メインメニューを開く

九筋二領(くすじにりょう)は、近世甲斐国における地域区分・領域編成の単位。「九筋」は甲府盆地から甲斐北西部の国中地域における区分で、栗原筋・万力筋・大石和筋・小石和筋・中郡筋・北山筋・逸見筋・武川筋・西郡筋を指す(『甲斐国志』に拠る)。「二領」は甲斐南部の富士川沿岸地域の河内領と甲斐東部の郡内領を意味する。

律令制下の国郡制において甲斐国は甲府盆地の山梨郡八代郡巨摩郡、郡内地方の都留郡の四郡が成立し、中世には甲府盆地において東郡・中郡・西郡の三区分による地域呼称が用いられる。東郡は笛吹川以東地域、西郡は釜無川以西地域、中郡は釜無以西・笛吹以東地域を指した。

戦国期には西郡のうち甲斐北西部の巨摩郡北部(旧北巨摩郡域)が「逸見」と区別され四区分となり、それぞれ「筋」を付けて「-郡筋」と呼ばれる。天正17年には関東郡代伊奈忠次(熊蔵)による五カ国総検地が実施され、これによって九筋の区分が設定される。近世に確立した九筋においては戦国期の四区分を基盤に、東郡が栗原筋・万力筋・大石和筋・小石和筋にあたり、中郡は北山筋・中郡筋、西郡は西郡筋、逸見は逸見筋・武川筋に分割されて九筋の地域区分が確立する。

近世初期には浅野長政幸長時代に九筋二領の地域区分に基づく支配が行われている。浅野氏時代には九筋には一筋あたり三人の筋奉行は配置され、郡内領・河内領については一門の氏重忠吉をそれぞれ配置し、代官支配を行っている。

江戸時代に17世紀初頭から19世紀まで作成された甲斐国絵図の各種絵図のうち、九筋二領の地域区分を反映した国絵図が見られる[1]。これは髙橋修の分類による「Ⅱ-Ⅰ」型図で、17世紀中頃に甲府徳川家による甲斐統治を目的に作成され、後に甲府藩主となった柳沢氏にも引き継がれ、幕府により作成された正保国絵図の影響を受けた絵図であると考えられている[2]。正保国絵図が郡境を黒線で表記しているのに対し、「Ⅱ-Ⅰ」型図は九筋二領の地域区分に従い黒線が引かれている特徴を有する[3]

目次

九筋二領の各地域編集

  • 逸見筋

逸見筋は八ヶ岳からの湧水により甲斐国第一の米生産地域であった。 この地域には、以下の地域が含まれていたとされる。

  • 北杜市の内
    • 明野地区
    • 須玉地区
    • 高根地区
    • 長坂地区
    • 大泉地区
    • 小淵沢地区
    • 白州花水地区

脚注編集

  1. ^ 髙橋(2008)、pp.4(89) - 6(87)
  2. ^ 髙橋(2008)、pp.4(89) - 6(87)
  3. ^ 髙橋(2008)、pp.4(89) - 6(87)

参考文献編集

  • 秋山敬「九筋の起源」『甲斐の地域史的展開 磯貝正義先生古稀記念論文集』磯貝正義先生古稀記念論文集編纂委員会編、1982年
  • 髙橋修「近世甲斐国絵図論序説ー山梨県立博物館収蔵の甲斐国絵図との対話ー」『山梨県立博物館 研究紀要 第2号』山梨県立博物館、2008年

関連項目編集