メインメニューを開く

久武 親信(ひさたけ ちかのぶ、生年不詳 - 天正7年5月21日1579年6月15日))は、安土桃山時代武将長宗我部氏の家臣。久武昌源の子。

概要編集

土佐国(現・高知県)の武将・久武昌源の子として誕生。弟に久武親直がいる。

土佐国の戦国大名長宗我部元親に仕え、その誠実な性格から元親に重用され、高岡郡佐川城を与えられた。

天正5年(1577年)、伊予国南部(現・愛媛県南予地方)方面の軍を担当する総指揮権(伊予軍代)を与えられ、川原崎氏を討つ。しかし、天正7年(1579年)に伊予宇和郡岡本城を攻撃中に、城を守る土居清良の奇略に遭って討ち死にした。

親信は有馬温泉羽柴秀吉と会見したことがあり、そのとき、秀吉の器量のほどを知ったといわれている。

弟・親直へは常々危惧を抱き、岡本城攻防戦で討死する直前、主君・元親に向けて「弟の彦七(親直)は腹黒き男ゆえ、お取立て召されるな」と言い残したといわれている。この危惧は的中し、親直は讒言を繰り返して反対派を粛清、元親の跡を継いだ四男・長宗我部盛親の代になっても盛親の三兄・津野親忠の殺害に絡むなど暗躍したため、関ヶ原の戦いでの敗戦後に長宗我部氏を改易へ導く要因となった。