久崎町(くざきちょう)は、かつて兵庫県中西部(西播磨地区)に存在していた佐用郡。本項では町制前の名称である久崎村(くざきむら)についても述べる。

くざきちょう
久崎町
廃止日 1958年6月15日
廃止理由 新設合併
久崎町、上月町 → 上月町
現在の自治体 佐用町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
佐用郡
団体コード なし(コード導入前に廃止)
面積 43.24km2
総人口 4,192
国勢調査、1955年)
隣接自治体 兵庫県
佐用郡佐用町南光町上月町
赤穂郡上郡町
岡山県
和気郡吉永町英田郡作東町
久崎町役場
所在地 兵庫県佐用郡久崎町久崎
 表示 ウィキプロジェクト

1958年、上月町と合併し、新たに上月町となったため地方自治体として消滅した。

旧町域は現在の佐用町の南西部に相当する。

概要編集

現在の佐用町久崎、櫛田、家内、円光寺、上秋里、下秋里、西新宿、大日山、小赤松、大酒、大釜に相当する。

沿革編集

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い佐用郡久崎村発足。
  • 1940年(昭和15年)3月1日 - 久崎村が町制施行、久崎町発足。
  • 1955年(昭和30年)3月25日 - 赤穂郡赤松村の一部(小赤松、大酒、旭日字抜位)を編入(赤松村の残部は合併し赤穂郡上郡町に)。
  • 1958年(昭和33年)6月15日 - 上月町と合併し新たに上月町が発足したため消滅。

交通編集

鉄道編集

道路編集

旧町域には現在も高速道路は通っていない。

関連項目編集

外部リンク編集