メインメニューを開く

乙支路(ウルチロ)は、大韓民国ソウル特別市中区に位置する道路で、ソウル特別市庁と東大門歴史文化公園(旧 東大門運動場)を連結する道路である。

乙支路
各種表記
ハングル 을지로
漢字 乙支路
発音 ウルチロ
日本語読み: いつしろ
英語 Eulji-ro

なお、同名の法定洞は「乙支路 (法定洞)」を、同名を冠した行政洞は「乙支路洞」を参照すること。

目次

概要編集

名称は高句麗の将軍である乙支文徳の名前に由来する。この道路の下をソウル交通公社2号線が通る。中区庁を中心とするソウルの代表的なオフィス街で、椅子などの家具専門店でもよく知られている。

日本統治時代、ソウルが京城であった時代には「黄金町」と呼ばれる日本人街であった。1912年12月6日、乙支路で電車運行が開始される[1]

交通編集

脚注編集