メインメニューを開く

久屋大通庭園フラリエ(ひさやおおどおりていえんフラリエ)は愛知県名古屋市中区大須にある庭園[2]久屋大通公園のほぼ最南端に位置する。

久屋大通庭園フラリエ
Hisaya-odori Garden Flarie[1]
Hisaya-odori Garden Flarie, in Naka, Nagoya, Aichi (2016-03-26) 15.jpg
久屋大通庭園フラリエ入口(2016年3月)
所在地
愛知県名古屋市中区大須四丁目4番1号
久屋大通庭園フラリエの位置(愛知県内)
久屋大通庭園フラリエ
久屋大通庭園フラリエの位置(名古屋市内)
久屋大通庭園フラリエ
前身 ランの館
開園 2014年(平成26年)9月27日[2]
運営者 名古屋市みどりの協会
駐車場 普通車18台(有料)
バリアフリー 貸車椅子2台
公式サイト 公式ウェブサイト(日本語)
テンプレートを表示

概要編集

1998年平成10年)5月、ランを中心とした植物をテーマとしたミニテーマパーク「ランの館」として開園した。建物はラン愛好家の欧州の外交官アジョナ・オーキッドの邸宅という設定で作られており、中庭はスペインのパティオ、アトリウムの屋根はロンドン万国博覧会水晶宮をイメージして造られたが、その後の来場者の低迷から2011年(平成23年)10月に名古屋市が行った事業仕分けでは「廃止」の判定が下されたため[3]2014年(平成26年)3月31日をもって閉館され[4]、公園として再整備ののち2014年9月27日から久屋大通庭園フラリエとして新たに開園した[2][5]

「人々の憩いの場、交流・にぎわいの場」を基本コンセプトとして[6]5つの屋外庭園のほか屋内庭園も整備され[2]、愛称の『フラリエ』は「ふらり」+「フラワー」+「アトリエ」による造語で公募により選ばれた[7]

アクセス編集

公共交通機関編集

  • 名古屋市営バス(市バス)
    • 「矢場町」バス停下車
    • C-758系統のみ「フラリエ」バス停下車

自家用車編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ なごやマイタウン2016 (PDF)”. 名古屋市. 2016年10月19日閲覧。
  2. ^ a b c d 岡大介(2014年9月28日). “久屋大通庭園フラリエ:草花500種 「ランの館」リニューアル 料理店、カフェや結婚式場も−−名古屋・中区”. 毎日新聞(毎日新聞社)
  3. ^ 市会情報:市会だより第128号” (日本語). 名古屋市 (2011年12月1日). 2014年11月18日閲覧。
  4. ^ “ランの館:閉館 2400人、芳香楽しむ−−名古屋”.毎日新聞(毎日新聞社).(2014年4月1日)
  5. ^ ランの館跡地に「フラリエ」開業” (日本語). 中日新聞 (2014年9月28日). 2014年10月12日閲覧。
  6. ^ 久屋大通庭園フラリエ(暮らしの情報)” (日本語). 名古屋市 (2014年10月6日). 2014年10月12日閲覧。
  7. ^ 久屋大通庭園の愛称が「久屋大通庭園フラリエ」に決まりました。” (日本語). 久屋大通庭園フラリエ (2014年8月19日). 2014年10月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集