九州アジアリーグ

九州アジアリーグ(きゅうしゅうアジアリーグ)は、九州を活動地域とする日本プロ野球独立リーグ2021年より公式戦を実施している。一般社団法人九州アジアプロ野球機構(Baseball Fedaration Kyusyu、略称:BFK)により運営される[1]。略称はKAL

九州アジアリーグ
競技野球
代表理事徳丸哲史
開始年2021年
参加チーム3
日本の旗 日本
前回優勝火の国サラマンダーズ
最多優勝火の国サラマンダーズ(2回)
公式サイト一般社団法人 九州アジアプロ野球機構
九州アジアプロ野球機構
設立 2020年11月
設立者 田中敏弘
法的地位 一般社団法人
目的 野球独立リーグの運営
本部 日本の旗 日本 熊本県熊本市東区御領8-4-83
代表理事 徳丸哲史
加盟 日本独立リーグ野球機構
テンプレートを表示

リーグ名称については発足発表当時「九州独立プロ野球リーグ」と報じられ[2]、その後運営団体が「九州アジアプロ野球機構」と改名した後にリーグの公式Twitterや上位組織である日本独立リーグ野球機構は「九州アジアプロ野球リーグ」と記載していた(下記参照)。さらにその後、2021年3月9日に「九州アジアリーグ」(略称:KAL)にリーグ呼称を統一すると発表した[3]

2021年9月からは、ヤマエ久野との命名権契約による「ヤマエ久野 九州アジアリーグ」の名称を使用している[4]

概要編集

史上初の、九州を本拠として運営されるプロ野球独立リーグ(2008年から2010年までの間、四国・九州アイランドリーグ〈現・四国アイランドリーグplus〉福岡レッドワーブラーズ長崎セインツが加盟していたが、同リーグの事務局は当時より香川県高松市にあった)[2]。開幕戦は2021年3月20日の予定だったが[2]、天候不良により当日の試合は中止となり[5]、翌21日の試合も同様となった[6]。3月27日の佐伯総合運動公園佐伯野球場(佐伯中央病院スタジアム)での大分主催試合が初の公式戦となった[7]

発足発表当時より日本独立リーグ野球機構(IPBL)への加盟を表明し、2021年2月25日に正式に加盟が承認された[8]。同機構加盟リーグの優勝チームによるグランドチャンピオンシップへの参加も計画しており[9][10]、シリーズが再開される2022年の参加が発表されている[11]。球団数については具体的な拡張構想があることを明言している(詳細後述)。

リーグ名称の「アジア」に関しては、初代リーグ代表理事の田中敏弘は2020年11月の記者会見で、東アジアの4つの国と地域(大韓民国中華人民共和国台湾フィリピン)の野球リーグとの「アジアリーグ」創設に向けた調査を実施中とコメントした[12]

沿革編集

設立まで編集

社会人野球チーム熊本ゴールデンラークスのGMを務めていた田中敏弘は、社会人野球チームが抱える「活動を拡大するほど経費を要する」という現状に疑問を抱き、チームをプロ化するための準備会社を2019年11月に設立した[13][14]

田中は、2020年1月の日経産業新聞記事において、2021年からのチームのプロ化と独立リーグへの参加構想を明らかにした[13]。この時点では、ソフトバンク三軍や他に「最低でも2球団」を募った上での独自のリーグ設立を理想としながら、困難であれば四国アイランドリーグplusへの加入も想定するとしていた[13]

同年8月、熊本日日新聞が2021年から熊本・大分2県のチームによるリーグ戦とソフトバンク三軍や四国ILとの交流戦で1チームあたり年間60試合を実施するとの旨の具体的なリーグ構想を報じ[14]、翌9月以降、球団やリーグの設立などについての公式発表が相次いでなされた。

2020年編集

  • 9月11日 - 熊本球団運営会社「KPB Project」の設立会見が開かれ、新リーグへの参加と球団名の公募が発表される[15]
  • 9月27日 - 大分球団の設立総会が開かれ、球団名を「大分B-リングス」に決定。
  • 10月17日 - 熊本球団の名称が「火の国サラマンダーズ」に決定[16]
  • 11月4日 - リーグの運営団体となる「九州独立プロ野球機構」の設立会見が開かれる[2]。リーグ名が「九州独立プロ野球リーグ」となることも報じられた[2]
  • 11月7日 - 人吉市で合同トライアウトを実施、43人が参加[17]。10日に合格者(火の国サラマンダーズ9人、大分B-リングス10人)を発表した[18]
  • 12月1日 - 大分の監督に、元NPBの広田浩章が就任することを発表[19]
  • 12月8日 - 火の国の監督に、元NPBの細川亨が就任することを発表[20]

2021年編集

  • 1月19日 - リーグ運営団体の名称を「九州アジアプロ野球機構」に変更したことを発表[1](のちにリーグ名も「九州アジアプロ野球リーグ」となった[8][21])。また、翌日には本部所在地を福岡県福岡市博多区に移転し、従来の本部所在地は「熊本支部」に変更したことも明らかにした[22]
  • 2月4日 - 当年度シーズンの開催日程を発表[23]
  • 3月9日 - リーグの呼称を「九州アジアリーグ」(略称KAL)に統一し、リーグのロゴを制定したと発表[3]
  • 3月20日 - 予定されていた開幕戦の火の国(熊本)対大分(リプワーク藤崎台球場)が天候不良により中止となる[24][25]。開幕セレモニーは実施され、熊本市出身の水前寺清子が国歌斉唱のほかに持ち歌である「三百六十五歩のマーチ」を歌唱した[24][25]
  • 3月27日 - 開幕となる初の公式戦を佐伯中央病院スタジアムで開催(3対2で火の国が勝利)[7]
  • 5月13日 - 5月21日に予定されている火の国と愛媛マンダリンパイレーツとの交流戦を無観客開催とすることを発表[26]
  • 5月17日 - 熊本県での新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置適用決定を受け、6月4日 - 6日にリプワーク藤崎台球場で実施される試合のうち2試合については開始時間を前倒しする(当初は18時開始予定)とともに、この3日間は19時を過ぎて新たなイニングに入らない特別ルールを適用すると発表[27]
  • 8月18日 - 大分が対戦していた琉球のチーム関係者に新型コロナウィルスPCR陽性判定の可能性が出たことから、全チームの関係者にPCR検査を実施することとなり、その結果が判明するまでリーグの活動を休止すると発表[28]
  • 8月20日 - リーグで実施したPCR検査の結果、火の国サラマンダーズとリーグの関係者に陽性反応者が確認されたことから、濃厚接触者の特定まで活動を自粛すると発表[29]
  • 8月26日 - 大分については抗原検査で陽性者がいなかったため、27日から活動を再開すると発表[30]
  • 8月28日 - 火の国サラマンダーズはPCR検査で全員陰性判定となったことから、30日から活動を再開すると発表[31]
  • 8月31日 - 火の国サラマンダーズの小窪哲也千葉ロッテマリーンズに入団することが発表される[32]。リーグ所属の元NPB選手がNPBに復帰するのは初となる。
  • 9月10日 - 堀江貴文が設立した福岡県北九州市を本拠地とする新球団「福岡北九州フェニックス」の加盟を承認する[33]
  • 9月11日 - 火の国サラマンダーズの初年度優勝が決定[34]
  • 9月14日 - 中止となった4試合について振替試合を実施しないことを発表[35]
  • 9月26日 - 初年度の公式戦を終了[36]
  • 10月11日 - NPBドラフト会議で、火の国サラマンダーズの石森大誠中日ドラゴンズより支配下登録枠3巡目で指名され[37]、リーグ初のNPB指名者となる。

2022年編集

  • 3月8日 - 日本野球機構 (NPB)と協定を結び、育成選手のリーグへの派遣が可能になったことを発表[38]
  • 3月19日 - 予定されていたシーズン開幕戦(北九州対熊本、北九州市民球場)が雨天中止となり、セレモニーだけが実施された[39]
  • 3月20日 - 2022年シーズンが開幕[40]
  • 4月1日 - 「運営効率化を目的」に、リーグ本部及び機構の本店を、熊本市(従来の熊本支部の所在地で、火の国サラマンダーズ本社と同じ)に変更[41]
  • 8月26日 - グランドチャンピオンシップに優勝チームが参加することが発表される[11]。当年度は全試合が藤﨑台県営野球場で開催されることも合わせて明らかにされた[11]
  • 8月29日 - ベースボール・チャレンジ・リーグ北海道フロンティアリーグと合同の選抜チーム(日本独立リーグ野球機構選抜)により、当年のみやざきフェニックス・リーグに参加することが発表される[42]
  • 9月9日 - 宮崎県を本拠地とする新球団「宮崎サンシャインズ」の加盟を承認する[43]
  • 9月15日
    • 火の国サラマンダーズの2年連続でのリーグ優勝が決定[44]
    • 福岡北九州フェニックスが、2023年度より球団名を「北九州下関フェニックス」に変更することを発表[45]
  • 9月19日 - 天候不順で中止となった4試合(大分対北九州)の振替を実施せず、9月25日で公式戦を終了すると発表[46]
  • 9月25日 - 予告通り本日をもって2022年の公式戦を終了[47]
  • 10月5日 - 新たに理事会を設置し、代表理事に徳丸哲史が就任することを発表した[48]。リーグ設立者で前代表理事の田中敏弘は、退任挨拶で10月15日をもって九州アジアプロ野球機構を辞職すると表明した[48]

リーグ構成球団編集

「略称」はリーグ試合日程等で使用されるチーム名。

チーム名 略称 参加年度 本拠地 チームカラー
大分B-リングス 大分 2021 - 大分県大分市
火の国サラマンダーズ 熊本 2021 - 熊本県熊本市
福岡北九州フェニックス 北九州 2022 - 福岡県北九州市[注釈 1]

年度別順位編集

※「熊本」は火の国サラマンダーズ。

年度 1位 2位 3位 4位
2021 熊本 大分 - -
2022 熊本 北九州 大分 -

開催形式編集

試合数編集

2021年2月4日に発表された開催日程(ただし出典は翌日発表の訂正版を使用)によると、2021年シーズンは熊本・大分両チームの対戦となる公式戦を各チーム36試合(各チーム主催18試合ずつ)のほか、交流戦として琉球ブルーオーシャンズと各チーム12試合(開催はすべて九州側球場)、四国アイランドリーグplusと各チーム8試合(アイランドリーグ4チームと2回ずつ対戦、すべてホームゲーム)、ソフトバンク3軍と各チーム4試合(ホーム・ビジター2試合ずつ=ソフトバンク3軍はタマホームスタジアム筑後)の合計60試合を、9月までの間に実施予定だった[49]。琉球との交流戦は、琉球をホーム扱いする試合を含む形で実施されることになっていた[50]

最終的には初年度の公式戦は32試合となった[36]。また交流戦は四国アイランドリーグplusとは11試合(火の国6・大分5)、ソフトバンク3軍とは7試合(火の国4・大分3)、琉球とは17試合(火の国9・大分8)が開催された[51]。琉球との交流戦のうち、大分の1試合は当初の予定を変更して沖縄県内で開催された(3試合計画されたが2試合は中止)[51]。この沖縄県内での開催については、琉球側が経費を負担する前提で提案して実施されたが、予定より早く帰還することになったため、用意された航空券の変更ができずに結果として戻りの費用は大分側が負担することになったという[52]

3球団となる2022年シーズンについては、各チーム公式戦72試合に公式戦扱いとなるソフトバンク3軍との交流戦5試合を加えた77試合を実施し[53]、琉球や四国アイランドリーグplusとの交流戦はおこなわない方針と報じられていた[54]。2022年3月11日発表の日程では各チーム公式戦72試合に、ソフトバンク3軍との交流戦6試合の合計78試合を開催する[55]。またソフトバンク3軍との交流戦をリーグの公式戦扱いすることも正式に決定された[56]。最終的には振替戦を打ち切ったため、大分と北九州はそれぞれ74試合でシーズンを終了した[57]

試合規定編集

公式戦および交流戦は9回までとし、9回を終了して同点の場合はタイブレーク戦(一死満塁で開始)により12回まで延長戦を実施する(12回を終了して同点の場合は引き分け)[58][59]。ただし、21時30分を過ぎて新しいイニングには入らない[58][59]。タイブレークによる延長戦は2021年5月4日の火の国対大分戦が初の適用例となった(延長11回で大分が勝利)[60][61]

初年度はNPBなどリーグ外チームとの交流戦の場合、試合が中止または不成立の場合は「0-0」の引き分け扱いとした[58]。2022年は、福岡ソフトバンクホークス3軍との試合においては、「9回打ち切り等の特別ルールを適用する場合がある」とされている[59]

指名打者制を採用し、予告先発はリーグ内の公式戦に限って実施する[58][59]

優勝決定方式編集

2021年編集

2球団のため、直接対決の勝利数が多いチームを優勝とし、同数の場合は以下の優劣により優勝チームを決定する(数字は比較する順番)[58]

  1. 当季の得失点差
  2. 当季の総得点数

したがって、NPB3軍や他の独立リーグ等との交流戦は順位算定の対象外となる。ただし、個人成績に関しては交流戦を含めた数値を使用する[58]。四国アイランドリーグplusの側では対戦試合はすべて「練習試合」扱いとなり、アイランドリーグ側のリーグ戦順位や個人成績にはカウントされない形となる[62]

2022年編集

福岡ソフトバンクホークス3軍との交流戦を含めた勝率で優勝を決定する[59]。2チームが同率で首位に並んだ場合は、下記の順序で優位な側を優勝と決定する[59]

  1. 当該カードでの当季の対戦成績
  2. 当季の得失点差
  3. 当季の総得点数

運営編集

初年度の1試合平均観客動員は、火の国が約550人、大分が約350人だった[53]。代表理事(当時)の田中は2021年10月の報道で、2022年度は1000人を目標としたいと述べた[53]

選手編集

各球団の保有選手数に上限は設けず、元NPB選手や外国人選手の出場者数制限も設定されない[58]。公式戦出場選手登録数は30人までである[58]。開幕時点ではリーグウェブサイト上での出場選手登録の公示は実施しておらず、登録抹消選手が生じた場合は該当チームからの情報として掲載されていたが[63]、2021年4月13日よりリーグウェブサイト上での選手登録公示を開始した[64]

四国アイランドリーグplusやベースボール・チャレンジ・リーグは選手報酬にリーグとして一定の基準を設けている(各選手への査定は球団の裁量)が[65][66]、当リーグでは2021年5月の時点で火の国の水準が大分を上回っていると報じられている[61]。また、選手の副業を容認している(ただし2021年4月時点で副業を持つ選手は大分の数名のみ)[2][50]

2022年シーズンからは、福岡ソフトバンクホークスからの派遣選手を受け入れる方向で調整中と、2021年10月に報じられた[54]。前記の通り2022年3月に、NPBとの協定により、育成選手受け入れが可能となっている。

前記の通り初年度はリーグとして合同のトライアウトを実施した。しかし、2022年シーズンに向けては加盟各球団が個別にトライアウトを開催した[67][68][69]。火の国は茨城アストロプラネッツベースボール・チャレンジ・リーグ)および堺シュライクス関西独立リーグ[70]、また福岡北九州は埼玉武蔵ヒートベアーズ(ベースボール・チャレンジ・リーグ)[71]といった、他リーグ球団との合同トライアウトも実施している。

2022年オフ(11月1日)に実施するトライアウトは、再びリーグ一本の合同で開催することが同年8月29日に発表された[72]。ただし、発表後にリーグ加盟が承認された宮崎は、独自のトライアウトを開催する予定[73]のほか、福岡と大分も独自トライアウトを個別に実施する[74][75]

表彰編集

主な個人タイトル獲得者には表彰が実施されている[76]。MVPは選出されているが[77]、ベストナインの選出はおこなわれていない。

NPBドラフト指名選手編集

2021年
本年のドラフト会議では、支配下登録枠指名を受けた唯一の独立リーグ選手となった[78]

拡張構想編集

2020年11月のリーグ設立会見で、代表理事(当時)の田中は沖縄を含めた九州各県8チームとする将来構想(パワー九州リーグ構想)を述べている[12]。2021年3月の時点で、田中は2022年度は4球団に拡大してリーグ戦を実施したいとしていた[24]

2021年10月28日の報道では、2022年は3球団での開催となり、2023年に4球団とする構想もあるとされた[54]。代表理事(当時)の田中は、九州の3県に参加の意向を持つチームが存在するとしている[53]

琉球ブルーオーシャンズ編集

沖縄県内には既に2019年に創設したプロ野球球団「琉球ブルーオーシャンズ」が存在している。先述の火の国サラマンダーズ創設時に琉球を含めて3チームで新リーグを発足させるという一部報道があったが、同チームは報道翌日に公式のTwitterにおいて、「(今の時点において)そのような事実はない」と否定している[79][80]

福岡北九州フェニックス編集

2021年5月22日に最初に西日本新聞に報じられ[81]、同月26日に球団関係者がオンライン会見を実施した[82][83]。2021年9月10日、球団側は公式Twitterにて、九州アジアリーグへの正式加盟認証をされたことを発表。同リーグも同日付で同球団の加盟を承認したことを発表した[33]

宮崎サンシャインズ編集

2022年9月9日、九州アジアリーグ公式ホームページにて、宮崎県を本拠地とする「宮崎サンシャインズ」が正式に加盟認証されたことが発表された[43]

スポンサー編集

2022年度編集

オフィシャルスポンサー

オフィシャルサプライヤー

  • 一光スポーツ UNITEX(2021 - 2022)
    IPBL統一球(2021年3月1日 - )

過去編集

オフィシャルサプライヤー

  • UPSET(2021)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 球団本社の所在地。チームとしての本拠地(球場)は当面定めない方針。

出典編集

  1. ^ a b 法人名変更のご案内 - 九州アジアプロ野球機構公式Twitter(2021年1月19日)
  2. ^ a b c d e f “プロ野球独立リーグが九州にも まず2球団、副業を容認”. 朝日新聞. (2020年11月4日). https://www.asahi.com/articles/ASNC46Q4QNC4TIPE016.html 2020年11月5日閲覧。 
  3. ^ a b リーグ呼称統一と新マークについて (PDF) - 九州アジアプロ野球機構(2021年3月9日)2021年3月14日閲覧。
  4. ^ 公式ウェブサイトを参照。
  5. ^ 本日の試合 VS大分B-リングス戦 IN リブワーク藤崎台球場 雨天の為、中止となりました。 - 火の国サラマンダーズ公式Twitter(2021年3月20日)
  6. ^ 本日の公式戦中止について(3月21日) - 九州アジアプロ野球機構(2020年3月21日)2021年3月21日閲覧。
  7. ^ a b 試合情報 - 九州アジアリーグ(2021年3月27日閲覧)
  8. ^ a b 九州アジアプロ野球リーグのIPBL加盟承認のお知らせ - 日本独立リーグ野球機構(2021年2月25日)
  9. ^ “九州独立L設立会見、熊本に元ソフトバンク馬原氏”. 日刊スポーツ. (2020年11月4日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011040000400.html 2020年11月4日閲覧。 
  10. ^ “野球の九州独立リーグが来年3・20開幕へ「地域創生の原動力に」”. 西日本スポーツ. (2020年11月4日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/661040/ 2020年11月4日閲覧。 
  11. ^ a b c 日本独立リーググランドチャンピオンシップ2022開催のお知らせ - 九州アジア野球機構(2022年8月26日)2022年8月27日閲覧。
  12. ^ a b 【たっぷり】九州独立プロ野球機構 設立記者会見 - KBC NEWS (Youtube、2020年11月5日、該当の発言は20:00頃から)2021年4月15日閲覧。
  13. ^ a b c 「名将にみるマネジメント術 (上) 熊本ゴールデンラークス田中敏弘氏」日経産業新聞 2020年1月23日
  14. ^ a b “熊本県内初、プロ野球チーム創設へ 来春の始動めざす”. 熊本日日新聞. (2020年8月8日). https://this.kiji.is/664634490488669281?c=92619697908483575 2020年11月5日閲覧。 
  15. ^ “熊本に初のプロ球団 熊本GL母体 21年春新設の九州独立リーグに参戦へ”. 毎日新聞. (2020年9月11日). https://mainichi.jp/articles/20200911/k00/00m/050/212000c 2020年9月11日閲覧。 
  16. ^ “通算182セーブの馬原孝浩氏、熊本プロ球団でコーチに 異例の役職「ピッチングGM」”. 西日本スポーツ. (2020年10月17日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/655143/#:~:text=%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%A8%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%81%A7%E6%AD%B4%E4%BB%A3,%EF%BC%88GM%EF%BC%89%E3%80%8D%E3%82%92%E6%96%B0%E8%A8%AD%E3%80%82 2020年11月5日閲覧。 
  17. ^ “【九州独立リーグ】熊本・火の国サラマンダーズ投手GM・馬原孝浩氏 合同トライアウトに熱視線”. 東京スポーツ. (2020年11月7日). https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/2381355/ 2020年11月10日閲覧。 
  18. ^ 2020 年入団トライアウト合格者 (PDF) - 九州独立プロ野球機構(2020年11月10日)
  19. ^ “大分プロ球団監督に広田浩章氏 元巨人、九州独立リーグに参入”. 共同通信. (2020年12月1日). https://this.kiji.is/706339871095293025?c=65699763097731077 2020年12月1日閲覧。 
  20. ^ “初代監督に名捕手・細川亨氏 独立プロ野球「火の国サラマンダーズ」”. 熊本日日新聞. (2020年12月8日). https://kumanichi.com/news/id17047 2020年12月8日閲覧。 
  21. ^ 【公式】九州アジアプロ野球リーグ (@kyushuasia)”. Twitter. 2021年3月8日閲覧。
  22. ^ 九州独立プロ野球機構 社名変更・本店移転について (PDF) - 九州アジアプロ野球機構(2020年1月20日)
  23. ^ 2021年度 試合予定表について - 九州アジアプロ野球機構(2021年2月4日)
  24. ^ a b c 田尻耕太郎 (2021年3月20日). “九州アジアリーグ開幕戦は水入りも、水前寺清子さん熱唱。神対応の「三百六十五歩のマーチ」に拍手喝采”. Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/tajirikotaro/20210320-00228471/ 2021年3月21日閲覧。 
  25. ^ a b “九州独立リーグ、セレモニーに大きな拍手 開幕戦は雨天中止”. サンケイスポーツ. (2021年3月20日). https://www.sanspo.com/article/20210320-2PULDGFJGFL3HGVBTDD63J3GQI/ 2021年3月21日閲覧。 
  26. ^ 5月21日交流戦無観客試合について (PDF) - 九州アジアプロ野球機構(2021年5月13日)2021年5月13日閲覧。
  27. ^ 熊本県まん延防止等重点措置に伴う試合開始時間変更並びに特別ルール適用について (PDF) - 九州アジアプロ野球機構(2021年5月17日)2021年5月17日閲覧。
  28. ^ PCR検査実施に伴う活動自粛について - 九州アジアプロ野球機構(2021年8月18日)2021年8月18日閲覧。
  29. ^ 新型コロナウィルス 全体PCR検査結果について - 九州アジアプロ野球機構(2021年8月20日)2021年8月20日閲覧。
  30. ^ 活動自粛解除のお知らせ(大分B-リングス) - 九州アジアプロ野球機構(2021年8月26日)2021年8月27日閲覧。
  31. ^ 活動自粛解除のお知らせ(火の国サラマンダーズ) - 九州アジアプロ野球機構(2021年8月28日)2021年8月29日閲覧。
  32. ^ “元広島の小窪哲也がロッテ入団 独立リーグ「火の国」経由で復帰へ”. 毎日新聞. (2021年8月31日). https://mainichi.jp/articles/20210831/k00/00m/050/165000c 2021年8月31日閲覧。 
  33. ^ a b “北九州の球団が独立リーグ加盟 堀江貴文氏が設立者”. 時事通信. (2021年9月10日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091000840&g=spo 2021年9月10日閲覧。 
  34. ^ “九州アジアリーグ初年度優勝は火の国サラマンダーズ 指導陣に細川亨氏、馬原孝浩氏、吉村裕基氏ら”. 西日本新聞. (2021年9月11日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/799421/ 2021年9月12日閲覧。 
  35. ^ 公式戦振替試合の一部不開催について (PDF) - 九州アジアプロ野球機構(2021年9月14日)2021年9月15日閲覧。
  36. ^ a b 田尻耕太郎 (2021年9月27日). “投手三冠に火の国サラマンダーズ宮澤、打撃二冠王は水本!プロ野球独立・九州アジアL初代タイトル選手たち”. Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/tajirikotaro/20210927-00260170 2021年9月27日閲覧。 
  37. ^ NPBドラフト会議 指名選手のお知らせ - 九州アジアプロ野球機構(2021年10月11日)2021年10月11日閲覧。
  38. ^ 日本野球機構(NPB)育成選手派遣について (PDF) - 九州アジアプロ野球機構(2022年3月8日)2022年3月8日閲覧。
  39. ^ “九州アジアリーグ、開幕戦は雨天中止 福岡北九州フェニックス堀江氏が始球式”. 西日本スポーツ. (2022年3月19日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/893717/ 2022年3月20日閲覧。 
  40. ^ 2022年 公式戦試合予定・結果 3月 - 九州アジアプロ野球機構
  41. ^ 当機構本店およびリーグ本部移転について - 九州アジアプロ野球機構(2022年3月31日)2022年4月1日閲覧。
  42. ^ 日本独立リーグ野球機構 みやざきフェニックス・リーグ参戦のお知らせ - 九州アジアプロ野球機構(2022年8月29日)2022年8月29日閲覧。
  43. ^ a b 宮崎サンシャインズ 新規加盟承認のお知らせ - 一般社団法人 九州アジアプロ野球機構” (2022年9月9日). 2022年9月9日閲覧。
  44. ^ 2022チャンピオン決定について - 九州アジアプロ野球機構(2022年9月15日)2022年9月15日閲覧。
  45. ^ 球団名変更のお知らせ - 福岡北九州フェニックス(2022年9月15日)2022年9月15日閲覧。
  46. ^ 公式戦振替試合の一部不開催について - 九州アジアプロ野球機構(2022年9月19日)2022年9月20日閲覧。
  47. ^ 九州アジアリーグ [@kyushuasia] (2022年9月25日). "本日をもちまして2022 ヤマエ久野 九州アジアリーグ公式戦は全日程を終了いたしました。" (ツイート). Twitterより2022年9月25日閲覧
  48. ^ a b ヤマエ久野 九州アジアリーグ 代表交代のお知らせ (PDF) - 九州アジアプロ野球機構(2022年10月5日)2022年10月5日閲覧。
  49. ^ 2021年度 試合予定表の訂正について - 九州アジアプロ野球機構(2021年2月5日)
  50. ^ a b 阿佐智 (2021年4月23日). “大分初勝利。琉球ブルーオーシャンズ、「敵地」熊本と宮崎で主催試合【九州アジアリーグ】”. Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/asasatoshi/20210423-00233817/ 2021年5月9日閲覧。 
  51. ^ a b 試合情報 - 九州アジアリーグ(2021年9月27日閲覧)
  52. ^ 阿佐智 (2022年9月30日). “九州という"鬼門"での再挑戦 「2強崩し」に挑むグランドチャンピオンシップ”. BASEBALL KING. https://baseballking.jp/ns/column/341615 2022年10月5日閲覧。 
  53. ^ a b c d “火の国サラマンダーズ、来季は77試合 ソフトバンク3軍戦も対象 九州アジアリーグ”. 熊本日日新聞. (2021年10月29日). https://kumanichi.com/articles/448391 2021年10月29日閲覧。 
  54. ^ a b c “ソフトバンク育成選手 九州独立リーグへの派遣が制度化へ”. 西日本スポーツ. (2021年10月28日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/823270/ 2021年10月28日閲覧。 
  55. ^ ヤマエ久野九州アジアリーグ2022シーズン 公式戦日程について - 九州アジアプロ野球機構(2022年3月11日)2022年3月12日閲覧。
  56. ^ 福岡ソフトバンクホークス戦の扱いについて - 九州アジアプロ野球機構(2022年3月10日)2022年3月12日閲覧。
  57. ^ 2022ヤマエ久野 九州アジアリーグ 勝敗表 - 一球速報.com(2022年9月25日閲覧)
  58. ^ a b c d e f g h 2021 年度九州アジアリーグ公式戦ルール (PDF) - 九州アジアプロ野球機構(2021年3月18日)2021年3月19日閲覧
  59. ^ a b c d e f 2022 年度九州アジアリーグ 公式戦ルール (PDF) - 九州アジアプロ野球機構(2022年3月10日)2022年3月20日閲覧。
  60. ^ 試合情報 5月 - 九州アジア野球機構(2021年5月5日閲覧)
  61. ^ a b 阿佐智 (2021年5月7日). “リーグ公式戦再開。初の延長タイブレークを大分B-リングスが制す。【九州アジアリーグ】”. Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/asasatoshi/20210507-00236583/?fbclid=IwAR2mhx593PTOrf9SqYdgJv1SE7NhexCsuO-dipG0BjxuSxWxd-5jNKq0yWw 2021年5月9日閲覧。 
  62. ^ 2021シーズン 公式戦・定期交流戦日程および開催球場について - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2021年3月9日)
  63. ^ 大分B-リングス 選手登録抹消について - 九州アジアプロ野球機構(2021年4月8日)2021年4月12日閲覧。
  64. ^ 選手登録公示 - 九州アジアプロ野球機構(2021年4月13日)2021年4月15日閲覧。
  65. ^ 四国アイランドリーグplus 2021年度入団トライアウト応募要項 (PDF)
  66. ^ 来季の選手契約および年齢制限について - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2020年11月6日)
  67. ^ 2022年度火の国サラマンダーズ球団トライアウト開催のお知らせ - 火の国サラマンダーズ(2021年10月22日)2021年11月6日閲覧。
  68. ^ 2022年度大分B-リングス トライアウト開催のお知らせ - 大分B-リングス(2021年9月22日)2021年11月6日閲覧。
  69. ^ 2022年度トライアウト参加者募集のお知らせ - 福岡北九州フェニックス(2021年9月11日)2021年11月6日閲覧。
  70. ^ 合同トライアウト【National Tryout Camp】参加球団決定のお知らせ - 火の国サラマンダーズ(2021年11月14日)2021年11月14日閲覧。
  71. ^ 埼玉武蔵ヒートベアーズ×福岡北九州フェニックス 合同トライアウト開催のお知らせ - 埼玉武蔵ヒートベアーズ(2021年11月10日)2021年11月13日閲覧。
  72. ^ 合同トライアウト開催のお知らせ - 九州アジアプロ野球機構(2022年8月29日)2022年8月29日閲覧。
  73. ^ 宮崎サンシャインズ - 宮崎サンシャインズ公式ウェブサイト(「トライアウト」の箇所を参照)2022年9月10日閲覧。
  74. ^ 福岡北九州フェニックス 2023年度球団独自トライアウト開催のお知らせ - 福岡北九州フェニックス(2022年9月29日)2022年10月5日閲覧。
  75. ^ 2023年度 大分B-リングス 球団トライアウト実施のお知らせ - 大分B-リングス(2022年10月3日)2022年10月5日閲覧。
  76. ^ 「2021 ヤマエ久野 九州アジアリーグ 個人賞」について (PDF) - 九州アジアプロ野球機構(2021年10月18日)2021年10月28日閲覧。
  77. ^ ヤマエ久野 九州アジアリーグ AWARDS 2021 - Youtube(九州アジアリーグチャンネル、2021年10月28日、0:23:30あたりからMVP表彰)2021年10月28日閲覧。
  78. ^ “速報 プロ野球ドラフト会議”. Yahoo!ニュース(スポーツナビ). (2021年10月11日). https://baseball.yahoo.co.jp/npb/draft/tracker/ 2021年10月11日閲覧。 
  79. ^ NHK熊本放送局 (2020年9月11日). “県内初のプロ野球球団 創設へ”. NHKニュース. 2020年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月27日閲覧。
  80. ^ 琉球ブルーオーシャンズ@RYUKYUBLUEOCEANのツイート”. Twitter (2020年9月12日). 2021年5月27日閲覧。
  81. ^ “【動画】堀江貴文氏が北九州に新球団 プロ野球独立L来季参入目指す”. 西日本新聞. (2021年5月22日). https://www.nishinippon.co.jp/item/n/742604/ 2021年5月22日閲覧。 
  82. ^ “堀江貴文氏らが北九州に新球団 独立リーグ加盟目指す”. 朝日新聞. (2021年5月26日). https://www.asahi.com/articles/ASP5V53XYP5VTIPE00F.html 2021年5月26日閲覧。 
  83. ^ 広尾晃 (2021年5月27日). “堀江貴文氏、新球団設立「経営面の不安感じない」 「福岡北九州フェニックス」に込めた想いと成算”. 東洋経済ONLINE. https://toyokeizai.net/articles/-/430773?fbclid=IwAR2pkoi2E0kugJ9LJxVipCBkWxqEGA26Z4tZs9LAzn7dk4JfTuC8yyHGKL0 2021年5月27日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集

リーグ・加盟球団