久美浜町

日本の京都府熊野郡にあった町

久美浜町(くみはまちょう)は、かつて京都府熊野郡にあった丹後地方京都府北部に区分され、京都府と兵庫県との県境に位置していた。北側は日本海に面していた。2004年(平成16年)4月1日に周辺市町村と合併して京丹後市が発足し、久美浜町は廃止された。本項では統廃合後の京丹後市久美浜町についても述べる。

くみはまちょう
久美浜町
廃止日 2004年3月31日
廃止理由 新設合併
峰山町丹後町大宮町
久美浜町弥栄町網野町京丹後市
現在の自治体 京丹後市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 京都府
熊野郡
団体コード 26521-7
面積 145.04km2.
総人口 11,968
(2004年2月1日)
隣接自治体 網野町峰山町
兵庫県豊岡市出石町但東町
町の木
町の花 チューリップ
久美浜町役場
所在地 629-3492
京都府熊野郡久美浜町864-1
外部リンク 京丹後市HP 旧6町ホームページのコーナー
座標 東経134度53分47秒
北緯35度36分13秒
Kumihama town-office.jpg
久美浜町役場(2004年)
特記事項 現在の京丹後市役所久美浜市民局の電話番号:0772-69-0716
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

象徴編集

 
久美浜町の町章

町章は、久美浜の「久」の字を3字組み合わせることで「久三(久美)」て図案化した[1]。この町章のデザインは、同町内にある京都府立久美浜高等学校の校章のベースともなっている。

町の木は、、町の花はチューリップで、隣町の網野町と同じである[1]。町の特産品として久美浜湾で養殖する牡蛎このしろ寿し鯛せんべいメロンがしられた[1]。古代から農業漁業に依存する経済生活が定着していたが、20世紀後半には山陰海岸国立公園をベースに観光やカヌーなどのスポーツも盛んになり、21世紀に向けて活力のある住みよいまちづくりをめざした[1]

地理編集

京都府の北西端に位置していた。総面積145.04平方キロメートルで、熊野郡1郡1町の面積を有した[1]。北方を日本海、他の三方を山に囲まれ、久美浜湾が入り込んでいた。久美浜湾はほぼ湖の形態をなしており、汽水湖となっていた。久美浜町では温泉も湧出していた。

久美浜市街地には栃谷川久美谷川陣屋川が約250メートルの間隔で流れており、これらの河川は松倉城からみて敵の侵入を防ぐ天然の堀の役割をした[2]。陣屋川の近くには、堀川もある[2]

河川
山岳
水域

隣接していた自治体編集

歴史編集

行政編集

歴代町長編集

人口と世帯数編集

人口の変遷
1970年(昭和45年) 14,024人
1975年(昭和50年) 13,522人
1980年(昭和55年) 13,178人
1985年(昭和60年) 13,177人
1990年(平成2年) 12,821人
1995年(平成7年) 12,338人
2000年(平成12年) 11,857人
世帯数の変遷
1970年(昭和45年) 3,375戸
1975年(昭和50年) 3,410戸
1980年(昭和55年) 3,380戸
1985年(昭和60年) 3,401戸
1990年(平成2年) 3,353戸
1995年(平成7年) 3,353戸
2000年(平成12年) 3,366戸

経済編集

産業編集

 
このしろ寿し(久美浜湾で漁獲したコノシロに調味したおからを詰める甘酢漬け)
 
鯛せんべい(酒肴のほか、味噌汁の具材などに用いられる。)

農業編集

明治時代徳富蘇峰の主張した「田舎紳士論」を指針に久美浜の村づくりに発起した若者らにあやかり[5]、2013年頃から若手農家が中心になって久美浜ブランド「田園紳士」をつくり、6次産業化をすすめている[6]。田園紳士はその後、拠点を網野町に移し、京丹後市一帯の農家を対象とするようになった[5]

漁業編集

その他編集

1975年(昭和50年)には関西電力によって、久美浜町蒲井地区に久美浜原子力発電所の計画が検討された。2006年(平成18年)に計画中止となった[10]

教育編集

2004年(平成16年)の町村合併後は町立小中学校は全て京丹後市立となり、7小学校2中学校が存在した。その後、児童生徒数の減少に伴い統廃合され、現在は3小学校1中学校がある。

小学校編集

 
京丹後市立佐濃小学校。撮影後の2014年3月に閉校となり、校舎はなくなり、佐濃グラウンドになっている。
 
高龍中学校(現・高龍小学校)
  • 久美浜町立久美浜小学校 → 京丹後市立久美浜小学校
  • 京丹後市立かぶと山小学校(2013年4月に、元・神野小学校校舎を活用して開校[11]。)
    • 久美浜町立田村小学校(2013年3月で閉校。かぶと山小学校に統合される。)
    • 久美浜町立神野小学校(2013年3月で閉校。かぶと山小学校に統合される。)
    • 久美浜町立湊小学校(2013年3月で閉校。かぶと山小学校に統合される。)
  • 京丹後市立高龍小学校(2014年4月に、元・高龍中学校校舎を活用して開校[12]。)
    • 久美浜町立川上小学校(2014年3月で閉校。高龍小学校に統合される。)
    • 久美浜町立海部小学校(2014年3月で閉校。高龍小学校に統合される。)
    • 久美浜町立佐濃小学校(2014年3月で閉校。高龍小学校に統合される。)

中学校編集

  • 久美浜町立久美浜中学校 → 京丹後市立久美浜中学校
    • 久美浜町立高龍中学校(2013年3月に閉校[13]

高等学校編集

交通編集

鉄道路線編集

道路編集

港湾編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

名所・旧跡編集

観光スポット編集

祭事・催事編集

  • まるかじりまつり
  • 千日会
  • 秋祭り

出身有名人編集

ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 『丹後の現況 平成3年刊』丹後ブロック統計研究会、1992年、6頁。
  2. ^ a b 『くみはまWANONEガイド』「海の京都」京丹後市実践会議、2019年、17p
  3. ^ 『丹後の現況 平成3年刊』丹後ブロック統計研究会、1992年、7頁。
  4. ^ 丹後ブロック統計研究会『丹後の現況 平成14年刊行』丹後ブロック統計研究会、2002年、7頁。
  5. ^ a b 地域の魅力が詰まった農作物で京丹後をPR! ファンを増やして地域活性化を目指す「田園紳士」”. 京都ベジラボ. 2019年7月17日閲覧。
  6. ^ a b 『久美浜大事典』特定非営利活動法人わくわくする久美浜をつくる会、2015年、5p.
  7. ^ a b c d 『久美浜大事典』特定非営利活動法人わくわくする久美浜をつくる会、2015年、6p.
  8. ^ a b c d 『久美浜大事典』特定非営利活動法人わくわくする久美浜をつくる会、2015年、4p.
  9. ^ 『久美浜大事典』特定非営利活動法人わくわくする久美浜をつくる会、2015年、3p.
  10. ^ 中嶌哲演、土井淑平『大飯原発再起動と脱原発列島』批評社、2013年、86-119p
  11. ^ かぶと山小学校 学校概要”. 2018年8月15日閲覧。
  12. ^ 高龍小学校学校概要”. 2018年8月15日閲覧。
  13. ^ 久美浜中学校学校概要”. 2018年8月15日閲覧。
  14. ^ 京都新聞「宮津天橋・丹後緑風・清新 京都府立高再編、新校名案決まる」2019年1月15日
  15. ^ 『くみはまWANONEガイド』「海の京都」京丹後市実践会議、2019年、8p
  16. ^ 『くみはまWANONEガイド』「海の京都」京丹後市実践会議、2019年、9p
  17. ^ 『くみはまWANONEガイド』「海の京都」京丹後市実践会議、2019年、12p
  18. ^ 『関西花の寺二十五カ所』山と渓谷社、2001年、46-51p
  19. ^ 『くみはまWANONEガイド』「海の京都」京丹後市実践会議、2019年、13p
  20. ^ a b c d 『くみはまWANONEガイド』「海の京都」京丹後市実践会議、2019年、16p
  21. ^ 「北但馬自身復興のシンボル 久美浜公会堂の改修終了 27日式典」『京都新聞』2011年3月19日
  22. ^ 旧久美浜町役場利活用提案募集要項 京丹後市、2019年
  23. ^ a b 「ふるさと建物探訪 旧久美浜町役場」『京都新聞』2008年7月10日
  24. ^ 『くみはまWANONEガイド』「海の京都」京丹後市実践会議、2019年、10p

関連項目編集

外部リンク編集