メインメニューを開く

久安百首(きゅうあんひゃくしゅ)は、平安時代後期の1150年久安6年)、崇徳院の命により作成した百首歌久安六年百首崇徳院御百首とも称される。

康治年間(1142年1144年)に崇徳院から題が下され、作者は崇徳院のほか藤原公能藤原教長藤原顕輔藤原俊成など14名であるが、途中で死去により入れ替わった作者もいる。現存するものは、歌人の百首を題ごとに分類しないで載せているものと、藤原俊成によって10巻に分類されたものの2種類がある。

関連項目編集