久我広通

江戸時代前期の公卿。正二位内大臣、右大臣。久我家当主
 
久我広通
時代 江戸時代前期
生誕 寛永3年4月5日1626年4月30日
死没 延宝2年4月13日1674年5月18日
官位 正二位内大臣
主君 明正天皇後光明天皇後西天皇
氏族 久我家
父母 父:久我通前、母:堀秀治の娘
兄弟 堯通広通千種有能
正室:梅子女王(伏見宮貞清親王の王女)
通名通誠四辻季輔
テンプレートを表示

久我 広通(こが ひろみち)は、江戸時代前期の公卿官位正二位内大臣。。

経歴編集

寛永4年(1627年)に叙爵。以降累進して、寛永19年(1642年)に従三位に達して公卿に列した。官職も侍従左近衛少将右近衛中将踏歌節会外弁・権中納言権大納言右近衛大将・神宮伝奏・踏歌節会内弁などを歴任して、寛文元年(1661年内大臣となった。寛文3年(1663年)に内大臣を辞職した。延宝2年(1674年)に薨去。享年49。生年については寛永元年(1624年)説もあり。

系譜編集

関連項目編集