メインメニューを開く

久見田 喬二(くみた きょうじ、1903年 - 没年不明)は、日本の映画監督脚本家である。名は-喬司あるいは-喬次とも書き、組田 彰造(-しょうぞう)とも名乗った。「影造」は誤り。

くみた きょうじ
久見田 喬二
別名義 久見田 喬司
久見田 喬次
組田 彰造
生年月日 1903年
没年月日 不詳年
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1920年代 - 1965年
活動内容 1920年代 日活太秦撮影所
1932年 監督デビュー
1940年 組田彰造と改名
1960年 日本電波映画
主な作品
長篇劇映画『まぼろし城』三部作
テレビ映画『琴姫七変化
テンプレートを表示

目次

人物・来歴編集

1903年(明治36年)に生まれる。

日活太秦撮影所は、1927年(昭和2年)12月に開業しているが、このころには助監督を始めており、1929年(昭和4年)に公開された片岡千恵蔵プロダクション製作、清瀬英次郎監督の映画『愛染地獄 第一篇』ではチーフ助監督としてクレジットされている[1]

29歳となる1932年(昭和7年)、『飢えたる武士道』で監督としてデビューする[1]。1936年(昭和11年)に結成された日本映画監督協会に参加するが、とある例会で、マキノ正博と殴り合いのけんかになる[2]。後日、マキノはこの話をどんどん誇張・拡大し、最終的には喧嘩が原因でまもなく死んだことにされてしまった[2]。1940年(昭和15年)、「組田彰造」と改名する[1]。監督協会は1943年(昭和18年)に戦時体制のため一旦解散した。

第二次世界大戦後は、1953年(昭和28年)に『びっくり六兵衛』を監督するまで、表に名前が出てこない[1]。同年、新東宝で『白馬の騎士』を撮った[1]後は、またしばらく名前が出てこないが、1960年(昭和35年)、日本電波映画が製作するテレビドラマでメイン監督を張る。

62歳を迎えた1965年(昭和40年)以降の消息はわからない。

フィルモグラフィ編集

日活太秦撮影所編集

日活京都撮影所編集

組田彰造

戦後編集

組田彰造

編集

  1. ^ a b c d e 「久見田喬二」(#外部リンク)、日本映画データベース、2009年10月9日閲覧。
  2. ^ a b 『日本侠客伝 - マキノ雅弘の世界』、山田宏一ワイズ出版、2007年、p.150。

外部リンク編集