メインメニューを開く
2017年ストックホルムトラックテロ事件では、車両突入攻撃で5名が死亡した。
2008年にエルサレムで起こったブルドーザー突入攻撃では3名が死亡している。

乗物による突入攻撃 (英語: vehicle-ramming attack) とは、犯人が意図的に乗物(多くの場合は自動車)を建物や群衆、別の乗り物などに突っ込ませることで行う襲撃を指す[1][2]。知られているかぎりで最も早い例は旧チェコスロバキアプラハで1973年に発生した突入攻撃で、オルガ・ヘプナロヴァが8名を殺害した。こうした攻撃は自爆テロに比べると殺傷力は低いが、より防ぐのが難しいと考えられている。

群衆に故意に車両で突っ込んでいく戦略はテロリストに用いられている[3]。犯行を実施するのにあまり技術が必要ない一方で重篤な犠牲を引き起こす可能性が高いため、2010年代に主要なテロ戦略となった[4][5][6]。路上でドライバーが起こす暴力事件など、他の犯罪でも故意に車両で突入するという攻撃が行われることはある[7][8][9]。故意による突入事件は、時として運転手の精神疾患のせいだと考えられることもある[10]サンカンタンファラビエでの襲撃のように、攻撃を計画する者が爆発物を用いる前に、鍵のかかった門を破って建物に侵入するため車両を用いることもある。

目次

車両突入攻撃増加の理由編集

アメリカの連邦捜査局 (FBI)によると、この戦略は「爆発物武器に対して限られたアクセスしか持たないテロリストであっても、事前にごくわずかな訓練をするだけで、経験がなくとも車両突入により本土を攻撃する機会をつかめる」ため広く行われるようになった[1]。民主主義防衛協会の反テロリズムの研究者ダヴィード・ガートナーシップ=ロスは『スレート』に、この戦略は「分離壁に比較的効果があり、国に爆弾を持ち込むのが難しくなっているため」イスラエルで発達したと述べた[11]。2010年にアラビア半島のアルカーイダが出している英語版オンラインマガジン『インスパイア』はムジャーヒディーンに対し、「歩行者専用」の場所を選んだうえで「殺傷を最大にする」ために群衆に突っ込む前にスピードを上げるように促している[11]

車両突入攻撃は、イデオロギーに共感はしているが実際は特定の政治活動やグループと結びついて行動していないローンウルフテロリストにより実行されることもある[12]。『デイリー・ビースト』でジェイコブ・シーゲルは、2014年にケベックのサン=ジャン=シュル=リシュリューで起こった攻撃の犯人について、「この種のテロリストは将来、西洋でもっと見かけるようになるかもしれない」と示唆し、ランド研究所のブライアン・ジェンキンズに倣ってこの種のテロリストを「ローンウルフ」よりは「迷い犬」と呼び、こうした人々はイスラーム原理主義プロパガンダにさらされることによって「いきりたつ怒りから自発的に致命的な行動を起こすようになる」こともある「はぐれ者」だと特徴づけた[13]。2014年のISILのプロパガンダビデオでは、フランスの同調者たちに車で一般市民を轢くよう促している[14]。しかしながら、こうしたローンウルフテロリストは無知・無能ゆえにあまりたくさんの人を殺傷できないことも多く、これはせめてもの救いだと考える専門家もいる[15]

外交政策研究所で上級フェローをつとめているテロリズムの専門化クリント・ワッツは、西洋諸国の保安当局による監視が増強されたため、アルカーイダのようなグループが「攻撃前に計画や訓練をともに行う」旧式のモデルは「2005年頃に廃れた」とみている[13]。ワッツによると、アメリカ出身のアルカーイダのイマームであるアンワル・アウラキがこの動きの中で重要な役割を果たした人物であり、英語話者に英語で直接呼びかけ、「自前でテロを行い、自国に留まる」よう促している[13]

イギリスのシンクタンクであるデモスの暴力過激派プログラム長であるジェイミー・バートレットは、「ここ数年、インターネットのせいでローンウルフテロリズムが起こったり、成功する見込みが増えており」、組織とつながりのない個人もイデオロギー的動機やテクニックを身につけるようになっていると述べた[15]。西洋諸国の当局にとっては、2014年のサン=ジャン=シュル=リシュリュー襲撃の犯人のように、カナダの警察が犯人を認識しており、パスポートを没収し、家族やコミュニティと協働して本人をジハードから遠ざけようとしていたような場合ですら、車両突入攻撃が防げないという困難がある[15][16]。カナダ警察はこの理由について、「犯罪が行われる前に個人が何をたくらんでいるか性格に知るのは大変難しい。過激なことを考えているというだけで人を逮捕できない。カナダではこれは犯罪ではないからだ[15]」と述べている。

車両突入攻撃は、時としてアメリカ合衆国で行動を封鎖する抗議活動参加者に対処する手段として提唱されることがある。2016年の1月と6月に、2名の警官がそれぞれ、ブラック・ライヴズ・マター集会に関してそうしたアドバイスをツイートして解雇されたが、ブラック・ライヴズ・マターは車による突破を受けたことがある。ノースダコタ州議員であるキース・ケンペニックが、義母がダコタアクセスパイプラインの抗議活動参加者に止められた後、活動家を偶然はねてしまった運転手には民事免責を行うという法案を通過させようとして失敗し、テネシー州上院議員ビル・ケトロンもある男が反ドナルド・トランプグループをはねてしまった後に同じような法を作ろうとして失敗した[17]。2017年の白人至上主義者によるユナイト・ザ・ライト・ラリーでは反ファシズムの抗議活動をしていた者が車両突入攻撃で殺されたが、その後にFOXニュースやザ・デイリー・コーラーなどの保守派メディアはデモ隊を車で通り抜けるよう奨励するビデオを削除した[18]

予防策編集

 
イギリスロンドン英国議会があるウェストミンスター宮殿を守るため行われている防衛策。コンクリートの重いブロックは自動車爆弾や車両突入攻撃を防ぐためのものである。
 
2016年のドイツ統一の日ドレスデン市の中心部に設置されたコンクリートブロック。

2014年10月23日、アメリカ国立建築科学研究所は、「ボラードに関する事故及び攻撃に耐えるモデル建築デザインガイドライン」を改訂したが、これは「財物に対する破壊活動を計画・実施したり、テロを煽ったり、一般民間人、産業労働者、軍人などに死をもたらそうとするような」車両運転者から施設を守るため、専門家がボラードを設計する際の助けになるように作られたガイドラインである[19]アメリカ法曹協会もボラードを車両突入攻撃に対して効果のある防御法としてすすめている[20]

保安用ボラードは2007年のグラスゴー空港襲撃事件で被害・死傷者を最小限にとどめるのに役立ったとされている[21][22]。ボラードは2014年のアロン・シュヴット刺傷攻撃事件でも車両突入攻撃を防いでおり、攻撃を企んだ者はバス停留所で待っている歩行者をひき殺そうという計画が頓挫した後、車を捨ててナイフで人々に襲いかかった[23]。しかしながら、ベルリン警察署長であるクラウス・カントは、ボラードがあっても2016年ベルリンのクリスマスマーケットにおける襲撃事件は防げなかったかもしれず、必要な保安対策は「場合によって違い、複雑で、万能策はない」と述べている[24]

ミュンスターは2016年のベルリン襲撃事件などヨーロッパの各都市で車両突入攻撃が起こったため、対応策として公共スペースに保安ボラードを設置する計画を立てている[25]。守れるのは限られた場所だけだが、狭いカーブや幅がない道路も、障壁に到達する前に大きな車がスピードを出せないようにする効果がある[26]

インターネットに接続されたドライブ・バイ・ワイヤの車は遠隔でハッキングしてこうした攻撃に使える可能性がある。2015年にハッカーがジープを16キロメートル離れたところから遠隔でカージャックし、勝手に運転して溝に落とした[27][28]

主な乗物による突入攻撃編集

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

※年代順である。

テロリズム編集

テロの疑いがあるもの編集

テロ以外の攻撃編集

脚注編集

  1. ^ a b Department of Homeland Security-FBI Warning: Terrorist Use of Vehicle Ramming Tactics”. FBI and Department of Homeland Security. 2014年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月6日閲覧。
  2. ^ David C. Rapoport (2006). Terrorism: The fourth or religious wave. Taylor & Francis. pp. 150–. ISBN 978-0-415-31654-5. オリジナルの10 December 2014時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=E1_SxOuUHmIC&pg=PA150. 
  3. ^ Mass casualty traffic incidents like Endymion's are rare, but do happen”. New Orleans Times-Picayune (2017年2月27日). 2016年3月14日閲覧。
  4. ^ Amanda Erickson & Isaac Stanley-Becker, How ramming cars into crowds became a major terror tactic, Washington Post (March 22, 2017).
  5. ^ Keating, Joshua (2014年11月5日). “Why Terrorists Use Vehicles as Weapons”. Slate. http://www.slate.com/blogs/the_world_/2014/11/05/car_attack_in_jerusalem_why_are_terrorists_ramming_vehicles_into_crowds.html 2017年9月27日閲覧。 
  6. ^ Jamison, Alastair (2016年12月20日). “Truck Attacks: Low-Tech, Soft Target Terrorism Is Growing Threat”. NBC News. https://www.nbcnews.com/storyline/berlin-truck-attack/truck-attacks-low-tech-soft-target-terrorism-growing-threat-n609996 2017年9月27日閲覧。 
  7. ^ David Ormerod, John Cyril Smith & Brian Hogan, Smith and Hogan's Criminal Law (13th ed. 2011: Oxford University Press), p. 1138.
  8. ^ R.G. Smart, "Transport Related Stress" in Stress Consequences: Mental, Neuropsychological and Socioeconomic (ed. George Fink: Academic Press, 2009), p. 708.
  9. ^ Audi driver pleads guilty after video shows him mowing down man in road-rage incident in New Brunswick, Canadian Press (February 28, 2017).
  10. ^ Alan R. Felthouse, "Personal Violence" in The American Psychiatric Publishing Textbook of Forensic Psychiatry (2d ed.: eds. Robert I. Simon & Liza H. Gold), pp. 551-52.
  11. ^ a b Keating, Joshua (2014年11月5日). “Why Terrorists Use Vehicles as Weapons”. Slate. オリジナルの2014年11月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141106024619/http://www.slate.com/blogs/the_world_/2014/11/05/car_attack_in_jerusalem_why_are_terrorists_ramming_vehicles_into_crowds.html 2014年11月6日閲覧。 
  12. ^ Daly, Brian (2014年10月21日). “Lone wolf terrorists hard to stop”. QMI. Edmonton Sun. http://www.edmontonsun.com/2014/10/21/soldier-dead-after-radicalized-quebec-man-ran-him-down-with-a-car 2014年11月6日閲覧。 
  13. ^ a b c Siegel, Jacob (2014年10月24日). “Lone Wolves, Terrorist Runts, and the Stray Dogs of ISIS Why ISIS and al Qaeda rely on loners and losers to carry out their terrorist agenda in the West”. Daily Beast. オリジナルの2014年11月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141107133653/http://www.thedailybeast.com/articles/2014/10/24/in-canada-the-stray-dogs-of-isis.html 2014年11月7日閲覧。 
  14. ^ ISIS and Al Qaeda have specifically called for the type of attack that just happened in France”. 2019年1月4日閲覧。
  15. ^ a b c d Bajekal, Naina (2014年10月23日). “The Rise of the Lone Wolf Terrorist”. Time Magazine. オリジナルの2014年11月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141114150324/http://time.com/3533581/canada-ottawa-shooting-lone-wolf-terrorism/ 2014年11月6日閲覧。 
  16. ^ Mataconis, Doug (2014年10月23日). “The attack on Canada's Parliament and the 'lone wolf' terrorist”. Christian Science Monitor. オリジナルの2014年11月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141106160115/http://www.csmonitor.com/USA/DC-Decoder/Decoder-Voices/2014/1023/The-attack-on-Canada-s-Parliament-and-the-lone-wolf-terrorist 2014年11月6日閲覧。 
  17. ^ Grabar, Henry (2017年8月14日). “"Run Them Down"”. Slate.com. http://www.slate.com/articles/business/metropolis/2017/08/driving_into_crowds_of_protesters_was_a_right_wing_fantasy_long_before_charlottesville.html 
  18. ^ Kludt, Tom (2017年8月15日). “Fox News, Daily Caller delete posts encouraging people to drive through protests”. CNNMoney. 2017年8月16日閲覧。
  19. ^ Oakes, Charles (23 October 2014). “The Bollard: Crash- and Attack-Resistant Models”. Whole Building Design Guide, National Institute of Building Sciences. オリジナルの7 November 2014時点によるアーカイブ。. http://www.wbdg.org/resources/bollard_arm.php 2014年11月7日閲覧。. 
  20. ^ Ernest B. Abbott and Otto J. Hetzel, "Homeland Security Begins at Home: Local Planning and Regulatory Review to Improve Security", in Rufus Calhoun Young, Jr. and Dwight H. Merriam, A Legal Guide to Homeland Security and Emergency Management for State and Local Governments, American Bar Association, 2006
  21. ^ Garfield, Simon (2007年12月7日). “Terrorists are foiled at Glasgow airport”. The Guardian. オリジナルの2014年11月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141107174910/http://www.theguardian.com/theobserver/2007/dec/23/features.magazine327 2014年11月7日閲覧。 
  22. ^ “Glasgow airport ramps up use of bollards”. Glasgow Evening Times. (2008年12月22日). オリジナルの2014年11月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141107175646/http://www.securityinfowatch.com/news/10496575/glasgow-airport-ramps-up-use-of-bollards 2014年11月7日閲覧。 
  23. ^ Tait, Robert (2014年11月10日). “Israeli woman, 25, and soldier killed in twin stabbing attacks – Incidents happen hours apart, suggesting an escalation of recent violence”. The Daily Telegraph. オリジナルの2014年11月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141111025044/http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/middleeast/israel/11221592/Israeli-woman-25-and-soldier-killed-in-twin-stabbing-attacks.html 2014年11月11日閲覧。 
  24. ^ What can be done to prevent Berlin-style attacks in modern cities?”. The Guardian (2016年12月20日). 2017年1月22日閲覧。
  25. ^ “Do bollards offer protection against vehicle attacks?”. DW. (2018年3月8日). http://www.dw.com/en/do-bollards-offer-protection-against-vehicle-attacks/a-43300057 2018年4月8日閲覧。 
  26. ^ Desk, iHLS News (2017年1月9日). “Vehicle Ramming Attacks - Are There Any Security Measures? - iHLS”. 2019年1月4日閲覧。
  27. ^ Hackers Remotely Kill a Jeep on the Highway—With Me in It”. WIRED. 2017年1月22日閲覧。
  28. ^ Hackers take control of car, drive it into a ditch”. The Independent (2015年7月22日). 2017年1月22日閲覧。
  29. ^ 'Fatalities' after central London vehicle and stabbing attacks” (2017年6月4日). 2017年6月4日閲覧。
  30. ^ Man tries to drive car into crowd in front of French mosque, police say”. The Guardian (2017年6月29日). 2017年9月12日閲覧。
  31. ^ https://www.cnn.com/cnn/2017/08/17/europe/barcelona-las-ramblas-van-hits-crowd/index.html
  32. ^ Mueller, Benjamin (2017年10月31日). “At Least 6 Reported Dead as Truck Careens Down Bike Path in Manhattan”. New York Times. https://www.nytimes.com/2017/10/31/nyregion/police-shooting-lower-manhattan.html?_r=0 2017年10月31日閲覧。 
  33. ^ Man Charged in Hate Crime Attack Near Hancock Park Synagogue”. Los Angeles District Attorney (2018年11月27日). 2018年12月3日閲覧。
  34. ^ Bartko, Karen (2017年10月1日). “Edmonton terror attacks: Police officer stabbed, people struck by U-Haul”. Global News. https://globalnews.ca/news/3778722/edmonton-terror-attacks-police-stabbed-u-haul-rampage/ 2017年10月1日閲覧。 
  35. ^ Atropelou um grupo de foliões, Diario de Noticias (January 3, 1953)
  36. ^ Como um bolide, atropelou o bloco carnavalesco, Correio da Manhã (January 3, 1953)
  37. ^ Atirou o auto contra o bloco carnavalesco, Ultima Hora (January 3, 1953)
  38. ^ Atirou o automovel contra todo o bloco carnavalesco, O Jornal (January 4, 1953)
  39. ^ Atropelou o bloco carnavalesco, Diario da Tarde (January 6, 1953)
  40. ^ Atirou o automovel contra todo o bloco carnavalesco - Atropelou 28 pessoas- Quasi linchado, continuation, Pacotilha : O Globo (January 8, 1953)
  41. ^ Olga Hepnarová: The Truck-Driving Mass Murderess Of Czechoslovakia” (2016年5月12日). 2019年1月4日閲覧。
  42. ^ “Reno Woman Who Killed Six With Auto Sentenced to Die”. The New York Times. (1982年3月30日). https://www.nytimes.com/1982/03/30/us/reno-woman-who-killed-six-with-auto-sentenced-to-die.html 
  43. ^ 姚锦云与1982年天安门广场撞人事件”. news.sina.com.cn. 2019年1月4日閲覧。
  44. ^ 中國大案偵破紀實33;假斯文之「吳元松」” (中国語). 2019年1月4日閲覧。
  45. ^ “Amuro’s mother slain; brother-in-law suspected” (英語). The Japan Times. (1999年3月17日). https://www.japantimes.co.jp/news/1999/03/17/national/amuros-mother-slain-brother-in-law-suspected/#.W2tf_qQpCaM 2018年8月8日閲覧。 
  46. ^ 99年下関駅無差別殺傷、上部被告の死刑確定へ”. www.asahi.com. 朝日新聞 (2008年7月11日). 2019年1月4日閲覧。
  47. ^ 旅顺“飙车狂魔”杜喜文被判死刑”. news.sina.com.cn. 2019年1月4日閲覧。
  48. ^ 深圳“5-13”叉车案:凶手曾将经理脑壳砸破”. news.sina.com.cn. 2019年1月4日閲覧。
  49. ^ Lisa, Helgesson (2003年7月11日). “Mordåtal för vansinnesfärd i Gamla stan”. SVT. SVT. http://sverigesradio.se/sida/artikel.aspx?programid=83&artikel=259515 2018年2月20日閲覧。 
  50. ^ 平成17年(わ)第602号,第643号”. www.courts.go.jp. 2019年1月4日閲覧。
  51. ^ 加藤容疑者を殺人罪などで起訴 秋葉原無差別殺傷事件”. www.asahi.com. 朝日新聞 (2008年10月10日). 2019年1月4日閲覧。
  52. ^ 河南开车撞死拆迁人员行凶者刘大孬被核准死刑, (June 8, 2010)
  53. ^ 开混凝土搅拌车连环撞死5人 李成刚被执行死刑(图), (April 27, 2012) –“疯狂搅拌车”李成刚伏法 恶意驾车撞人罪被判死刑, (April 26, 2012) –目击者回忆长沙男子驾车撞人致5死事故过程, (April 27, 2011) –开车撞人泄愤致5死5伤 李成刚一审被判死刑, (August 04, 2011) –为泄愤驾车撞死5人 李成刚一审被判死刑, (August 5, 2011)
  54. ^ Chinese Man Stands Trial for Road Rampage that Killed 6, cri.cn (August 30, 2012) – 张家界恶意驾车致6死案开审 案犯还曾私藏枪支, Sina.com (August 30, 2012) – 张家界恶意驾车致6死案开审 案犯还曾私藏枪支, qq.com (August 30, 2012)
  55. ^ Gerber, Marisa. “Driver plowed into Venice boardwalk crowd 'in anger,' prosecutor says”. latimes.com. http://www.latimes.com/local/crime/la-me-venice-boardwalk-trial-20150501-story.html 2017年1月9日閲覧。 
  56. ^ “Sopot: wjechał w tłum ludzi na Monciaku. Sąd pozwolił mu wyjść na wolność”. PolskieRadio.pl. http://www.polskieradio.pl/5/3/Artykul/1749175,Sopot-wjechal-w-tlum-ludzi-na-Monciaku-Sad-pozwolil-mu-wyjsc-na-wolnosc 2017年7月1日閲覧。 
  57. ^ 山东潍坊越野车连撞多人致5死21伤(图), (Aug 20, 2015)
  58. ^ “Five cyclists dead and four seriously injured in hit-and-run incident” (英語). The Independent. (2016年6月8日). https://www.independent.co.uk/news/world/americas/kalamazoo-bike-accident-five-dead-pickup-truck-driver-cyclists-michigan-a7071166.html 2018年4月23日閲覧。 
  59. ^ Hartley-Parkinson, Richard (2016年10月16日). “Shocking video of moment driver deliberately knocks down pedestrians”. Metro (Metro.co.uk). http://metro.co.uk/2016/10/16/shocking-video-of-moment-driver-deliberately-knocks-down-pedestrians-6194737/ 2017年1月9日閲覧。 
  60. ^ “Venezuela: Graban en video a tanqueta atropellando a opositores”. El Comercio. (2017年5月3日). http://elcomercio.pe/mundo/latinoamerica/venezuela-graban-video-tanqueta-atropellando-opositores-noticia-1989008 2017年5月9日閲覧。 
  61. ^ “Camioneta del IVSS atropelló a una manifestante en Calabozo” (スペイン語). El Nacional. (2017年5月9日). http://www.el-nacional.com/noticias/protestas/camioneta-del-ivss-atropello-una-manifestante-calabozo_181319 
  62. ^ “Tanqueta de la GNB intentó arrollar a un estudiante de la Unimet” (スペイン語). El Nacional. (2017年7月18日). http://www.el-nacional.com/noticias/protestas/tanqueta-gnb-intento-arrollar-estudiante-unimet_193932 2017年7月19日閲覧。 
  63. ^ “Asesinaron a miembro de la Cruz Verde durante protesta en Maracaibo” (スペイン語). El Nacional. (2017年5月18日). http://www.el-nacional.com/noticias/oposicion/asesinaron-miembro-cruz-verde-durante-protesta-maracaibo_182998 2017年5月19日閲覧。 
  64. ^ “Reportan 1 herido por arrollamiento en la avenida Francisco de Miranda” (スペイン語). El Nacional. (2017年5月20日). http://www.el-nacional.com/noticias/oposicion/reportan-herido-por-arrollamiento-avenida-francisco-miranda_183385 2017年5月21日閲覧。 
  65. ^ Melbourne car attack: Bourke Street death toll reaches five after three-month-old baby dies”. ABC (2017年1月22日). 2019年1月4日閲覧。
  66. ^ CNN, Ray Sanchez. “Car barrels into pedestrians in New York's Times Square”. CNN. 2017年5月19日閲覧。
  67. ^ “German man, 73, dies after car driven into pedestrians in Heidelberg”. (2017年2月25日). https://www.theguardian.com/world/2017/feb/25/man-drives-car-into-three-people-in-heidelberg-square 
  68. ^ One dead, two injured in Heidelberg car attack” (2017年2月25日). 2017年6月4日閲覧。
  69. ^ Bischoff, Katrin. “Überfahrene Polizisten: So verlief die Todesfahrt von Müllrose”. 2019年1月4日閲覧。
  70. ^ Man in Antwerp, Belgium, Tries to Drive Into Crowd”. New York Times. 2017年4月12日閲覧。
  71. ^ Videos muestran vehículo que arrolló a estudiantes en calzada San Juan”. PrensaLibre.com. 2017年8月18日閲覧。
  72. ^ Whitehurst, Lindsay (2017年6月9日). “Police: Driver stopped when she saw argument before shooting”. Fox News. Associated Press. http://www.foxnews.com/us/2017/06/09/police-driver-stopped-when-saw-argument-before-shooting.html 2017年6月20日閲覧。 
  73. ^ Four dead, nine injured in east China hit-and-run, Xinhua (July 8, 2017) Suspect identified as policeman in east China hit-and-run, Xinhua (July 8, 2017) 江苏靖江致4死9伤的交通事故肇事者系警察, Xinhua (July 8, 2017) 江苏靖江交通肇事案已致4人死亡 嫌犯为57岁民警, Xinhua (July 9, 2017)
  74. ^ Helsingin perjantaista yliajoa tutkitaan tappona – Ajoi välittämättä siitä jääkö joku alle” (フィンランド語). Yle (2017年7月29日). 2017年7月29日閲覧。
  75. ^ Friday's papers: New car attack, rail strike reactions, summer storm coming” (英語). Yle (2017年8月11日). 2017年8月11日閲覧。
  76. ^ Vandoorne, Saskya; Cullinane, Susannah (2017年8月15日). “French pizzeria rammed by car; one dead”. http://edition.cnn.com/2017/08/14/europe/paris-pizzeria-crash/index.html 2017年8月21日閲覧。 
  77. ^ Woman charged over deadly brawl” (2017年12月7日). 2019年1月4日閲覧。
  78. ^ Man charged after two pedestrians hit by car” (2018年2月18日). 2019年1月4日閲覧。
  79. ^ Zeitung, Münstersche. “Drei Menschen kamen zu Tode, einer davon war der Fahrer”. 2019年1月4日閲覧。
  80. ^ “640 Toronto on Twitter” (英語). Twitter. https://twitter.com/am640/status/988612214620934144 2018年4月23日閲覧。 
  81. ^ Darrah, Nicole (2018年5月21日). “NC man accused of ramming car into restaurant, killing 2 family members, faces judge” (英語). Fox News. 2019年1月4日閲覧。
  82. ^ 報復社會? 煙台叉車司機撞人被擊斃 - ☀阿波羅新聞網”. hk.aboluowang.com. 2019年1月4日閲覧。
  83. ^ Six killed in Liuzhou knife attack , China Daily (August 21, 2018) ) – Suspect arrested over stabbing rampage that leaves six dead and 12 wounded in southern China, South China Morning Post (August 22, 2018)
  84. ^ Three dead, 15 injured after knife attack in China, The Straits Times (October 7, 2018)
  85. ^ Romania: 10 injured after suspect stabs, drives into people”. Star Tribune. 2019年1月4日閲覧。
  86. ^ Fatal car crash that killed five children and injured 18 outside Chinese primary school was deliberate, police say, South China Morning Post (November 23, 2018) Driver who struck China children chose 'random' target, France 24 (November 23, 2018) 辽宁冲撞学生事件已致6死 葫芦岛检方介入调查, Sina Corp
  87. ^ 原宿・竹下通りで車暴走、9人負傷 容疑者の男を逮捕” (日本語). CNN.co.jp. 2019年1月4日閲覧。

外部リンク編集