乙黒拓斗

日本のレスリング選手 (1998-)

乙黒 拓斗(おとぐろ たくと、1998年12月13日 - )は、日本レスリング(フリースタイル65kg級)選手。山梨県笛吹市出身[2]山梨学院大学卒業。自衛隊体育学校所属の自衛官[3](2021年8月現在の階級は2等陸曹[4])。2021年開催の東京オリンピック レスリング男子フリースタイル65kg級 金メダリスト[5]。兄は同じ自衛隊所属のレスリング選手である乙黒圭祐[6]

乙黒 拓斗
個人情報
フルネームおとぐろ たくと
国籍日本の旗 日本
生誕 (1998-12-13) 1998年12月13日(23歳)
山梨県の旗山梨県笛吹市
身長173 cm (5 ft 8 in) [1]
家族乙黒圭祐(兄)
スポーツ
競技レスリング
クラブ自衛隊体育学校
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 レスリング・フリースタイル
オリンピック
2020 東京 65kg級
世界選手権
2018 ブダペスト 65kg級
アジア選手権
2020 ニューデリー 65kg級
2021 アルマトイ 65kg級
世界カデット選手権
2015 サラエボ 54kg級
2013 ズレニャニン 46kg級

来歴編集

父親の影響で兄がレスリングを始めると、その後に自らも続いた。笛吹市立石和南小学校時代は所属先の山梨ジュニアレスリングクラブのみならず、実家でも父親の指導で夜遅くまで練習に取り組んでいた。小学校5年の時からは山梨学院大学レスリング部でも練習を行うようになった[6][7]

また東京GOLDKIDレスリングクラブに所属し、全国少年少女レスリング大会に3度優勝、地方大会でも優勝し実績を積む。

上京して東京都北区立稲付中学校へ入学すると、兄に続いてJOCエリートアカデミーに入校した[6]。中学時代は全国中学選抜選手権47kg級2連覇、世界カデット選手権46kg級で3位になった。また、3年の時からジュニアオリンピックカデットの部を3連覇した[1]

帝京高校時代はインターハイで3階級制覇(50kg級、55kg級、60kg級)を達成すると、全国高校選抜大会でも2連覇を果たした[1]。2年の時には世界カデット選手権54kg級で優勝した[1]。3年の時にはジュニアオリンピックジュニアの部で優勝した[1]

2017年に山梨学院大学へ進学した[1]。2年の時には全日本選抜選手権65kg級で優勝すると、その後のプレーオフを制して、70kg級の兄とともに世界選手権代表に選ばれた[1]。世界選手権では準々決勝までの3試合をテクニカルフォール勝ちすると、準決勝でロシアのアフメド・チャカエフを15-10、決勝ではアジア大会優勝者であるインドのバジュニーシュ・バジュランを16-9で破って、1974年に20歳6か月で世界選手権を制した大学の監督の高田裕司を超える日本の男子選手史上最年少の19歳10か月で優勝を飾った。試合後には、「東京五輪までに世界選手権で優勝するという目標を達成できたことはうれしい」と語った。一方、高田は教え子の乙黒について、「彼のレスリングは異次元。投げられた時にも猫みたいに回転するのは天性で、平成の怪物」と称賛した[8][9]。また、日本レスリング協会の強化本部長である西口茂樹や強化副本部長の赤石光生によれば、乙黒は左右どちらの構えでも臨機応変に対応でき、昔のように最初から飛ばしまくるレスリングを展開できるという[10]全日本レスリング選手権大会では初優勝を飾って天皇杯を受賞した[11]

2019年6月の全日本選抜選手権決勝でリオデジャネイロオリンピック57kg級銀メダリストの樋口黎に5-15のテクニカルフォール負けを喫した。シニア大会では棄権負けを除き初めての敗戦となった。これにより、今大会で勝った樋口とプレーオフで世界選手権代表を争うことになった[12]。7月のプレーオフでは樋口を5-0で破って世界選手権代表に選ばれた[13]。9月の世界選手権では3回戦でロシアの選手に敗れると、その後の3位決定戦でも敗れて5位に終わった[14]。しかし12月の全日本選手権で優勝したため、東京オリンピック代表に決まった[15]

2020年2月のアジア選手権では決勝で地元インドのバジュランを破って優勝した[16]。3月には74㎏級のプレーオフで兄が勝利したことにより、兄弟での東京オリンピック出場が決まった[17]

2021年3月に山梨学院大学を卒業し、兄と同じ自衛隊体育学校所属の自衛官となった[3]新型コロナウイルス感染症の世界的流行の影響で1年遅れて開催された8月の東京オリンピックでは、準決勝で世界ランキング1位であるロシアオリンピック委員会のガジムラド・ラシドフを3-2で破ると、決勝ではアゼルバイジャンのハジ・アリエフを5-4で破って金メダルを獲得した[18]

2021年、紫綬褒章受章[19]

東京オリンピック レスリング 男子フリースタイル65kg級において金メダルを獲得した功績をたたえ、2021年12月15日、山梨県笛吹市の笛吹市役所市民窓口館前に記念のゴールドポスト(第29号)が設置された[20](ゴールドポストプロジェクト[21])。

主な戦績編集

  • 2012年 - 全国中学生選手権フリースタイル 優勝(42kg級)
  • 2012年 - 全国中学選抜選手権 優勝(47kg級)
  • 2013年 - ジュニアオリンピック カデットの部 優勝(46kg級)
  • 2013年 - 世界カデット選手権 3位(46kg級)
  • 2013年 - 全国中学選抜選手権 優勝(47kg級)
  • 2014年 - ジュニアオリンピック カデットの部 優勝(50kg級)
  • 2014年 - アジアカデット 優勝(50kg級)
  • 2014年 - インターハイ 優勝(50kg級)
  • 2015年 - 全国高校選抜大会 優勝(55kg級)
  • 2015年 - ジュニアオリンピック カデットの部 優勝(54kg級)
  • 2015年 - インターハイ 優勝(55kg級)
  • 2015年 - 世界カデット選手権 優勝(54kg級)
  • 2015年 - 国体 少年の部 優勝(60kg級)
  • 2015年 - ブバイサ・サイキエフ国際大会 3位(58kg級)
  • 2016年 - 全国高校選抜大会 優勝(60kg級)
  • 2016年 - ジュニアオリンピック ジュニアの部 優勝(60kg級)
  • 2016年 - インターハイ 優勝(60kg級)
  • 2017年 - 国体 成年の部 優勝(61kg級)
  • 2017年 - 全日本選手権 5位(65kg級)
  • 2018年 - 全日本選抜選手権 優勝(65kg級)
  • 2018年 - 世界選手権 優勝
  • 2018年 - 全日本レスリング選手権大会 優勝 天皇杯受賞
  • 2019年 - 全日本選抜選手権 2位
  • 2019年 - 世界選手権 5位
  • 2019年 - 全日本選手権 優勝
  • 2020年 - アジア選手権 優勝
  • 2021年 - 東京オリンピック 優勝

(出典[1])

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h JWF WRESTLERS DATABASE : 日本レスリング協会選手&大会データベース 乙黒拓斗 2021年8月現在。
  2. ^ 五輪=乙黒拓斗が金メダル、レスリング男子フリー65キロ級 ロイター 2021年8月7日
  3. ^ a b 日本テレビ. “レスリング乙黒 兄と同じ自衛隊体育学校へ|日テレNEWS24” (日本語). 日テレNEWS24. 2021年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月6日閲覧。
  4. ^ 防衛省・自衛隊 [@ModJapan_jp] (2021年8月6日). "【速報:競技結果】#レスリング #フリースタイル65kg級 #乙黒拓斗 2等陸曹 準決勝突破✨ 2回戦、準決勝と2019世界選手権の雪辱を晴らしました✨ この勝利で銀メダル以上を確定させました❗️ 明日、決勝戦です🤼‍♂️ 引き続き、応援よろしくお願いいたします🇯🇵" (ツイート). Twitterより2021年8月6日閲覧
  5. ^ 山梨県笛吹市に乙黒選手「金」記念ゴールドポスト”. 産経ニュース (2021年12月15日). 2021年12月15日閲覧。
  6. ^ a b c 【レスリング】山梨学院大・乙黒兄弟、世界一へ!兄・圭祐パワーアップ&弟・拓斗低空タックル スポーツ報知 2018年10月23日
  7. ^ 兄弟でレスリング日本代表 乙黒圭祐&拓斗 8畳の手作り道場で父と強さ磨いた6年 スポーツニッポン 2018年12月12日
  8. ^ 19歳乙黒拓が最年少V!高田裕司超え レスリング 日刊スポーツ 2018年10月23日
  9. ^ 【レスリング世界選手権】快挙19歳! 乙黒拓斗が日本男子史上最年少の金=フリースタイル65キロ級 東京スポーツ 2018年10月23日
  10. ^ 【新春対談】東京オリンピック前年! 勝負をかける年へ向けて…対談/西口茂樹・強化本部長&赤石光生・強化副本部長(2) 公益財団法人日本レスリング協会 2019年1月3日
  11. ^ 伊調、川井梨破り優勝=土性は8年連続V-全日本レスリング 時事通信 2018年12月23日
  12. ^ 世界王者・乙黒拓斗敗れる…世界選手権切符獲得へ「次は絶対に勝ちます」 時事通信 2019年6月16日
  13. ^ 乙黒拓斗が全日本選抜の雪辱を果たし、涙の2年連続切符「立ち直れないくらいきつかった」 スポーツ報知 2019年7月6日
  14. ^ 土性・乙黒、ともに3位決定戦で敗れる 世界レスリング 日本経済新聞 2019年9月20日
  15. ^ 乙黒拓斗が五輪決め雄叫び 相手“変身”にも動じず 日刊スポーツ 2019年12月22日
  16. ^ 乙黒拓斗、65キロ級制す レスリング・アジア選手権 時事通信 2020年2月22日
  17. ^ レスリング 乙黒圭祐が五輪代表 弟・拓斗との“兄弟五輪” 女子68キロ級は土性 スポーツニッポン 2020年3月5日
  18. ^ レスリング・乙黒拓斗 日本の若きエースが金メダル! 男子フリースタイル65キロ級 スポーツニッポン 2020年8月7日
  19. ^ 『官報』第250号、令和3年11月4日
  20. ^ 山梨県笛吹市に乙黒選手「金」記念ゴールドポスト”. 産経ニュース (2021年12月15日). 2021年12月15日閲覧。
  21. ^ ゴールドポストプロジェクト”. 首相官邸. 2022年6月9日閲覧。

外部リンク編集

  • 乙黒拓斗 - International Wrestling Database (英語)