乙羽 映見(おとはね えみ、7月27日[1] - )は、元宝塚歌劇団花組の娘役。

大分県大分市[1]市立碩田中学校出身[1]。身長165cm[1]。血液型A型[2]。愛称は「Emi」、「えみちぃ」[1]

来歴編集

2008年、宝塚音楽学校入学。

2010年、宝塚歌劇団に96期生として入団。入団時の成績は5番。月組公演「THE SCARLET PIMPERNEL」で初舞台[1]。その後、花組に配属。

2019年11月24日、明日海りお退団公演となる「A Fairy Tale/シャルム!」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[3]

人物編集

学生時代は陸上部に所属し、短距離走とハードルをしていた[2]

宝塚初観劇は2001年月組全国ツアー公演「大海賊ジャズマニア[2]。男役と娘役の華やかさ、綺麗さに圧倒され、自分もこの煌びやかな舞台に立ちたいと思い、音楽学校受験を決意した[2]

宝塚歌劇団時代の主な舞台編集

初舞台編集

花組時代編集

出演イベント編集

  • 2013年6〜7月、『宝塚巴里祭2013-La Chanson de Paris 99-』
  • 2016年9月、轟悠ディナーショー『Prelude of Yū』
  • 2019年5月、鳳月杏ディナーショー『NEXT ONE』

宝塚歌劇団退団後の主な活動編集

TV出演編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、25頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d 『To The Future/宝塚GRAPH 2014年3月号』 阪急コミュニケーションズ、2014年、101頁
  3. ^ a b 宝塚花組 芽吹幸奈、城妃美伶らの退団を発表”. デイリースポーツ. 2019年8月28日閲覧。
  4. ^ 体調不良により宝塚大劇場のみ全日程休演。新人公演代役は雛リリカが、エトワール代役は仙名彩世が務めた。

外部リンク編集