乙女の祈り (バダジェフスカの曲)

乙女の祈り」(おとめのいのり、ポーランド語の原タイトルはModlitwa dziewicy第4番、フランス語ではLa prière d'une vierge)はポーランドの作曲家、テクラ・バダジェフスカ (1834あるいは1838–1861) の作品である。

A Maiden's Prayer.mid "A Maiden's Prayer"[ヘルプ/ファイル],
MIDI乙女の祈り の伴奏をここからダウンロードして視聴する事が出来ます。3分05秒 13KB

原曲編集

「乙女の祈り」は1856年にワルシャワ[1]、続いて1859年にRevue et gazette musicale de Parisの付録としてパリ発表された[2][3][4]。世界各国の80以上の出版者から刊行され、幅広く人気を博したが、「芸術的価値はない」と評されている[4]。中級のピアノ奏者向けで、中程度の難易度の短いピアノ曲である。 魅力的でロマンチックなメロディーが好まれている一方で、感傷的なサロンふうの駄作と言われることもある。 ピアニストで学者のアーサー・レッサーは「愚かな時代遅れの曲[5]」と評している。

続編として、同じ作曲家により「かなえられた祈り(「乙女の祈り」への答え)」が作曲された。

カントリーミュージック編集

アメリカの音楽家ボブ・ウィルズはニューメキシコ州のロイにある理髪店にいる時にフィドルで「乙女の祈り」を演奏しているのを聴き、その曲をウェスタンスウィング風に編曲した[6]。ウィルズはまず、1935年に器楽曲としてそれを公表し(ヴォーカリオンレコーズ03924、1938年に発表)、すぐにウィルズの定番曲になった[7][8]。後に、バック・オーウェンスの1965年のナンバーワンアルバムI've Got a Tiger By the Tailをはじめとして、多くのカントリーアーティストが演奏するスタンダードな楽曲になった[9]。今でもウェスタンスウィングのバンドのレパートリーの定番である。

ウィルズは「乙女の祈り」の歌詞を書き、1941年にトミー・ダンカンのボーカルで再録音された(オーケー・レコーズ06205)[10]。歌詞はタイトルを反映している。ボーカルのある「乙女の祈り」をカバーしたカントリーシンガーは比較的少ないが、レイ・プライスのトリビュート・アルバム San Antonio Rose (1962)[11]ウィリー・ネルソンのアルバムRed Headed Stranger(2000年のCD再発行版収録、1975年のLPには未収録)」に収録されている[12]。どちらの歌手もウィルズが書いた歌詞を若干変更して使用した。エヴァリー・ブラザースも1973年に録音している[13]

ウィルズは1963年のアルバムBob Wills Sings and Playsで3回めの録音を行っている[14]。彼が1970年にナッシュヴィルの作曲者の殿堂入りした時、「乙女の祈り」が作品のひとつとして言及された。

その他のメディア編集

欧米
  • おそらく、「乙女の祈り」を使用したものでもよく言及されるのは1930年にクルト・ヴァイルベルトルト・ブレヒトが作った音楽劇『マハゴニー市の興亡』である。第1幕の途中で登場し、売春婦やその客がよく訪れる安酒場で、調子外れなピアノで演奏される[15]。ヤーコプ・シュミットはマハゴニーの住人の1人であるが、この歌が「永遠の芸術」だと言った。
  • リチャード・ロジャースとロレンツ・ハートの人気曲"It Never Entered My Mind"は最後から二番目のメロディーにこの歌を用いた。
アジア
  • 「乙女の祈り」は台湾のごみ収集車で使用されている。住民たちが自分のごみを出さなければならない時に、ごみ収集車が「乙女の祈り」のメロディーで全員に呼びかける合図をする[18]

文学編集

  • 「乙女の祈り」はメアリー・ウィルキンズ・フリーマンの怪談The Wind in the Rose-Bush (1903年出版)において、気味の悪い場面で使われている。主人公が空き家のように見える家からピアノを弾く音で目が覚め、階段を下りて急いでピアノを弾いているのは誰か見ようとするが、そこには誰もいないということが分かる。

引用編集

  1. ^ https://polona.pl/item/la-priere-d-une-vierge,MTAxMDM3MzM2/1/#info:metadata
  2. ^ Revue et gazette musicale de Paris 1858(本誌との合本)
  3. ^ La prière d'une vierge : pour piano (supplément à la Revue et gazette musicale, Septembre 1858) / composée par T. Badarzewska - 1858(付録ページのみ)
  4. ^ a b Zofia Chechlińska, "Bądarzewska-Baranowska, Tekla", Grove Music Online
  5. ^ Arthur Loesser (2012). Men, Women and Pianos: A Social History. Courier Corporation. p. 507 
  6. ^ McWhorter, Cowboy Fiddler, pp. 59–60.
  7. ^ Praguefrank's Country Music Discographies: Bob Wills – part II Retrieved 2 January 2012
  8. ^ Allmusic "Maiden's Prayer" Bob Wills with music sample Retrieved 1 January 2012
  9. ^ Allmusic I've Got a Tiger by the Tail Buck Owens Review with chart and music sample Retrieved 1 January 2012
  10. ^ Allmusic "A Maiden's Prayer" Bob Wills with music sample Retrieved 1 January 2012
  11. ^ Allmusic San Antonio Rose Ray Price Review with music sample Retrieved 1 January 2012
  12. ^ Allmusic Red Headed Stranger Willie Nelson Review with chart and music sample Retrieved 1 January 2012
  13. ^ The Everly Brothers, The Masters, Eagle Records, 1997
  14. ^ Praguefrank's Country Music Discographies: Bob Wills – part II Retrieved 2 January 2012
  15. ^ Stephen Hinton (2012). Weill's Musical Theater: Stages of Reform. University of California Press. p. 492 
  16. ^ 珍満軒/studio woofoo (2009年6月29日). “歩行者信号から流れるメロディー、いくつ知ってます?”. エキサイト. 2018年1月31日閲覧。
  17. ^ 例として川崎市では、昭和60年までごみ収集車のオルゴール曲が「乙女の祈り」でそれ以降は「好きです かわさき 愛のまち」に変更されている。環境情報 No.486
  18. ^ "'A Maiden's Prayer': A call to dump all our garbage" Archived 2011-08-11 at the Wayback Machine. by Leo Maliksi (7 October 2008)

参考文献編集

  • McWhorter, Frankie. Cowboy Fiddler in Bob Wills' Band. University of North Texas Press, 1997. 1-57441-025-3
  • Mishler, Craig. The Crooked Stovepipe: Athapaskan Fiddle Music and Square Dancing in Northeast Alaska and Northwest Canada. University of Illinois Press, 1993. 0-252-01996-2