九州共立大学硬式野球部

日本の大学野球チーム

九州共立大学硬式野球部(きゅうしゅうきょうりつだいがくこうしきやきゅうぶ、: Kyushu Kyoritsu University Baseball Club)は、福岡六大学野球連盟に所属する大学野球チーム。九州共立大学の学生によって構成されている。

九州共立大学硬式野球部
加盟団体 福岡六大学野球連盟
本拠地 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8
創部 1966年
監督 上原忠
公式サイト 九州共立大学硬式野球部
リーグ戦成績
リーグ成績 優勝42回
全日本大学野球選手権大会
出場回数 16回
最高成績 準優勝1回、ベスト4 5回
明治神宮野球大会
出場回数 13回
最高成績 優勝1回
テンプレートを表示

歴史

編集

1966年(昭和41年)創部。1971年(昭和46年)、福岡六大学野球連盟発足により加盟。

1972年(昭和47年)春にリーグ戦が開始された初期の頃は九州産業大とともに福岡工業大が強く、以降は九産大の1強時代になる。

1975年(昭和50年)秋のリーグ戦で初優勝を遂げたものの、その間1980年代にかけて、九産大の壁をなかなか突破できず例年2位に甘んじていた。その後、昭和から平成にかけた80年代後半から九産大との2強時代となり、1990年代前半から2000年代前半にかけた頃は、九産大はもちろん、福工大、新興の第一経済大学(現 日本経済大学)なども寄せ付けず、リーグ戦でほぼ1強の無双状態を演じた。

1996年(平成8年)春、 3年生エース前田浩継柴原洋らの活躍で、第45回全日本大学野球選手権大会準々決勝で2年上原浩治投手擁する大阪体育大を7-0(8回コールド)、準決勝で3年生の真木将樹伊達昌司ら厚い投手陣を擁する法政大を3-2で破り、決勝戦では澤崎俊和投手や井口資仁らを擁する青山学院大の前に4-9で敗れ準優勝に終わった。

1998年(平成10年)、2年生エース山村路直投手を擁し、第47回全日本大学野球選手権大会1回戦で4年上原浩治投手擁する大阪体大に0-1(延長10回)で惜敗。翌1999年(平成11年)春、リーグ戦は九産大が優勝し共立大の10連覇が阻まれた。同年秋、リーグ戦優勝。3年生山村路直と1年生新垣渚両投手や2年生捕手田上秀則、4年生的場寛一らを擁し九州沖縄地区代表決定戦を勝ち抜き、続く第30回明治神宮野球大会準決勝で2年生エース石川雅規擁する青学大を投手戦の末2-1、決勝で同様に2年生エース久保裕也擁する東海大を新垣 - 山村の完封リレーにより1-0で下し、念願の大学日本一となった。

以降も4年生山村、2年生新垣、1年生馬原孝浩らの投手陣を擁して全国大会で活躍した。翌2000年、第49回全日本大学野球選手権大会準決勝で優勝した2年生木佐貫洋投手擁する亜細亜大に敗退。山村卒業後の翌2001年春季リーグ戦は福工大が優勝し共立大は2位。翌2002年第51回全日本大学野球選手権大会準決勝で優勝した4年生木佐貫擁する亜大に敗退。新垣卒業後の翌2003年、4年馬原孝浩や3年高橋秀聡両投手らを擁して、第52回全日本大学野球選手権大会1回戦で糸井嘉男先発の近畿大を14-0(5回コールド)で下し、準決勝で亜大(日本文理大に敗れ準優勝)に敗退。

2011年(平成23年)、2年生大瀬良大地投手らを擁して第60回全日本大学野球選手権大会準決勝で優勝した4年生藤岡貴裕投手擁する東洋大に敗退。翌2012年第61回全日本大学野球選手権大会準決勝で優勝した1年生吉永健太朗投手擁する早稲田大に敗退した。

九産大が、2005年(平成17年)秋に明治神宮野球大会(第36回大会)で初優勝を遂げた頃から2023年(令和5年)現在に至るまで、再び2強時代が続いている。

本拠地

編集

記録

編集

主な出身者

編集

外部リンク

編集