  • 阿弥陀堂 - 阿弥陀如来坐像(重要文化財)を安置する。
  • 薬師堂(瑠璃光殿)
  • 楼門 - 金剛力士像を安置する。重要文化財。
  • 鐘堂
  • 舎利殿涅槃堂(仏塔) - 釈迦涅槃像が安置されている納骨慰霊堂。大正時代までここに本堂があった。
  • 地蔵堂 - 明治末年に廃寺となった久安寺別院菩薩寺の本尊であった地蔵菩薩像を祀る。
  • 三光社 - 久安寺の伽藍神である三光大善神を祀る。
  • 本坊 - 元は子院の小坂院。

文化財編集

 
楼門
重要文化財
  • 楼門 - 入母屋造、本瓦葺、間口約5.4m、奥行約3.6mの楼門。金剛力士(仁王)像を安置する。寺内最古の建物で、室町時代初期に再建され、その後江戸時代明治時代に3回から4回にわたり修復された。和様を基調とし、頭貫の木鼻などに禅宗様が取り入れられている。
  • 木造阿弥陀如来坐像 - 久安寺の前身、安養寺にあったもので、平安時代後期の作。

交通編集

外部リンク編集