久米島中継局(くめじまちゅうけいきょく)は沖縄県島尻郡久米島町久米島)にあるラジオテレビの中継局。なお、本項では、島の東部をエリアとする久米島東中継局(くめじまひがしちゅうけいきょく)及び、コミュニティ放送であるFM久米島送信所についても併せて記述する。

放送エリア編集

久米島中継局
  • 久米島全域(NHKテレビ・OTVは島の東部が久米島東中継局のエリア)
久米島東テレビ中継局

沿革編集

  • 1963年6月1日 琉球放送(RBC)がテレビ中継局を開局(US7ch・10W)。
  • 1971年4月1日 沖縄放送協会(OHK)がテレビ中継局を開局。本土復帰1年前だったこともあり、当初から日本式チャンネルにより開局した(JA3ch・10W)[1]
  • 1972年5月15日 本土復帰によりOHKはNHK沖縄放送局となり、OHKテレビはNHK総合テレビの中継局となる。これとともに、NHK教育テレビの放送を沖縄本島と同時に開始(1ch・10W)[2]
  • 1974年3月24日 NHK-FM放送中継局、沖縄本島と同時に開局(84.2MHZ・10W)。
  • 1977年2月10日 沖縄テレビ放送(OTV)が久米島中継局を開局。VHFチャンネルの余裕が無かったこともあり、当初からUHFで放送を開始した。
  • 1980年代 OTVが久米島中継局の受信改善のため、久米島東中継局を開局(57ch・30W)。RBCのテレビ中継局がJA4chに変更。
  • 1995年2月1日 NHKがEスポによる受信障害を改善するため、同局のテレビチャンネルをVHFからUHFに変更。同時に久米島東中継局を開局(久米島中継局は30W、久米島東中継局・1W)。
  • 1995年10月1日 琉球朝日放送(QAB)、久米島中継局を開局と同時に設置(42ch・30W)。
  • 1999年 沖縄地上デジタル放送研究開発支援センターが放送実験用として定置受信所設置(~2004年)。
  • 2007年12月1日 久米島中継局で地上デジタルテレビジョン放送開始(3W)。
  • 2008年12月1日 久米島東中継局での地上デジタルテレビジョン放送開始(100mW)。
  • 2011年7月24日 地上アナログテレビジョン放送終了。
  • 2012年1月24日 FM久米島に予備免許交付。
  • 2012年4月20日 FM久米島に本免許交付。
  • 2012年5月17日 FM久米島での本放送開始(89.7MHZ・80W)。

久米島中継局編集

地上デジタルテレビ放送編集

ID 放送局名 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日
1 NHK
沖縄総合
33 3W 12W 沖縄県 2,680世帯 2007年
12月1日
2 NHK
沖縄教育
25 全国
3 RBC
琉球放送
30 沖縄県
5 QAB
琉球朝日放送
32
8 OTV
沖縄テレビ放送
31
  • アナログと同じ仲村渠に設置。

地上アナログテレビ放送編集

  • 送信所所在地:久米島町字仲村渠田幸原(宇江城岳西方高地)
チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日 閉局日
4 RBC
琉球放送
映像10W/
音声2.5W
映像32W/
音声7.9W
沖縄県 約3,450世帯 1964年
9月
2011年7月24日
34 NHK
沖縄教育
映像30W/
音声7.5W
映像135W/
音声34W
全国 約2,300世帯 1972年
5月15日[2]
36 NHK
沖縄総合
沖縄県 1971年
4月1日[1]
42 QAB
琉球朝日放送
1995年
10月
57 OTV
沖縄テレビ放送
1977年
2月
  • NHK総合は前身のOHKテレビとして開局した1971年4月~1995年2月にはJA3chで放送された[1]
  • NHK教育は放送開始された1972年5月~1995年2月は1chで放送された。
  • RBCは復帰直後までUS7chで放送されたが、1980年代にJA4chへ変更された(ちなみにアメリカ式の7chと日本式の4chの使用周波数はほぼ同じ)。また沖縄県内民放テレビでは唯一VHFの中継局である。

FMラジオ放送編集

  • 送信所所在地:久米島町字仲村渠田幸原(宇江城岳西方高地、テレビ中継局と同じ)
周波数
MHz
コールサイン 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日
84.2 無し
(中継局)
NHK
沖縄FM
10W 10.5W 沖縄県 不明 1974年
3月
89.7 JOZZ0BW-FM FM久米島 80W 149W 久米島町 3,898世帯
(久米島町全世帯)
2012年
5月17日

外部リンク編集

久米島東テレビ中継局編集

地上デジタルテレビ放送編集

ID 放送局名 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日
1 NHK
沖縄総合
20 100mW 380mW 沖縄県 1,282世帯 2008年
12月1日
2 NHK
沖縄教育
19 370mW 全国
3 RBC
琉球放送
21 400mW 沖縄県
5 QAB
琉球朝日放送
23
8 OTV
沖縄テレビ放送
22
  • 2008年12月1日に放送開始(送信所はアナログと同じ宇根真泊に設置)。
  • アナログでは未設置のRBCとQABもデジタル新局として開局した。

地上アナログテレビ放送編集

  • 送信所所在地:久米島町字宇根真泊
チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日 閉局日
49 NHK
沖縄教育
映像1W/
音声250mW
映像4.4W/
音声1.1W
沖縄県 約1,150世帯 1995年 2011年7月24日
51 NHK
沖縄総合
全国
61 OTV
沖縄テレビ放送
沖縄県 1980年代
  • 久米島東局においてはOTVのみ開局している。なお、RBCは久米島中継局でカバーできたため中継局未設置、QABは中継局未計画。
  • NHKは久米島中継局がUHFにチャンネル変更した際に開局。

外部リンク編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'72』 日本放送出版協会、1972年、488,490頁。 
  2. ^ a b 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'72』 日本放送出版協会、1972年、594頁。 

関連項目編集