久次米 一弥は、日本神道者[注 1]で、音楽家作曲家編曲家音楽プロデューサー演奏者雅楽奏者〉)でもある。[1]吉川八幡神社宮司大阪市出身。

久次米 一弥
出身地 日本の旗 日本 大阪市
学歴 大阪音楽大学付属音楽高等学校高等部作曲専攻卒業
大阪音楽大学専攻科ピアノ専攻卒業
國學院大學神職養成講習会で神職階位取得
ジャンル 現代雅楽、現代音楽、フュージョン、ポピュラー、プログレッシブ、テクノ
など
職業 神職宮司
音楽家作曲家編曲家音楽プロデューサー演奏者雅楽奏者〉)
活動期間 1994年[要出典] - 現在
公式サイト 天地雅楽 オフィシャルサイト

現代雅楽を主とする音楽ユニット天地雅楽」の主宰者かつリーダーであり、当ユニットのほぼ全ての作曲・編曲・プロデュースを担当する[2]

大阪市認可文化事業団体「浪速高津宮御神楽ノ会(なにわたかつのみや みかぐらのかい)」代表[3]

略歴編集

代々神官を継承し、祭典雅楽および神楽を奏でてきた神道家の家に生まれる。高祖父は神官および神楽師、曽祖父は元楽部楽師で、晩年は関西を拠点に神道祭典楽会を創設した人物であったことから、姉弟は幼い頃より神社での祭典や雅楽と神楽に携わる[3]

大阪音楽大学付属音楽高等学校在学に作曲活動を始める。

大阪音楽大学に進学する。専攻ピアノこの時期まで[信頼性要検証]ニューエイジユニット「science-project」で作曲とシンセサイザーを担当し、全国各地のプラネタリウム解説BGMを多数制作していた。

大阪音楽大学の修了作品として楽曲「天地乃響」を制作。その内容は、天地雅楽の同名楽曲である。大学卒業後は、作曲家田中邦彦らに師事する。一方で、國學院大學にて講習および検定を受け[3]神社本庁発布の神職階位を取得した後、神社本庁包括の別表神社 浪速高津宮および服部天神宮の神職を兼務し、吉川八幡神社・愛宕神社・稲荷神社などの宮司を務める[3]

2003年(平成15年)からは母校・大阪音楽大学の教職科目特別講師を務めるようにもなる。同年8月、関西の神社に奉職する神職・巫女・伶人らが音楽ユニット「天地雅楽」を結成。


年表編集

  • 4月 - 母校・大阪音楽大学の教職科目特別講師を務めるようにもなる。
  • 8月 - 現代雅楽を主とする音楽ユニット「天地雅楽」の結成。
  • 1月1日 - 『天地雅楽 天地乃響 〜あまつちのひびき〜』のリリース。
  • 同年中 - 活動の場を全国へと拡大。
  • 2008年(平成20年)8月14日~15日 - TBSテレビ番組『坂本龍一プロデュース公演・ロハスクラシックコンサート』に出演。
  • 2010年(平成22年)6月21日 - 天地雅楽が、フランスはパリの音楽祭英語版に出演[3]
  • 2011年(平成23年) - 天地雅楽に、ドラマーの菅沼孝三がサポートメンバーとして加入。
  • 5月5日 - 天地雅楽が、大阪城ファミリーフェスティバル2015(開催地:大阪城天守閣 本丸広場 特設ステージ)に出演[3][4]

天地雅楽編集

2003年(平成15年)8月、天地雅楽 旗揚げ。関西を中心に演奏活動を展開。旗揚げ当初よりテレビ、新聞、ラジオなど多くのメディアに取り上げられる。翌2004年(平成16年)はフランスツアーパリリヨンスイスジュネーブ)を行う。

2006年(平成18年)からは自主発売によるCDリリースを関西エリアで開始し、翌2007年(平成19年)からは活動の場を全国へと拡大した。

2008年(平成20年)8月には、TBSテレビの番組『坂本龍一プロデュース公演・ロハスクラシックコンサート』に出演し、イエロー・マジック・オーケストラ (YMO) の名曲「東風」を坂本龍一自ら演奏するエレピと共演を果たす。

2010年(平成22年)は、6月21日にフランスはパリで毎年開催されている音楽祭英語版への出演を果たした[3]

2011年(平成23年)には、日本屈指のプロドラマー「手数王」の菅沼孝三がサポートメンバーとして加入。2012年発売のCDアルバム『倭ノ音霊〜やまとのおとだま〜』にも菅沼は参加している。

2013年(平成25年)から2014年(平成26年)にかけては、劇団ひまわりプロデュースする公演舞台「飛鳥ものがたり」(2013年8月13日初日、2014年4月27日千秋楽)の音楽を担当した。また、ワコールの機能性インナーシリーズ「スゴ衣」[注 2]のテレビCM音楽や、NHK BShiの番組『街道てくてく旅』の挿入曲として天地雅楽のオリジナル曲が使用されるなど、様々なテレビ番組の挿入曲およびBGMとしても、天地雅楽の個性的なサウンドが使用されるようになった。同じく2013年の7月には、フランスはパリで開催される「JAPAN EXPO」第14回大会(開催期間:7月4日-7日)に神式祭儀およびコンサートで出演している。

2014年(平成26年)12月発売のCDミニアルバム『飛鳥ものがたり』では、世界的ドラム情報サイト「DRUMMER WORLD」で世界のトップドラマー500人に選ばれた女性ドラマー・川口千里が参加した。

2015年(平成27年)5月5日には、大阪城ファミリーフェスティバル(開催地:大阪城天守閣 本丸広場 特設ステージ)に出演 天地雅楽(てんちがらく) Profile of TENCHIGARAKU 日本古来の伝統音楽「雅楽(ががく)」を古典として伝えゆくだけでなく現代だからこそ出来る工夫を加え、その存在感・可能性を示すべく結成された現代雅楽ユニット。雅楽を代表する3つの笛「篳篥(ひちりき)」「龍笛(りゅうてき)」「笙(しょう)」の音色を中心に据え、DNAに心地よく響くオリジナル曲、カバー曲、そして浪速神楽・伝統雅楽を奏でる。フランスを中心に海外での演奏実績を持ち、これまでCD作品・音楽配信作品も多数発表。

天地雅楽は、神社神職、巫女、伶人(雅楽奏者)から選ばれるサポートを加えて演奏メンバーを構成。ライブでは最少3名から融通無碍に構成人数を変え、プログラミング音源や異種楽器を取り入れたクロスオーバースタイルで演奏を行う。

久次米一弥は大阪音大出身で、西洋音階と雅楽音階の違いをナチュラルに融和させるオリジナルメソッドを確立。これに基づくオリジナル楽曲やカバー曲を「篳篥(ひちりき)」「龍笛(りゅうてき)」「笙(しょう)」の三管を中心に作曲・編曲する。ピアノ、ドラムス、ギター、シンセサイザーなどの西洋楽器、二胡や馬頭琴など中国・モンゴルの民族楽器と組み合せながら演奏表現することも多く、自由で魅惑的、優雅な現代「雅(みやび)」の世界を創り出している。

主な作品編集

  • 天地雅楽 天地乃響 〜あまつちのひびき〜 TGHB-0001(2007年1月1日リリース)
  • 天地雅楽 天涯比隣 〜てんがいひりん〜 TGHB-0002(2007年4月3日リリース)
  • 天地雅楽 天地開闢 〜てんちかいびゃく〜 TGHB-0003(2008年4月29日リリース)
  • 天地雅楽 天壌無窮 〜てんじょうむきゅう〜 TGHB-0004(2010年7月7日リリース[1]
  • 天地雅楽 倭ノ音霊 〜やまとのおとだま〜 TGHB-0005(2012年6月6日リリース)
  • 天地雅楽 玉響 〜たまゆら〜 10周年ベストアルバム CHMCL-00001(2013年9月9日リリース[2]
  • 天地雅楽 飛鳥ものがたり CHMCL-00002(2014年12月12日リリース[3]
  • 天地雅楽 やまと まほろば CHMCL-00003(2017年2月11日リリース
  • magnolia ハシキヤモクレン CHMCL-00111(2017年9月9日リリース)
  • Singer Oto Dance on the Beach SOTO-0001(2018年8月11日リリース
  • 天地雅楽 玉響2 〜たまゆら2〜 15周年ベストアルバム CHMCL-00004(2018年12月12日)

出演編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 「神道者」は多義語であるが、ここでは「神道を信仰している者」と「神に仕えることを職とする者」のいずれかに特定しない意味で用いる。後述の「神道家」も同様。[字引 1]
  2. ^ ワコールが新感覚の秋冬インナーを発売”. WWD. 株式会社 INFASパブリケーションズ (2013年5月30日). 2021年2月27日閲覧。
字引
  1. ^ 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “神道者”. コトバンク. 2021年2月27日閲覧。

出典編集

  1. ^ 関宏美「神馬いづめ、フォロワー1万人超 扉を壊しても愛される」『朝日新聞デジタル朝日新聞社、2021年1月8日。2021年2月27日閲覧。
  2. ^ about, 2021年2月閲覧.
  3. ^ a b c d e f g biog, 2021年2月閲覧.
  4. ^ 大阪城ファミリーフェスティバル2015を開催します”. 大阪城天守閣 (2015年). 2021年2月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集