九条兼良

平安時代末期から鎌倉時代前期の公卿。兼房流九条家の祖。
 
九条兼良
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代末期
生誕 仁安2年(1167年
死没 承久3年1月3日1221年1月27日
官位 従五位上、正五位下、侍従兼右近衛少将、従四位上、近江介、右近衛中将、正四位下、中宮権亮、従三位正三位従二位、権中納言、中宮大夫、正二位、権大納言、大納言
氏族 藤原北家兼房流九条家
父母 父:藤原兼房、母:藤原隆季の娘
兄弟 兼良、道誉、兼円、道祐、方丈殿
兼長、道性、良覚、後堀河院典侍新大納言、二条良実
テンプレートを表示

九条 兼良(くじょう かねよし)は、平安時代末期から鎌倉時代前期の公卿九条兼実の弟系である兼房流九条家の祖。

承安5年(1175年4月7日、伯父松殿基房猶子として元服従五位上に叙せられる。治承2年(1178年)に正五位下となる。文治2年(1186年)に侍従右近衛少将となり、翌年には正四位下に進んで近江介を兼ねる。以後、伯父である九条兼実の庇護の下で順調に昇進し、文治4年(1188年)に右近衛中将に昇進し、翌年には従四位上続いて正四位下に叙せられ、建久元年(1190年)に中宮権亮を兼務して同年6月19日従三位に叙せられる。建久4年(1193年)に正三位、建久9年(1198年)に従二位に進む。正治元年(1199年)に右近衛中将を辞任して権中納言に任じられ、翌年には中宮大夫を兼務する。建仁2年(1202年)に正二位大納言となる。元久2年(1205年)に大納言に転じ、建暦元年(1211年)まで務めた。承久2年(1220年)に出家して翌年に薨去した。