メインメニューを開く

九十九本目の生娘』(きゅうじゅうきゅうほんめのきむすめ)は、1959年(昭和34年)9月12日新東宝が製作公開した日本映画モノクロ、83分、新東宝スコープ。

九十九本目の生娘
監督 曲谷守平
脚本 高久進
藤島二郎
原作 大河内常平
製作 大蔵貢
音楽 松村禎三
井内久
撮影 岡戸嘉外
製作会社 新東宝
配給 新東宝
公開 1959年9月12日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

岩手県北上川上流の白山村。十年に一度行われる火づくり祭には秘密があったのだ。それは祭の際、名刀・舞草太郎国永を鍛えるのに生娘の生き血を必要としていたのだ。九十九回目の祭となる今回、警察署長の娘に白羽の矢が立ち、誘拐されてしまう。そして警官隊と村の住民による戦いが始まった。

解説編集

草深い山村に色濃く残る因習を背景に、警官隊大捜査網の活躍を描く探偵映画。「ハンサム・タワーズ」として新東宝が売り出した二枚目俳優菅原文太を主演に、「グラマーNO.1」女優三原葉子を助演に添えた異色活劇編である。また本作は、『Gメン'75』や『マジンガーZ』、『スーパー戦隊シリーズ』などのテレビ番組で知られる脚本家、高久進のデビュー作である。

公開当時、各劇場には本作の「宣伝ポイント」として、

  • 「妖気漂う異色活劇編です。然し、単なる活劇的な売り方ではなく、観客の猟奇探偵趣味をも誘うように謳って頂きます。」
  • 「九十九本目の妖刀にまつわる奇怪な事件、つまり娘の神隠し、生娘の生き血で刀剣の焼き入れをする舞草鍛冶の奇風、山奥深く無残に捨てられた女の白骨部、それに血の祭『火づくり様』等を、妖しい雰囲気で謳って頂き、これに警察官の必死の捜査ぶりを併せて売って頂きます。」
  • ハンサム・タワーズの菅原、グラマーNO.1の三原の顔合わせを大きく売って頂きます。さらに矢代、松浦、沼田の競演に加えて芝田、国方、五月、九重、中村という興味ある異色キャストを売って下さい。」
  • 「新鋭探偵作家大河内常平の原作を『海女の化け物屋敷』で怪奇映画の腕を認められた、俊英曲谷守平が監督した作品であることを謳って下さい。」

との説明文が配られた。「宣伝文案」のなかには、「注目の新星菅原文太颯爽登場! 猟奇渦巻く新東宝の異色活劇巨編!」との文言もあり、「ハンサム・タワーズ」のひとり菅原文太を強く推す内容となっている。

スタッフ編集

  • 製作:大蔵貢
  • 企画:島村達芳
  • 原作:大河内常平『九十九本の妖刀』(探偵実話所載・講談社刊)
  • 監督:曲谷守平
  • 脚本:高久進、藤島二郎
  • 撮影:岡戸嘉外
  • 照明:小山正治
  • 録音:村山絢二
  • 美術:宇寿山武夫
  • スチール:花沢正治
  • 助監督:橋田寿久年
  • 製作就任:川田信義
  • 音楽:井内久

キャスト編集

  • 菅原文太 - 阿部政之
  • 中村虎彦 - 及川忠太夫
  • 矢代京子 - 及川加奈子
  • 沼田曜一 - 弓削部宗晴
  • 三原葉子 - 鈴木三恵子
  • 水上恵子 - 津川花代
  • 松浦浪路 - あざみ
  • 五月藤江 - 老婆
  • 芝田新 - 舞草族の長
  • 国方伝 - 五郎丸
  • 九重京司 - 高津秀隆
  • 中西博樹 - 警察医・佐藤
  • 松方信 - 副長
  • 岡竜弘 - 鑑識主任・三田
  • 倉橋宏明 - 捜査本部長・富岡
  • 国創典 - 水沢所次長・殿村
  • 石川冷 - 浜田刑事
  • 山川朔太郎 - 奈良崎巡査
  • 鈴木信二 - 藤倉
  • 由木城太郎 - 今野
  • 小森敏 - 源三
  • 宇田勝哉 - 平作
  • 万代裕子 - 及川の妻
  • 藤川洋子 - 炭焼き女

映像ソフト化編集

  • 1980年代に日本映像株式会社からビデオが発売された(品番:NH-001)。一部シーンや音声がカット処理されている[1]
  • その後ビデオは一切再発売されておらず、2015年現在までDVD・BD化等は行われていない。
  • 2004年3月20日発売のDVD-BOX「新東宝映画傑作選DVD LIMITED BOX~BIZARRE&GLAMOROUS COLLECTION~」の特典ディスクに、他の新東宝映画の予告編と共に本作の予告編も収録されている。

脚注編集

  1. ^ 天野ミチヒロ「第五章 劇場用&ビデオ用映画 九十九本目の生娘」『放送禁止映像大全』三才ブックス、2005年7月1日、ISBN 4-86199-004-1、177頁。

参考文献編集

  • 『幻の怪談映画を追って』(洋泉社)

外部リンク編集