久松 勝慈(ひさまつ かつなり)は、江戸時代後期の大名下総国多胡藩8代(最後の)藩主。官位従五位下豊前守

 
久松勝慈
久松勝慈.jpg
久松勝慈
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 安政2年4月20日1855年6月4日
死没 明治37年(1904年11月2日
改名 源三郎(幼名)→松平勝慈→久松勝慈
墓所 千葉県香取郡多古町南中の妙興寺
官位 従五位下豊前守子爵
主君 明治天皇
下総多胡藩知事
氏族 久松松平家康俊流→久松氏
父母 父:久松勝行
兄弟 勝慈勝定勝栄
正室:松平頼縄長女・昌子
勝親
テンプレートを表示

略歴編集

安政2年(1855年)4月20日、7代藩主・松平勝行の長男として誕生。慶応4年(1868年)2月に父と共に姓を松平から久松に改める。明治2年(1869年)6月19日に従五位下・豊前守に叙位・任官する。8月に父が死去したため家督を継ぎ、多胡藩知事に任じられた。明治4年(1871年)7月の廃藩置県で知藩事職を免ぜられる。

明治8年(1875年)の多古小学校創立に際し、旧藩庁を校舎として提供する。明治17年(1884年)の華族令で子爵となる。明治21年(1888年)6月、初代多古村長となる。明治37年(1904年)11月2日に死去した。享年50。

栄典編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『官報』第1828号「叙任及辞令」1889年8月2日。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
多胡久松家初代
1884年 - 1904年
次代:
久松勝親