メインメニューを開く

九所御霊天神社(くしょごりょうてんじんじゃ)は、兵庫県姫路市大善町にある神社。神屋天神社・市之郷天神・松本天神とも呼ばれる。境内には4つの摂末社も祀られている。

九所御霊天神社
九所御霊天神社
所在地 兵庫県姫路市大善町7
主祭神 少彦名命大山祇神経津主神菅原道真大物主神猿田彦神柿本人麻呂誉田別命大鷦鷯命
別名 神屋天神社・市之郷天神・松本天神
テンプレートを表示

歴史編集

1573年(天正元年) - 1592年(文禄元年)は五柱を祀っていたが近世になってから主祭神の少彦名命を含めた九柱を祀るようになった。

石造の大鳥居には、1864年(元治元年)4月に御国産江戸積仲間寄進である事と、旧飾磨市を指す「市別府」が刻まれている。この他、寄進された玉垣には、江戸産物会所羽州最上庄内酒田奥州仙台などの東北地方の商人、御国産江戸積仲間で姫路藩大年寄六人衆の山本佐七郎内海荘右衛門などの名が刻まれており、幕末の姫路の木綿流通などを知る史料となっている。

祭神編集

摂末社編集

交通編集

参考文献編集

  • 現地説明板

関連項目編集

  • 桂米朝 (3代目) - 米朝の実家で、父親がこの神社の神主を務めていた[1]。米朝自身は神主の仮免状を取得している。

脚注編集

  1. ^ 国宝が国宝を見に行く 桂米團治の本人ブログ 2012.05.31

外部リンク編集