メインメニューを開く

久木 幸男(ひさき ゆきお、1924年 - 2004年2月5日)は、日本教育学者横浜国立大学名誉教授北九州市立大学教授である久木尚志の父。

人物・来歴編集

1924年(大正13年)、滋賀県愛知郡愛知川町(現在の愛荘町)に生れる。旧制彦根中学校第三高等学校を経て、1948年(昭和23年)に京都大学文学部哲学科を卒業、1950年(昭和25年)に同大学院前期課程修了。

同年、西山短期大学助教授となり、1964年(昭和39年)に教授、1966年(昭和41年)に大谷大学文学部教授、1967年(昭和42年)に横浜国立大学教育学部教授となり、1968年(昭和43年)には「古代儒教の歴史的展開」によって京都大学から教育学博士の学位を取得。横浜国立大学退職後は、1990年(平成2年)から佛教大学教育学部教授。

2004年(平成16年)2月5日、死去。享年79。

服藤早苗埼玉学園大学教授)、大戸安弘(横浜国立大学教授)、木内陽一(鳴門教育大学教授)、蛭田道春(大正大学教授)、井沢直也(いわき明星大学教授)、佐藤淳介(大分県立芸術短期大学教授)、寿福隆人(日本大学教授)などの日本史および日本教育史研究者を育成した。

主著編集

  • 『日本の宗教 - 民衆の宗教史』、弘文堂、1965年
  • 『大学寮と古代儒教』、サイマル出版会、1968年
  • 『日本の宗教 - 過去と現在』、サイマル出版会、1971年
  • 『日本古代学校の研究』、玉川大学出版部、1990年 ISBN 447207981X
  • 『検証 清沢満之批判』、法蔵館、1995年