九州国際大学付属中学校・高等学校

福岡県北九州市にある中高一貫校

九州国際大学付属中学校・高等学校(きゅうしゅうこくさいだいがくふぞくちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、福岡県北九州市八幡東区枝光五丁目9番1号にある私立中学校高等学校

九州国際大学付属中学校・高等学校
九州国際大学付属高等学校.JPG
過去の名称 八幡大学附属高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人九州国際大学
校訓 「清く 明るく 逞しく」
設立年月日 1958年2月1日
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 2013年に廃止
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 40513C
所在地 805-0002
福岡県北九州市八幡東区枝光五丁目9番1号

北緯33度52分55.2秒 東経130度49分14.6秒 / 北緯33.882000度 東経130.820722度 / 33.882000; 130.820722座標: 北緯33度52分55.2秒 東経130度49分14.6秒 / 北緯33.882000度 東経130.820722度 / 33.882000; 130.820722
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

学校法人九州国際大学が運営。かつては、中高一貫教育(一貫部)が行われていたが、現在は廃止されている。

概要編集

歴史

1958年当時、地域の15歳人口の急増に伴い、大学進学を目指す私立高校が欲しいという北九州地区のPTAや中学校からの要望を受けて設立された。そして1958年に男子部、1963年に女子部が開校。男子部、女子部はそれぞれ別のカリキュラムで授業が行われていたが、2010年度から男子部、女子部が合併し男女共学校になった。また、一貫部が閉部される。九州国際大学付属中・高は北九州私学の雄として知られており、文武両道の進学校として、2010年度以降11年連続で福岡県(九州)内志願者数1位を記録しており、毎年4000人程度が受験している超人気進学校。受験会場は4会場に分けられているのが特徴。また、市内でも倍率が高いことで有名で、難関コースの倍率は70倍、一番下の進学コースでも1.9倍という高倍率を記録している。付属中学校は北九州市内で最も倍率が高い。また例年、中学校は、修猷館高校や東筑高校、小倉高校といった県立難関高校や、灘高校や慶應女子高校、附設高校、九州国際大学付属高校の難関クラスなどの私立難関高校などへ多数進学。高校は旧帝大や難関私立大学などへの合格も多く、県内屈指の進学実績を誇る。

地元では一般的に「九国大付属(きゅうこくだいふぞく)」、「九国(きゅうこく)」、または「九国付高、九国付中(きゅうこくふこう、きゅうこくふちゅう)」と省略して呼ばれる。ただ、「九国」の呼び方は大学(九州国際大学)と重なるため、高校野球の試合等では応援団を中心に自校のことを単に「付属」と呼んでいる。校章には「付高」、「付中」と表記されている。旧校名の八幡大学付属高校だった当時は「八大付属(はちだいふぞく)」、「八大(はちだい)」などと呼ばれていた。

付属中学校校歌は八幡大学付属高等学校(当時)出身の歌手大内義昭によって制作された。

沿革編集

  • 1958年(昭和33年)
    • 2月1日 - 「八幡大学附属高等学校」(男子部)の設置が認可される。
    • 4月1日 - 開校。
  • 1963年(昭和38年)4月1日 - 女子部を設置。
  • 1979年(昭和54年)全国高等学校野球選手権大会初出場
  • 1982年(昭和57年)
  • 1989年(平成元年)4月1日 - 大学の改称に伴い「九州国際大学付属高等学校」となる。
  • 1994年(平成6年)入学生徒数の増加に合わせて、男子部・女子部ともに臨時定員の増加が認められる。また、女子部国際教養コースを開設。
  • 1998年(平成10年)第99回理事会において、付属中学校を設置し、中高一貫教育による新教育体制の確立を目指すことを含む枝光キャンパス再整備の基本設計が承認される。
  • 2000年(平成12年)4月1日 - 中学校を併設の上、「九州国際大学付属中学校・高等学校」(現校名)となる。中高一貫教育を開始。
    • 九州国際大学が移転し、その跡地に男子部の新校舎が完成し移転。
  • 2003年(平成15年)付属中高等学校の1期生が高等部に進級。
  • 2004年(平成16年)男子部・特進難関コースを設置。
  • 2006年(平成18年)3月 - 中高一貫部の第1期生が卒業。また、この年から2008年まで中等部オンリーワン入試が実施される。
  • 2007年(平成19年)学校の呼称を学則にあわせ、「九州国際大学付属中学・高等学校」、中学課程を「付属中学校」、高校課程を「付属高等学校一貫部」とする。
  • 2008年(平成20年)一貫部を男子部・女子部と合わせた新しい付属高等学校に併合、中学校は単独の3ヵ年体制とする学校組織改革が打ち出される。
  • 2012年(平成24年)女子部・男子部・一貫部最後の卒業式が行われる。
  • 2013年(平成25年) 九州国際大学付属中学校・高等学校の一貫部が閉部され、中高一貫教育に幕を閉じた。
  • 2014年(平成26年)全国高等学校野球選手権大会出場
  • 2015年(平成27年)全国高等学校野球選手権大会出場
  • 2016年(平成28年)全国高等学校野球選手権大会出場
  • 2017年(平成29年)中学棟WiFi工事完了、教職員用iPadの利用開始。
  • 2019年(平成31年・令和元年)
    • 全入学生から2in1タブレットの必携化を始めるとともに、全普通教室へのインタラクティブプロジェクター設置、校舎全館WiFi完備など九州圏内でも最高水準の環境整備を進めている。
    • 付属中学校の創立20周年記念式典がKIUホールで行われる。
  • 2021年(令和3年・令和2年度)付属中学校の一般入試に英語が追加される。

男女別学時代編集

高校には男女別学の時代があった。男子部・女子部の校舎は離れており、男子部校長と女子部校長がそれぞれおかれた。入学式・文化祭・体育祭・修学旅行・卒業式などの学校行事も異なり、同名の学校ながら別々の組織だった。ただし、男子部の野球部が春1回、夏2回、甲子園に出場したときは、応援席では男子部・女子部の生徒が一緒に応援した。応援歌も制定されているが、応援歌は男子部限定だった。2001年には、移転した九州国際大学跡地に男子部校舎が新築され、2005年には同敷地内に女子部校舎が増設された。以後、共学化に向けて別組織だった両部の交流は盛んになっていった。校歌も男女別(女子部校歌は現愛唱歌)であり、高校野球で勝利したときは男子部校歌を採用していた。

制服
男子部は詰襟ファスナー留めで紺の海軍学生服だった。襟章(左:校章・右:エンジ色学年章)バッジを配置。夏服は白カッターシャツで設立以来からずっと続いてきた。八幡大学附属高校時代には制帽(四角い天井を白線で縁取った角帽)も採用されていた。
女子部は紺のブレザー(胸ポケットに「YFK」エンブレムを配置)に白ブラウス、夏服は白ブラウス。現校名へ変更後は胸ポケットのエンブレムも「KFK」に改め、赤いリボンを追加された。夏服はセーラー服に改定された。胸ポケットのエンブレム上部に青色学年章バッジを配置。八幡大学附属高校時代、制帽(紺色のハット)も採用されていた。
校章
男子部は橘の花の上に縦書きで「付高」。
女子部は橘の花の上に縦書きで「付女高」。現校名へ変更後は「KFK」エンブレムに変更。
昼食方法
男子部・女子部各校舎に食堂も設置(勿論男女別)されたが、新校舎移転後は展望レストランに生まれ変わり、利用時間も男女別(男子部=11:40~12:20頃、女子部=12:40~13:20頃)だった。

部活動編集

運動部

主なコース編集

普通科
  • 難関クラス:1~2クラス程度 (N1組、N2組のような表記方法)
  • S特進クラス:2~3クラス程度 (S1組、S2組のような表記方法)
  • 特進クラス:10クラス程度
  • 進学クラス:3クラス程度
  • トップアスリートクラス:3クラス程度

アクセス編集

男女共に、生徒には枝光駅スペースワールド駅から学校までのスクールバスが用意される。

出身者編集

周辺編集

関連校編集

関連項目編集

外部リンク編集